2011年 06月 14日

緋花玉 結実

未明に降った雨でチリが洗われ、雲が晴れた後は風も清々しい爽やかな一日になりました。朝、フレームを覗くと、アララ、緋花玉(Gymnocalycium baldianum)の結実がコロンと床に落ちていました。自然に落ちて実が裂けているということは種も成熟しているのでしょうね。たぶん……。
a0176140_2247139.jpg

二つある緋花玉の大きい方で採種するため4月に受粉しておきました。交配するのは初めてですが、けっこう簡単に結実するものなのですね。結実させた実は一個だけで、茶漉し用のフィルターに入れて洗い出してみましたが数百個はありそう。色の薄いものはシイナかも知れませんが……。採り蒔きするのが良いのでしょうが、来週から10日ほど留守にしますし、他に多花玉や緋牡丹錦なども交配させてますから、それらが揃ってからの夏実生となりそうです。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-06-14 23:02 | Cactus | Comments(4)
Commented by さぼちゃん at 2011-06-16 22:57 x
こんばんは,
りっぱな実が採れましたね.これからしばらくは,春に交配した種子が次々採れますね.
早く播きたい流行る気持ちを抑えて,収穫後はちゃんと乾燥させてから播いた方が良いですね.
Commented by aihal_polyhedron at 2011-06-17 12:06
さぼちゃんさん
我が家でもギムノカリキウムばかり4種ほど交配し結実に向かっています。
始めたばかりですが未生は楽しいですね。
ただ、場所と越冬のことを考えないととんでもないことになりそうです(^○^)
Commented by guritogure at 2011-06-20 00:46 x
アイハルさんコンバンハ僕は仕事が忙しくなかなか実生もほったらかしで進んでません。さぼちゃんさんのおっしゃるとおりと思いますが僕だったらきっと我慢できずに播いてしまいます。外でも気温がやっと上がってきたので僕も種播きしたいです。
Commented by aihal_polyhedron at 2011-06-25 14:09
guritogureさん
こちらも十日余り梅雨の最中の京都で過ごしていてサボたちの世話が出来ません。
種捲きは他の結実も待って梅雨明け後になりそうです(涙)。


<< Neoporteria ten...      大仏殿 開花 >>