Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 11日

あの日から一年

1万5,854人の方々が犠牲になった東日本大震災から一年が経ちました。未だに3,000人を超える方の行方が分からず、懸命の努力にもかかわらず復興への道は順調とはとても言えません。中でも東京電力福島第1原子力発電所の事故では、原子炉内の状況も完全に把握されない状態が続いていて、飛び散った大量の放射性物質によって、多くの人たちが故郷や仕事を奪われ、子どもたちの将来を案じて、家族が一緒に住むことすらできないのが現実です。そして、その状況は残念ながら今後も相当に長く続くことでしょう。

大地震という天災を防ぐことはどうしても人間の力ではできません。しかし、天災に加えて被害を深刻なものとする人為的な営みは改めることができるはずです。世界有数の地震国・日本に54基もの原発があることは、石油・石炭などを自給できないという事情を割り引いても異常なことだったのだと思います。「日本の原発は絶対安全でチェルノブイリのような事故は絶対に起こらない」、「原発がなければ電力の安定供給を保証できない」。そういう政府や電力会社の「安全神話」と「必要神話」を無批判に信じ込み、大都市から離れた原発立地地域に危険を押し付け、傍観者となって電力や資源を湯水のように消費する生活に慣れきってきたのは他ならぬ私でした。

もう止めましょう。原発がなくても日本の電力は基本的に足りています。そして、原子力による発電を続けるなら、現在だけでなく未来に生まれてくる命をも脅かしてしまうということを私たちは高い代償を払って、この一年学んだのではないでしょうか? 原発を運転することで大量に発生し、数万年かかってようやく半減するような放射性廃棄物を安全に管理可能だというなら、それは科学や技術ではなく迷信というべきものです。もちろん、原発全廃の方向に進むなら、電力のコストは当面は上がるでしょう。事故を起こした福島原発だけでなく、すべての原発を廃炉するには長期間にわたって膨大なコストも発生します。しかし、それははじめから原発に必然する費用だったはずです。それが発電コストに組み入れられてこなかったこと自体がまやかしでした。原発に依存し続けてきたつけを払う時がやって来たのだと私は思います。

そんな時ですが、やはりサボたちは春の姿へお色直しを始めています。

a0176140_1444288.jpg

 白鯱(Gymnocactus knuthianus)。冬の間から蕾を上げ始めていましたが、今日午前の陽射しでようやく一輪開きました。午後からは冬に戻ったような荒れ模様の天気になりましたが、この先、順々に開いて楽しませてくれることでしょう。

a0176140_14442785.jpg

 五刺玉(Echinofossulocactus pentacanthus)。3種いるエキノフォスロの先頭を切って一輪開花。園芸種の桔梗を思わせるような涼しげな花です。

ネオポルテリア系のエリオシケたちが蕾を多く立ち上げて来ました。
a0176140_14444367.jpg

 白翁玉(Eriosyce senilis var. multicolor)
a0176140_14445581.jpg

 銀翁玉(Eriosyce senilis)
a0176140_1445840.jpg

 冬仙玉(Genus Eriosyce Philippi 1872 Neoporteria sp)
みんな、白く輝く刺の中から濃いピンクの蕾を誇らしげに膨らませています。数日、日照のある暖かい日が続けばきっと開きだしてくれるでしょう。
a0176140_14452244.jpg

 暗黒王(Eriosyce clavata)。名前は恐ろしげですが、花はいたって華やかなサボです。ちょっと縦延びし過ぎかとも思いますが、あと少しで今年も元気に花を見せてくれそうです。
a0176140_14453231.jpg

 精巧殿(Turbinicarpus pseudopectinatus)。ここまで膨らんで来ましたが足踏み状態。独特の刺は、これ以上アップにすると背中が寒くなる人も出そうですね(w)。
a0176140_14454445.jpg

a0176140_14455886.jpg

 スパケラトス(Turbinicarpus pseudomacrochele ssp.pseudomacrochele var.sphacellatus)。一昨年末に実生し、去年の10月には初開花してくれた超優秀サボです。春の開花ももう間近になって来ました。プシス接ぎした方は仔たちも膨らみ始めています。親株の方はもちろん沢山の蕾を上げて来ています。

ここからは初夏咲きのエリオシケたちの様子です。蕾はまだ現れませんが、可愛い新刺を伸ばし始めています。
a0176140_1447046.jpg

 パマエンシス(Eriosyce pamaensis)。
a0176140_14471823.jpg

 ミニマ(Eriosyce minima)。
a0176140_1447468.jpg

 ルピコラ(Eriosyce rupicola?)。これは、微量要素不足の南米病の様相が現れています。Shabomaniac!さんのアドバイスを受け、時々ハイポネックスを施肥して来ました。まだ全快とは言えませんが、こうやって新刺を沢山伸ばし始めましたから、ゆっくりとですが快方に向かってくれているようです。

今日は朝からお昼まで快晴でした。天気予報が外れたと思って喜んでいたら、昼過ぎから風向きが急に変わって、空は冬の鉛色に変わり、時折激しい突風が吹いて気温もぐんぐん下がり始めました。明日の予報は「風雪強し」、しばらく冬に逆戻りといった案配のようです。

でも、どんなに長い冬でも、必ず春はやって来ることを信じて、足元を確かめつつ前を向いて生きたいと思います。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-03-11 14:55 | Cactus | Comments(4)
Commented by comet at 2012-03-13 22:13 x
アイハルさん こんばんは cometです。

ハイポネックスは何を使われているのですか?
私は元々観葉植物用に使っていた、ハイポネックスのハイグレード活力液を追肥用として使っていました。最近は中身一緒(たぶん)で、こちらの方が割安なのでハイポネックスのガーデンマイスターのパワー・グローを使っています。
元肥に入れる微量元素はハイグリーンがお勧めです。元々米作用の微量元素ですが、何にでも使えるので10年ほど前から観葉植物に使っていました。業務用なので20Kg入りが標準です。ただサボテンや観葉植物の場合、5号鉢で0.5g~1gで十分ですので、1kgもあれば大丈夫です。
以下のサイトで小分けし販売されていますので、試されてはいかかがでしょうか!

イタミ・ローズ・ガーデン
http://www.irg.co.jp/SHOP/657609/list.html

ホウ素だけでいいのでしたら、百均のサボテン・多肉の肥料でN:P:K:B=4:4:4:0.08などもありますよ!恐るべしダ*ソー
Commented by aihal_polyhedron at 2012-03-13 23:05
Cometさん、こんばんは。

アドバイス有り難うございます。
ハイポネックスは特定種のものでないハイグレードを使っています。
それと、これら南米種の場合、用土に一割ほど無調整ピートモスを混ぜて、pHを下げています。
写真のように春の成長を始めていますが、近々に根を傷めないように抜き上げ、一回り大きな鉢に鉢換えしてやろうと思っています。
Commented by queiiti at 2012-03-14 19:13 x
こんばんは。
あれから、もう1年も経つのに原子力村のメンバーがそのまま居座り続けて、再稼動のためのストレステストを身内でパスさせようとしているのには憤りを感じます。
また、その原子力村のメンバーの言いなりに待っている、政府と民主党には、そのあまりの不甲斐なさに言葉もありません。まあ、前の選挙では1票を投じてしまった自分にも責任はありますが。
中部電力が私の住んでいるエリアをカバーしているのですが、原発なんか無くても十分やっていけるのに、無駄な金をかけて防波堤を作り、再稼動を目論んでいます。
すみません、自分のブログで言うべきことなのに、この場をお借りしました。
不都合がありましたら、削除してください。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-03-14 20:24
queiitiさん

本当にそうですね。
震災直後の計画停電なども、休止していた火力発電所などの再開に手間取ったという事情もあったのでしょうが、非常に恣意的なものを感じました。
「原発がないと電力が足りなくなるぞ!」
事実はそんなことないんですね。
経済界も、「安定供給と低コスト電力がないと……」などといつまでも言わずに、発送分離、周波数統一など電力の自由化を進め、原発なしで電力のコストを下げる方向へ舵を切れば世論からも支持され、新しい雇用も生み出せると思うのですが。
我が北陸電力も、分をわきまえず二つ合わせて200万㌔w近くの原発を持っていますが、両方とも休止しているのにせいぜい85%ほどの電気予報にしかなりません。何をか言わんやです。

苗プレにご応募、有り難うございました。queiitiさんが一番乗りでしたよ。お楽しみにお待ちください。


<< サボ友さんへプレゼント エリオ...      植え替え事始め >>