Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 26日

気品 Escobaria robbinsorum

刺座の白い綿毛から伸びる薄いピンクがかった上品な棘姿に惹かれて長浜のK園さんで求めてきたEscobaria robbinsorumです。4月末に我が家にやってきた時にはもう花が終わっていて、花を見られるのは来年と思っていましたが、出張に入る直前に一輪だけ開花しました。
a0176140_23595326.jpg

球体だけでなく咲いた花も地味ながら気品を感じさせる美しいものでした。まだ縮こまっている雄蕊の花糸は繊細で極細の素麺のようです。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-06-26 18:36 | Cactus | Comments(2)
Commented by Shabomaniac! at 2011-06-28 21:28 x
ロビンソルム、渋いですが、良いサボテンですよね。実はそれほど栽培も難しくないですし。むかしアメリカの趣味家のハウスで、20cmくらいあるスンゴイ綴化株をみました。「ああ、山でみつけて珍しいからもって帰ったんだよ」と朗らかに話していました^^;。
Commented by aihal_polyhedron at 2011-07-01 00:10
そんなに大きくなるんですか!
刺の姿がこのままでそこまでなれば、それはまた壮観でしょうね。
「山から扱いで持って帰る」とは良き時代というか……。

梅雨の最中の京都から帰ったのですが我が家の方が蒸し暑いとは思いませんでした(涙)。
ほとんどのサボたちが無事でいたので安心しましたが、今年はサボたちにも厳しい夏になりそうですね。


<< 地味系 黒刺鳳頭      Neoporteria ten... >>