2011年 07月 03日

今時やって来たサボたち

6月末日、京都からの帰り道、長浜K園さんへ立ち寄り4種のサボたちを分けていただきました。ムンムン・カンカンの昼日中、とんでもなく暑い温室の中をお付き合いいただいた園主さんに感謝申し上げます。
スクレロやトウメヤに色目を使う私に、「今持って帰ってもたぶん腐ってしまいますよ」と的確なアドバイスをいただいました(笑)。今年の夏はずいぶん犠牲サボが出るだろうとの予測だそうです。
そんなわけで、サボ購入には一番適さないのかも知れない梅雨の最中の今時に4種のサボたちが我が家にやって来ました。
a0176140_2324843.jpg

昇竜丸(Turbinicarpus schmiedickeanus) 実生すると色んな形状の刺を持ったものが出来るそうです。これはちょっと太めで曲がりの少ないタイプの刺ですが、確かに色々と微妙に違った刺のものが並んでいました。
a0176140_23243552.jpg

プセウドペクチニフェラ(Uebelmannia pseudopectinifera) 真性ペクチニフェラは何故か我が家に二株あります。一方はこの春先に大阪YAさんで求めて来た開花球で、もう一つはプセウドということで某園から購入したのですが、どうみても真性ペクチ……。ま、そういうわけで今回、晴れて真性プセウド???を入手することが出来ました。目出度し目出度し、ただし腐らせなければ(笑)。
a0176140_23245216.jpg

ラティスピヌス(Discocactus latispinus sp HU639) 「ディスコが欲しい」という私に園主さんが勧めてくれたのが、これと下の二つ。どちらも実生からあまり間もない小株で、角鉢に植わっていたものを抜き苗で分けてもらいました。水好き系サボ用に調合した用土に1割ほどpH未調整のピートモスを混ぜて植え込みました。
a0176140_2325115.jpg

プラセンテフォルミス(Discocactus placentiformis) 「ディスコはみんな白花ですよね」とつまらないことを聞く私に、「赤花を咲かせられれば大したものですよ」と園主さん。でも本来は黄花の兜や白花の鳥羽玉でも赤花があるんですよね。もちろん何千、何万と実生してようやく現れるかどうかというものなのでしょうが……。

北陸の梅雨明けはまだですが、雨は殆ど降らず最高・最低気温とも平年よりかなり高い日が続いています。フレーム内の最低温度も20℃を超え熱帯夜がもうそこまで来ている感じです。それでも多くのサボたちがまだそれなりに元気を保っているようですが、長く厳しい夏になりそうですから油断は禁物、どうなることやら。成長を続けている実生苗たちのケアも成長段階に合わせて考えてやらなければ……。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-07-03 23:56 | Cactus | Comments(7)
Commented by guritogure at 2011-07-04 00:49 x
長浜K園僕も行きたいです。今週何とか休みとれたら行きたいなあってちょうど考えてたので。僕もユーベル欲しくて毎回見てるのですが、ついつい他のものに・・・どれも楽しみですね。
Commented by aihal_polyhedron at 2011-07-04 22:48
真性ペクチとプセウドの中間品種というのがあるのですね。
K園に並んでおりました。
ちなみに今回求めたのは真性プセウドです(笑)。

追伸:大きめのタオルを持って行かれることをお勧めします。
汗ふき用です。
Commented by queiiti at 2011-07-04 22:55 x
ディスコカクタスは馬鹿でかいギガンティアとちっちゃなホルスティばかりがもてはやされますが、こんな地味なのがイイですね。
Commented by Shabomaniac! at 2011-07-05 21:28 x
>スクレロやトウメヤに色目を使う私に、「今持って帰ってもたぶん腐っ>てしまいますよ」と・・・

ううむ、たしかに梅雨時はPed&Sclが苦手な時期ですね。春から引っ張って水やりをして、痛い目にあったことがあります。でも一方で、私は盛夏にこれらを植え替えます。発根が早いからです。成長期に植え替えると、根が再生している間に成長期が終わってしまうのであえて真夏に、という訳ですが。


Commented by aihal_polyhedron at 2011-07-06 15:04
queiitiさん
この二つ、どれくらいの大きさで花座が出来るんでしょうかね?
お値段もありますが、花座付きの立派なものよりも手元で育てて花を咲かせてみたいと思いお薦めの中かからこの二つを選びました。
このサイト(http://cactiguide.com/cactus/?genus=Discocactus&species=placentiformis)で見る限り、自生地のD. placentiformisは落葉広葉樹に混じって生えているようです。
ほとんど“草”ですね。

Shabomaniac!さん
なるほどなるほど。
難物ではないのでしょうが、K園さんでは、年明けの寒い内に大部分の植え替えを済ませるそうです。
理由はやはり春から梅雨前の成長期を十二分に活用させるためだと言うことでした。
Commented by guritogure at 2011-07-06 22:32 x
本日久々にK園にお邪魔してきました。今日は風があったものの、やはり暑かったです。ちなみタオルは持っていきませんでした。久々でワンちゃんが大きくなってました。魅力的な難物がありましたよ。
Commented by aihal_polyhedron at 2011-07-07 21:27
guritogureさん
おーっ、行かれましたか。
お持ち帰りのお宝は何でしょうか?


<< エリオシケ実生苗 お日様デビュー      地味系 黒刺鳳頭 >>