2011年 04月 15日

蕾たち、膨らむ

この四日間、陽あたりでは暑いくらいの好天が続きます。今日は午後から薄雲がかかりましたが、地元気象台の発表では初めての夏日となりました。我が家のベランダの温度計は27℃まで上がり、エリオシケの花はほぼ終わって他のサボたちが蕾を膨らませています。
a0176140_22171760.jpg

緋花玉(Gymnocalycium baldianum)のこの蕾は魅力的です。もう一つの小球の方は、蕾のうちからピンク色を覗かせていますが、こちらはつやつやの球体と同じ深い緑色。同種でも色々と個性があるのですね。
a0176140_22205121.jpg

菊水(Strombocactus disciformis)もいよいよ開花が近づいて来たようです。色使いもスタイルもなかなかお洒落な蕾です。
a0176140_22231114.jpg

最近新しく加わった金小町(Notocactus scopa var.ruberri)。一斉に開花すればなかなか見応えがありそうで楽しみです。

第2フレームもようやくほぼ完成しました。四面ビニール張りで恐ろしく明るいフレームになりました。ただ、私の日曜大工の腕前では窓枠の建て付けがよろしくなく、かなり隙間が出来ています。保温性はほぼゼロなので、夜は外気温と同じに下がります。今年はとても寒い春でしたが、いくら何でももう零下に下がることもなさそうなので、先ずは試運転として、強壮種のプシスと強光線に強そうなマミラリアに入居してもらいました。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-15 22:34 | Cactus | Comments(0)


<< 第2フレーム、いちおう完成      咲きました、裂けました >>