2011年 01月 13日

冬日、小休止

ただでさえ北陸(加賀地方)の冬は日照時間が短いのですが、その上、今年は積雪こそ少ないものの先月末からずっと雪マークの予報が続いています。今日はそんな予報がはずれ、午前午後を通して十分な日照がありました。寒気が大きく張り出しているせいか、最高気温こそ5℃に届きませんが、こういう思いがけない日照は本当に有り難いものなのです。
a0176140_22382661.jpg

このフレームでサボテンを育てています。今日のベランダの最低気温は-1.5℃。それでもフレーム内は加温マットとサーモ+スタイロフォームの断熱材で最低温度6.6℃をキープしています。
a0176140_22435123.jpg

フレーム裏側はこんな感じになっています。外に取り付けてあるのは、最高最低温度計、フレーム内の温度を計るデジタル温度計と加温マット用のサーモを入れたタッパ。
a0176140_22535417.jpg

蓋のビニールは二重に張ってあるのですが、結露のため常時ほとんど中は見えません。密閉状態だと今の時期でも日照があれば中の温度は30℃を超えます。ちなみに今日は、直射光の当たる部分で40.8℃、日陰の底土部分で31.8℃の最高温度でした。中のサボテンたちのほとんどは休眠状態ですが、早春咲きのいくつかが蕾を持ち上げて来ていますし、冬型のいくつかもゆっくりだけれど新刺を出し始めました。問題は外気温が上がらないので、おちおちフレームの蓋を開けて中を見られないことなのです。温室なら中に入って思う存分に見て世話も出来るのでしょうが、ベランダではちょっと無理でしょね。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-01-13 23:06 | Cactus | Comments(0)


<< ここはぬくぬく      黒い肌 >>