Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 09日

本日の花 2011/7/9

昨日から完全に夏空になったなぁと思っていたら、北陸地方も今日、梅雨明け宣言が出ました。昨日は35℃超の猛暑日、今日もギラギラと照りつける陽射しの下、それに迫る勢いで気温が上がり、サボたちの世話でベランダに出るとあっと言う間に汗まみれ。そんな中、二種類のサボが花を咲かせてくれました。
先ずは烈刺丸(Coryphantha echinus)。
a0176140_2210472.jpg
a0176140_22101889.jpg
a0176140_22102616.jpg

烈刺丸のこの花は実は3番花です。初開花は約二週間前、ちょうど十日ほど留守にした時でした。二つついた開花間近な蕾に後ろ髪を引かれながら出張に出ました。5cm強の小さな球体ですから今年はもう花を見られないかなと思っていましたが、健気にもこうして鮮やかな花を見せてくれました。

こちらはエキノプシス属だと思いますが名称不明のサボです。
a0176140_22104074.jpg
a0176140_2210487.jpg
a0176140_2211073.jpg

これは父母が何方かから貰って育てていたものですが、あまりに長く放置されていて拗れて固まっていた株からカキ仔したものです。くびれでお分かりのようにフレームに移してから目を覚まし、ぐんぐん膨れて花を咲かせました。夜咲きなので半日で萎んでしまいましたが、この微妙で不思議な花色はなかなか気に入りました。もし種名がお分かりの方が居られれば、是非お教えいただきたいと思います。それにしても、妙なところから花茎を伸ばすものですね。

あまりの陽射しの強さに慌ててフレーム二つに遮光用のフィルムを被せましたが、中には肌が白けたようになり皺がよって軽い日焼けを起こしたものも。夕方にはほとんどのものが回復しているようで一安心。でも、梅雨明け後の陽射しは恐いですね。あらためて実感しました。
例年より半月も早い梅雨明けですから、去年のように秋彼岸まで厳しい暑さが続けば、二ヶ月半近くに及ぶ猛暑となります。サボも人間も体力勝負ですね。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-07-09 22:55 | Cactus | Comments(3)
Commented by queiiti at 2011-07-10 09:09 x
花が咲かなきゃ、何の変哲も無いエキノプシスですが、こんな綺麗な花を見てしまうと、手放せはしませんね。
Commented by Shabomaniac! at 2011-07-10 21:33 x
烈刺玉、コリファンタのなかでは難物の部類だと思います。綺麗に育ってますね。むかし、テキサスでエキノマスタス・ワルノッキーと一緒に生えているのを見ましたが、前者がわらわら生えているのに対し、後者はポツポツで、稀少なんだなぁ、と感じ入った記憶があります。
名称不明プシスも花色が素敵です。こういう杏色というのか樺色というのか、好きな花色です。
Commented by aihal_polyhedron at 2011-07-11 09:09
queiitiさん
仰るとおりです。
花色はサボというよりグラジオラスかアマリリスみたいです。
でも、花の質感はサボらしく薄く透明感がありますね。
肥培して群開させてみたくなります。

Shabomaniac!さん
烈刺丸は信州N園さんからお輿入れして来ました。
SB391とラベルにありましたから琵琶湖近辺生まれなのかも知れません。
難物系コリファンタとお教えいただき有り難うございます。
ちょっと調べてみると、自生地は300~1500mの標高があるようで低温にはすこぶる強いようですが、今の時期は要注意のようですね。
心して育てます。


<< 本日の花 2011/7/11      昨年末播種の実生苗たち >>