2010年 12月 29日

a0176140_14293470.jpg

四日ほど前の雪は雨でほとんど融けましたが、連日暗い冬空が続いています。午前中、少し陽射しがあったので久しぶりにサボテンフレームの蓋を開けてみたした。加温マットとサーモで最低温度約6℃を保つようにしていますから凍害もなく、みな無事のようでほっとしました。よく見ると冬仙玉(エリオシケ属・旧ネオポルテリア属)に蕾が出てきています。一昨年、オークションで入手して以来、花はおろかまったく成長する兆しもなく縮こまっていたのですが、一念発起してフレームを自作した甲斐がありました。これで蕾をつけたものは、猩々丸、内裏丸と種名不詳のマミラリア属3種に続き4つめとなりました。日照の乏しい北陸の冬は始まったばかりですが、何とか他のサボテンたちも無事に越冬して欲しいものです。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2010-12-29 14:29 | Cactus | Comments(0)


<< 赤ん坊      冬到来 >>