2011年 05月 13日

地味な花

久しぶりにからっと晴れましたと言いたいところですが、またまた黄砂です。でも陽射しがあるのは私にもサボたちにもうれしい限りです。サボの花には「何でこんなに」と思うほど大きかったり派手だったりするものが多いようですが、今日のフレームの中ではこんな地味な花が咲いていました。
a0176140_22465231.jpg

鳳頭(Gymnocalycium asterium) 黒刺タイプです。春早くずいぶん前から蕾を出し始めていましたが、慌てないタイプなんですね、ここへ来てようやく開花しました。渋い球体に相応しい地味な花です。
a0176140_2247658.jpg

アップにしてみましたが、やっぱり地味な花です。でも花弁や雄蕊の微妙な色使いがなかなかお洒落です。これだけ花粉を噴いていると、受粉して結実させたい欲求にかられますが残念ながら相方が居りません。
a0176140_22471787.jpg

白竜丸(Mammillaria compressa) 写真ではそうでもないのですが、実物はこれもまた地味な花です。どうしてもデジタルだと階調が制限されがちで地味な感じは出しにくいですね。

今日は忙しくて実生用フレームを完成させることが出来ませんでした。早いとこ仕上げて、年末の実生苗を植え替えて移動させないといけません。二ヶ月前に蒔いたエリオシケたちも植え替え時期に来てますし、新たに届いた種もあるし……。困ったものです。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-13 23:04 | Cactus | Comments(0)


<< エリオシケ実生 播種から二ヶ月      気の早い台風 >>