Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 18日

春へ

昨晩は地吹雪が吹き荒れ、積雪は数cmでしたが、樹木や建物の北側にはびっしりと粉雪が張り付き、今朝起きるとベランダのフレーム蓋が凍りついていました。これが最後の本格的冷え込みになると良いのですが……。
それでも、蓋を開ければ春に向かって、サボたちが蕾を膨らませています。

a0176140_22192972.jpg

 精巧殿(Turbinicarpus pseudopectinatus)。年末には蕾らしきものが見えて来たのですが、初めはヘソのゴマ程度の頼りないものでした。その後、なかなか動き始めませんでしたが、ここへ来てはっきりと膨らみ始めました。天候に依るでしょうが、一週間ほどで咲きそうな気がします。ちょうどその頃は出張中。見られるのは二番花以降になりそうです。
a0176140_22195630.jpg

 白鯱(Gymnocactus knuthianus)。こちらは昨年11月半ばに一度開花し、その後も年末から出蕾していましたが、無加温フレームに居ることもあって、固まったままほとんど動きませんでした。まだフレーム内が零下になることもありますが、昼間時間の長さを感じてか目に見えて膨らんで来ています。
a0176140_22201355.jpg

 暗黒王(Eriosyce clavata)。去年は2月末には開花していましたが、これは蕾付きのものを買い入れたためでした。環境が変われば、同じサボでも開花期はずいぶん前後するということなのでしょう。夏の終わりに植え替えましたが、遅ればせながらでも蕾を上げて来たので一安心。青肌・黒刺に映える濃いピンクの花ももう少しで拝めそうです。
a0176140_2220285.jpg

 冬仙玉(Genus Eriosyce Philippi 1872 Neoporteria sp)。昨シーズンは年末に出蕾し、2月末には開花していたのに、今年は蕾の気配もなく、毎日のようにフレームを覗き込んで心配していました。今日、目を凝らして見ると、刺座に微かなピンクの膨らみが。ふた月遅れの出蕾ですが、去年、花後と夏の終わりの二度植え替えたことが影響したのかも知れません。それでも一年前より二回りほど成長していますから、賑やかに咲いてくれるのではないかと期待しています。
a0176140_22203848.jpg

 銀翁玉(Eriosyce senilis)。
a0176140_22204866.jpg

 白翁玉(Eriosyce senilis var. multicolor)。銀翁玉と白翁玉は1月半ばには蕾を擡げていましたが、いよいよ開花に向けて歩み出したようです。この両者や白仙玉もエリオシケ・セニリスのバリエーションに含まれるようです。senilisとは老人を意味するそうですが、なるほどという感じです。私の頭もこれに近づきつつあります(w)。これらはフィールドナンバーの分からない国内実生ものですが、原種はチリの内陸、標高400mから900mくらいの山地に生育しているようです(中には2000mを超えるものも)。
a0176140_2221199.jpg

 羅卒玉(Eriosyce rapifera)。こちらは夏の終わりの植え替え後、10月には蕾を上げ、11月から冬の間も連続して咲き続けています。しっかり数えてはいませんが、これまでに20近く開花しています。手前の花に見えるように、同じ刺座からも次々と花芽を上げるようです。Cactuspediaに依れば、Eriosyce subgibbosaの異型シノニムだそうですが、原種はsenilisと同じチリでも、もっと海岸に近く標高の低い場所に自生していると言います(標高約20m~100m)。まだ続々と蕾が上がって来ているので、ずいぶん長く楽しませてくれるようです。花後は液肥をあげるなりしてしっかり成長してもらいましょう。

月曜から十日ほど出張のために留守をします。帰る頃には兆しではなくて、春の徴が見えるようになっているといいなあ。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-02-18 22:31 | Cactus | Comments(3)
Commented by りんきんえい at 2012-02-19 00:22 x
凄いですね、今の時期にこんな沢山のサボテンに蕾にが上がってきて
花が見えるのを思うと楽しみになってきました。サボテンのお花は綺麗で大好きです。
家は温室がないので花見えるのはまだ先の事です。
Commented by さぼちゃんだいすき at 2012-02-19 21:54 x
こんばんは,
エリオシケ,つぎつぎと花が来そうで楽しみですね.
ウチでもマミラリアに続いてエリオシケがやって来ています.
とにかく華やかでかつ野趣があっていいですよねー.
Commented by aihal_polyhedron at 2012-02-19 22:15
りんきんえいさん

私も温室はなくてフレームでサボを育てています。
密閉された小さなフレームですから、今頃でも晴れさえすれば中の温度が軽く30℃を超えます。
こういう日が多くなれると、サボたちは長い冬眠から目覚め、春咲き種は蕾を膨らませてくれます。
光と温度が目覚めの引き金になるんでしょうが一種の促成栽培とも言えます。
りんきんえいさんのベランダ栽培だと、温度の急上昇はないでしょうから開花は遅くなると思いますが、その方が自然なような気もします。
多肉たちには、この方が過ごしやすいでしょうし、暑いのが苦手なサボたちも風通し良くて快適なのでは?

さぼちゃんだいすきさん

一昨日の寒波では、一時暴風雪という感じでしたが、風が強すぎたのかほとんど雪は積もりませんでした。
金沢も積雪はほとんどないと思います。
満開のネオポルテリア、拝見しました、やはりsenilis系でしょうか?
蝋細工みたいな花が気に入って、去年は何種類か求めました。
そこから興味が湧いて、別系統のエリオシケを入手したり、種を輸入して実生したりしています。
エリオシケ沼という感がありますね(w)。


<< 一週間のご無沙汰でした      新着サボたち >>