Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 16日

寒い日

昨夜半から暴風雪が強まり寒いことこの上ありません。これまでの湿雪ではなく、この冬初めてさらさらの乾雪が強い暴れ風に舞い始めました。積雪は大したことはありませんが、風で出来た吹きだまりには他所の2,3倍積もっていて、一面真っ白で近寄らないと分からないので早朝の運転には気を遣います。
a0176140_2119525.jpg

ベランダでの最低気温は-2.0℃、最高気温は+2.0℃でした。
a0176140_21211650.jpg

南を向いているフレーム全面にも樹氷のような氷がこびり付いています。これでは蓋を開けることなど出来もしません。
a0176140_2123592.jpg

それでも冬仙玉(エリオシケ属)の蕾は数を増し膨らんで来ました。開花は早くてもお彼岸頃でしょうか? 今は寒さが続いても仕方ないのですが、去年のように足踏みせずに早春には順調に暖かくなって欲しいものです。それに備えて、今のうちにサボテンたちの植え替え準備を整えておきましょう。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-01-16 21:33 | Cactus | Comments(2)
Commented by comet at 2011-01-17 18:04 x
アイハルさん こんばんは cometです。

ベランダと言われていましたが、広さもあり、陽当たりも大変良さそうなので羨ましいです。しかも加温設備まで付いたすばらしいフレームです!実生用ボックスもいいですね。ライトはビオルックスですか?
私も実生はアイハルさんのような実生ボックスを作って温度を確保できれば、今のような冬の時期のほうがいいように思います。
冬仙玉の蕾もだいぶ大きくなっていますね!なんと言っても開花前の艶っぽい蕾は何とも言えませんので、はやく大きくなって欲しいですね!!
Commented by アイハル at 2011-01-17 22:12 x
cometさん
ご笑覧ありがとうございます。
フレームは日当たりを考慮して此処に置いたのですが、今の時期は後ろから北西の季節風が当たります。
それでも加温マットで+5℃を何とかキープできます。
実生用の蛍光灯はビオルックスではなくて、パナソの昼白色(FHP32EN)というタイプです。
今のところ徒長もなく、逆に赤っぽくなる苗が出て来て、テッィシュを掛けて部分的に遮光しています。
こちらでは日中も気温が上がらず、フレームですと中の様子を覗うこともなかなか出来ないのが困りものです。
その代わりに実生苗を毎日二度くらいは眺めています(笑い)。


<< つかの間の晴れ間      ここはぬくぬく >>