2011年 02月 20日

抜き上げ

二日続いて良いお天気が続きます。来週も安定した天気で気温も高い予報が出ているので、植え替えに備えて今日、何本か抜き上げて乾燥に入りました。
a0176140_20432461.jpg

名称不明のエキノプシスは育ち盛りと見えて鉢一杯に根が回っていました。これでは灌水の浸み込みが悪いのも当たり前。用土はホームセンターで買ったサボテン用でしたが、ご覧のように微塵が多く、根にとって快適なものとは言えないようです。
a0176140_20505689.jpg

根を整理したらこの通り。仔吹きしたものも一個を除いて自根が出ていますから、プシス接ぎの台木にしようかと思っています。
a0176140_20535837.jpg

サブギボッサ(Eriosyce subgibbosa var. subgibbosa)も順調に花を開いている。昨日のインターメディアとは同じ属ですから同系統の花となりますが、微妙に雰囲気が違いますね。エリオシケには自家受粉するものもあるらしいので種が実ったりするのでしょうか? まあ、それはそうとう先の話になりますから、今から気を揉んでも仕方ありませんね。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-02-20 21:03 | Cactus | Comments(2)
Commented by comet at 2011-02-21 22:04 x
アイハルさん こんばんは cometです。

不明のエキノプシスは肌色、稜の形、数、花色などから、どちらかというと金盛丸や長盛丸系のように思えます。もしくはそれらと短毛丸の交配種とか?!

冬仙玉も自家受粉しますが、ここまで開ききらないと受粉しません。
ですがなかなか100%まで開ききってくれません。
サブギボッサの開き具合だと、まだ60%程度でしょうか?

参考までに写真アップしておきます!
http://lovecomet.web.fc2.com/eriosyce/index.html
Commented by アイハル at 2011-02-22 21:19 x
そうですね、色々調べてみましたが、球体の雰囲気は長盛丸に似ており、花形は花盛丸のように見えますから交配種なんでしょうね。
今回植え替えたのは二年前にカキ仔したもので、その親たちが何株かあるのですが、稜数はどれも12~14というところです。
父親の代にご近所からもらったもので、そのお家では軒下で半ば野生化しております(笑い)。

冬仙玉の花画像、拝見しました。
我が家のはもう少しで開花しそうでなかなかしません。


<< 乾燥中      花、二態 >>