2012年 03月 25日

冬へ逆戻り

いやぁー、今日は参りました。四月を目前にしているというのに冬型の気圧配置。夜中にいきなり、ゴォーとまるで冬のような大風が吹いて日中も時雨模様。夕方には大粒の霰で一時地面が真っ白に。おまけにドーンと一発、まるで雪起こしのような雷まで鳴りました。実は今日、長男の結婚式だったのですが、式場のお寺の本堂で参列者一同、震えながらの式になりました。まあ、これも良い思い出になるでしょう。

春を前に足踏みという感じですが、それでも日が長くなって最低気温は確実に上がり、はっきりとサボたちは動き始めました。小柄で個性的なツルビニカルプスたちが、それぞれに花を着け楽しませてくれています。
a0176140_2213472.jpg

精巧殿(Turbinicarpus pseudopectinatus)。去年の春先にやって来ましたが、環境が変わったせいか花を見ることはできませんでした。夏に十日ほど留守する間に、3つのうちの1つが干涸らびて消えてしまいました。でも、今年はこうして鮮やかな花を見せてくれています。花色も濃く、なかなか美形な花なのですが、如何せん一株だけの開花なので交配することが出来ず残念です。

a0176140_22133926.jpg

あんまり綺麗なのでアップにしてみました。親バカですね(w)。

a0176140_22141984.jpg

スパケラトス(Turbinicarpus pseudomacrochele ssp.pseudomacrochele var.sphacellatus)。これは一昨年秋に入手した親株に結実していた種を、その年の12月に実生して、去年の10月にスピード開花したものです。まだまだ小さな体で、健気にも春の開花が始まりました。親株よりずいぶんピンクの濃い花ですから、精巧殿あたりと交雑しているのだと思います。無分別な交雑は良くないと思いますが、もう一度、上の精巧殿と交配して、どんな花色が生まれるのか試してみたい気もします。

a0176140_22145482.jpg

健気なスパケラトスも思わずアップにしてしまいました。他のツルビニたちも、こんなに小さくて開花するのでしょうか?

a0176140_22153393.jpg

牙城丸(Turbinicarpus macrochele)。これも去年の春咲きにやって来たものです。小さいのに老成している感じがして気に入っているのですが、乱暴に扱うと枯れたようなもじゃ刺が取れてしまったりします。刺に阻まれて花はなかなか完全には開いてくれません。それに見るからに成長は遅そう。これで実生後何年くらいになるのでしょうか?

a0176140_22161573.jpg

長城丸(Turbinicarpus pseudomacrochele)。上の3種は数日前の晴れ間に咲いてくれたのですが、この長城丸は冬が戻った昨日からの開花です。小さな球体に似合わず、かなり大きな美花が二輪開花しました。これも交配して増やしたい気持ちに駆られますが、残念ながら手元には一株しかありません。

1月末にメサガーデンに注文したマミラリアや難物の種が2回に分けて届いています。ツルビニの種子も色々取り寄せて播きたいのですが、発芽後の植え替えて倍々ゲームとなるスペースを何とかしないと手詰まりになり二の足を踏んでいます。長男の結婚というビッグイベントも何とか無事済んだので、栽培スペースをどうやって拡大するのか妄想を具体化して行きたいと思っています(w)。

この14日にご案内しました、「サボ友さんへプレゼント エリオシケ実生苗」に多くの方のご応募をいただきました。今後の植え替えで、まだ若干のプレゼントが出来るかも知れませんので、今回選に漏れた方も、その折には再度ご応募いただければ幸いです。この度は、スペース拡大にご協力いただきまして有り難うございました(ペコっ)。ご当選いただきましたお方には、お手元にお届け出来るまで今しばらくお待ち願います。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-03-25 22:26 | Cactus | Comments(10)
Commented by l-marsh at 2012-03-26 07:48 x
おはようございます!

御長男様、ご結婚おめでとうございます!!
イベントがひかえてるとはこのことだったのですね!
結婚式はおめでたいことだけど、いろいろと準備も大変で疲れたりしますよね。
ほっとしたところでゆっくりお休みくださいね
我が家は全員(3人)女の子なので送り出し(w)は辛そうです。。。
男の子だとどうでしょう?
あ、でも私のことだからお嫁さんに嫉妬しそうで怖いような気もするw(って笑えない)

それにしても、お子様大きかったのですね。
私はてっきりまだ小学生とかかと思ってました(^^;;

>牙城丸

色が素敵ーーーーーー!!!
私も展覧会で探したのですが、惚れたコに出会えず・・・。
ネットでも見てるのですが惚れたコに出会えずです。
我が家でも銀翁丸などは刺に邪魔されてお花がきれいに咲けなかったです。
Commented by Turubini at 2012-03-26 15:24 x
長男様のご結婚、おめでとうございます。そして、お疲れ様でした。

精巧殿の花、本当に美しいですね!
私も触手は動いたのですが、購入には至りませんでした。
また、長城丸の花も綺麗で、とても品のある淡いピンクだと感じました。
私の持っている長城丸も蕾を付けていますので楽しみです(^^

牙城丸の肌色は、たしかに私のと変わりませんね。
今後も変わらないのでしょうか?すこし気がかりですね。
Commented by queiiti at 2012-03-26 21:00 x
ご長男のご結婚、おめでとうございます。

私の次女も1月に挙式したのですが、入籍は2年前に済ませており、孫は昨年生まれていましたから、泣いてしまうということはありませんでした。
成長の遅いツルビニでも育てようによっては、スパケラトゥスのように早く開花すると驚いています。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-03-27 20:54
l-marshさん

お祝いのお言葉ありがとうございます。
はい、なかなかに準備が大変でした。

もらう立場なので、こちらはそうでもなかったのですが、やはり向こうのご両親は複雑な気持ちだったようです。
実は家にも娘が3人いて、真ん中が今年から大学へ進むので、上の2人が家に居ないことになります。
居れば居たでゴロゴロしてかしましい限りですが、4月からはスッと静かになりそうです。

牙城丸、いいでしょ。
これは大阪豊中の園からやって来たものです。
長刺タイプということでしたが、ぜんぜん大きくなる気配はありません。
ツルビニってもっと見直されても良いサボだと思いますよね。
色々と種を取り寄せて播いてみようかな。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-03-27 20:59
Turubiniさん

ありがとうございます。
おっしゃるとおり、けっこう疲れました(疲労宴?)。
精巧殿のこの写真は咲き始めの頃なのですが、日が経つとだんだん花色が薄くなって来ました。
でも、今日はもう一輪咲いて賑やかでしたよ。

Turubiniさんも、お名前にふさわしく、ツルビニラッシュのようですね。
情報交換させていただけるとありがたいです。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-03-27 21:08
queiitiさん

ご祝辞、ありがとうございます。
そのうちに私も娘3人を送り出すことになりますから、その時はどんな風に感ずるのでしょうか?

Shabomaniac!さんから、幼形成熟(ネオテニー)という言葉を教わりましたが、このスパケラトスはまさにそれなんでしょうね。
他のツルビニたちは、そんなことはなく、やはり成長は遅いのでしょうね。
いただいた種子、発芽して育ってくれていますよ。
近々ご報告出来るよう頑張ります。
Commented by さぼらん at 2012-03-27 22:09 x
ご子息のご結婚おめでとうございます。新しい家族ができるのはすばらしいことです。
私もqueiitiさんからツルビニの種を頂いて、2年半になります。まだ小指~中指の先ぐらいの大きさですが、スワボダエ、ハウエルギニー、烏丸、デキソニアエ等は体より大きな花を咲かせてきております。牙城丸にもこの時期に蕾が出ています。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-03-27 23:00
さぼらんさん

ありがとうございます。
おっしゃるとおり、これまではお客さんでしたが、これからは家族の一員ですね。

やはり、ツルビニの多くが小さいうちから成熟するのですね。
その手のものは寿命が短いとも聞きますがどうなのでしょうか?
小さくても老成したような株に育てられるといいのですが、それにはかなりの年数がかかるのでしょうね。
Commented by Turubini at 2012-03-31 15:53 x
またまた、こんにちは!

今日、私の持っている長城丸の花が咲きました。
でも、アイハルさんの長城丸の花と、だいぶ感じが違いますね!
やはり球体の年齢や培養土の違いなどから、花色も多少変わってくるのでしょうか???
なんだか不思議です。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-03-31 23:09
Turubiniさん
花よりも姿がかなり違いますね。
Turubiniさんのはわが家のよりかなり年期がはいっているような。
長いもじゃ刺が素敵です。
手元に同じ園から来た昇竜丸が二つありますが、刺の長さがまったく違います。
どちらも実生ですが、その時々で色んな性質のものが出るそうです。
面白いですね、と実生沼へのお誘いです(w)。


<< ネオポル系エリオシケ花盛り      春は来たれり >>