Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 26日

サボ花盛り 4月の4

遅れて気を揉ませた桜も何時の間にか散りました。今日は夜明けは霧、そして日中は黄砂で遠くが霞み、蒸し暑ささえ感ずる一日でした。
まだまだサボの花盛りが続きます。ちょっとしつこいですが、よろしければどうぞご覧ください。

a0176140_0261355.jpg

ドッピアヌム(Gymnocalycium doppianum)。わが家のギムノ開花二番目はドッピアヌム。涼しげな黄花はギムノには珍しいのでは……。

a0176140_0191628.jpg

同じくドッピアヌム、拡大してみました。どんどん仔をふいてプチ群生するところもギムノにはあまりないように思います。でも、植え替える時、仔がいくつか取れてしまうんですよね。そのカキ仔にも蕾が上がっているところはなかなかに健気なサボですよ。

a0176140_0195316.jpg

緋冠竜(Thelocactus hexaedrophorus var. fossulatus)。刺が邪魔して開き切りません。というか、何だか花が串刺しになっているような……。刺ものに興味はあるのですが、冬に日照が乏しい北陸では良い刺は出せないでしょうから躊躇しています。

a0176140_020584.jpg

天晃(Thelocactus nidulans)。こちらはちゃんと開いてくれました。

a0176140_0204227.jpg

同じく天晃。花芯は炉心と違って悪さはしません。

a0176140_0205282.jpg

ブカレンシス(Mammillaria bucareliensis)。一昨年の秋にやって来たのですが、短い間に恐ろしく膨れ上がっています。寒いうちから次々と花を咲かせていますが、ぼつぼつと咲く地味系な花は注目されることもなくお気の毒。横から人面創のように仔ふきも始まっていて、けっこう微妙なサボですね。

a0176140_0212784.jpg

月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)。留守中に満開になり、ちょっと盛りを過ぎたようですが、綺麗にグルッと花冠を見せてくれてます。鉢一杯に根が回っていそうで、実は根腐れが恐い。

a0176140_0213879.jpg

ピンクニンフ(Mammillaria elongata 'Pink Nymph')。マミラリアの交配種だそうです。いささか盆栽的な形ですね。

a0176140_0221872.jpg

同じくピンクニンフ。クローズアップしてみるとなかなかに可愛らしい。

a0176140_0222332.jpg

太白丸(Thelocactus macdowelii)。ここからは新顔です。かつてはエキノマスタスとされていたそうですが、今はテロカクタスに分類されることが多いようです。どちらにしても、この白刺は魅力的。

a0176140_023883.jpg

香花丸(Dolichothele baumii)。琵琶湖畔の園から昨日、お輿入れ。黄花を見ると何故か手が出てしまうんです。潜在意識に何か潜んでいるんでしょうか(w)。

a0176140_0231373.jpg

奇想丸(Setiechinopsis mirabilis)。もう近々です! ヤフオクで入手した種子を一昨年末に播いて発芽したのがこの2個。それが花芽を上げてくれて……。でも、花が咲かなくても、このミニ柱の肌色と刺の風情、何ともセクシー。そうは思いません?

今日は少し暇がとれたので、実生苗の植え替えなどをしてベランダでのんびり過ごしました。つくづく思うのですが、去年の今頃はもっと一つ一つのサボに細やかに接してあげられました。欲を出して、手元のサボの数は飛躍的に増えましたが、リッチになったようで実は確実に手抜きとなっています(涙)。先日の日焼け事故もそれが原因。

昨日(24日)、京都からの帰り道、長浜市の廣仙園に寄らせてもらいました。お忙しい中、1時間半余りも園主さんから色々とお話を伺いました。
云く、急に光線が強くなる春先は、サボたちも光と温度に対して耐性がない。成長期の今、難物サボも含め水を切らさないこと。むしろ過湿なくらいが良い。水が切れるとせっかく発根した新根が枯れてしまう。根が傷んでいると肌色がどす黒く、肥料不足だと黄色っぽくなる。これからの季節、温度焼けを防ぐためには、栽培室内の空気を動かすこと。小さな扇風機でも効果大。その他、色々お聞かせいただき、ありがとうございました。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-04-26 00:29 | Cactus | Comments(14)
Commented by さぼらん at 2012-04-26 09:17 x
透明感のある黄花のギムノ,良いですね。事典で見つからす、やっとG.andreaeの変種ということ知りました。注目サボです!
baumiiの黄花、これは橙気味で味わい深いです。白刺とのコントラストが映えています。春先、植え替えたサボは新根がまだ伸びていないようで、水やりの頻度、気をつけてます(今年もいくつか腐らせてしまいました、頂いたエリオシケは生長に弾みがついて元気です)
Commented by rie at 2012-04-26 20:24 x
アイハルさん、こんばんは。

私のサボハウスは冬の例年にない寒さのせいか?開花が始まりません。こちらの花盛り写真で楽しませて頂いてます。
ギムノにも黄花があるのですね。ドッピアヌムという名前も初めて目にしました。最近黄色の大きな花が気になっているので名前を覚えておこうと思いました。
以前コメントを頂いた我が家の月影丸は今年は子どもを大きくすることに専念しているようで花の気配はありません。今年株を大きくしてまた来年の開花を待ちたいと思います。
>肥料不足だと黄色くなる
心当たりのある株がいくつかあります。。。気をつけます。
Commented by queiiti at 2012-04-26 22:05 x
ドッピアヌムは黒いバックにレモンイエローが爽やかですね。
こじらせたり、腐らせたりとギムノとは依然として相性が悪いです。
Commented by guritogure at 2012-04-26 23:33 x
家もギムノはなかなか相性が悪いのが多いですが、やっと羅星丸が咲きました。アイハルさんのところのはどれも綺麗に育てられてると思います。家の方がひどいです。だけど買っても播いてもどんどん欲しくなってしまいます。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-04-27 08:09
さぼらんさん

Gymnocalycium andreae v. doppianumとした方が良いようですね。
根元から次々と仔ぶきして来るのですが、気をつけないと植え替え時に外れてしまいます。

香花丸も最近はマミに分類されるようですから、Mammillaria baumiiとした方が良いのでしょうか?

どちらも黄花の美しさに惹かれて手に入れました。
なぜか黄花サボを見るとググッと来るんですよ(w)。

家のエリオシケもようやくすべてを植え替えました。
今のところは暑いのも平気みたいですが、大きくなっていくと気むずかしいのも出るみたいです。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-04-27 08:09
rieさん

この春はなかなか暖かくならず、こちらでも早春咲きのものは半月からひと月も開花が遅れました。
でも、4月に入って追いついて来たようです。

月影丸はポピュラーなサボですが、けっこう根が弱いみたいです。
今咲いてるのも昨春に根腐れさせて胴切りで助けたものです。
寒さには強いようで、この冬は無加温・完全断水で過ごさせましたが、それが開花には良かったのかと思っています。

サボを手に入れると、ついつい抜き上げて植え替えたくなるのですが、成長期の今は基本的にそのまま育てた方が良いようですね。
「植え替えできなかったものには液肥をやると良い」と琵琶湖畔の園主さんから以前教えてもらいました。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-04-27 08:09
queiitiさん

ギムノは種類も多く、自生環境によって性質が様々ですから難しい面もありますね。
ギムノも含めて草むらに生えるようなサボたちに、思いっきり軟光線で涼しく過ごせる環境を作ってやろうかな?
またまた日曜大工の始まりです(w)。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-04-27 08:09
guritogureさん

そちらは内陸で、今年の冬の冷え込みが異常に厳しかったようですから大変だったと思います。
石川は節分寒波の冷え込みも他に比べれば大したことなく、無加温でも寒さでやられたものはありませんでした。
その反動で先日、何株も焼いてしまいましたが(涙)。
人間と同じで、季節の変わり目はサボも耐性がないので、ちょっとした油断で煮えてしまうようです。
でも、冬と違って陽が射すのはありがたいですね。
Commented by l-marsh at 2012-04-30 08:34 x
おはようございます!

>ドッピアヌム

初めて見るサボちゃんですが、透明感があってきれいな花ですね~!
黄色の花も捨てがたいですなぁ(^m^)← 一人いろいろ妄想中
いつもの信州のサボ屋さんで黄裳丸を発見、
赤裳丸がいるから黄色くんもほしい、、、と見つめてたのですw

そういえば、ラゴちゃん、昨日植え替えしたのですが(初代です)
コメントで教えていただいたように
ちょっと土の配合を変えてみました(^^)





Commented by aihal_polyhedron at 2012-04-30 22:39
こんばんは、l-marshさん

ドッピアヌムは琵琶湖畔の園から去年来ました。
実生したものですから今も在庫があるんじゃないかな?

ラゴの根はどうでした、新根出ていましたか?
家のは鳴かず飛ばずの縮こまり状態です(涙)。
さらに遮光強めのエリアに置いて様子見です。

我が家から嫁いだエリオシケたち、大切にしていただいているようでありがとうございます。
名札シールは私も良く曲がります。
あれはたまたま(w)。

菊水の花、丸く優しい感じは家のものとはずいぶん違いますね。
同じ種でもバリエーションがあって面白いなぁと拝見しました。
寄せ植え用に物色中です。
Commented by l-marsh at 2012-05-01 12:09 x
ラゴの根っこはイマイチでした。
新根は出て無かったように思いますよ。
ただ、膨らんだのは確かだけどw

>泣かず飛ばず

wwwww!!!
それは新しくやってきたラゴ様もそうですw
確かに遮光は強い方がお好きなようで、
我が家のスパルタ遮光20%は辛いらしく
色が白っぽくなってきてしまいましたw

エリオシケ、それはもう姫扱いでございますm(_ _)m
今エリオシケはエリオシケだけのフレーム(というか水槽w)
入れてるのですけど、蓋なしでビニール張って通風の為に
そのビニールを少しあけているんですね。
ちょうど今さっき雨が降って来たから
「ぎゃー!雨!!」って焦って取り込みました(^^;;

そしたらパタリと雨やみました(--;

夜はまだ暑くないのでビニール全部張ってるので大丈夫なのですが
昼間は面倒良くみてあげてる感じです(^^)

うーん。たまたまですか?じとっ、、、。(疑いの目・・。)
あぁ!じゃぁあれです、私にはそのたまたまが一切ないw

菊水はそうなんですよ、ころんとしたなんとも可愛らしいお花でした。



Commented by Shabomaniac! at 2012-05-01 21:40 x
Gymnocalycium doppianum、みんな魅了されたようですが、私も同じくです。黄色花のギムノじたいが珍しいし、こういう濁りのない澄んだ黄色というのがとても美しいですね。じつはdoppianumというギムノを知らなくていろいろ調べてしまいました。andreaeのバリアントみたいですね。また蒔いてみたいものが増えてしまいました^^;。

いつもながら、写真の美しさ、それに植物の作の良さに感服します。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-05-02 19:11
l-marshさん

やっぱりラゴネシーはかなり気難しいサボのようですね。
家では先日から50%強の遮光エリアに置いてみました。
未調整ピートモスを加えpH低めの用土に植えましたが、どうも発根がよろしくない様子。
サマーグローアーと言いますから、まだ寝ているのか、それとも……
一緒に来た鷲爪玉もどうもよろしくありません(涙)。

エリオシケ、輸送中に飛び出したものも大丈夫ですか?
家ではあの後に植え替えて、また成長を始めています。
まだ小さいので根の整理をせず速攻で植え替えていますが腐ったりもしません。
遮光30%で40℃超えでも今のところは平気ですが、だんだん気難しくなるのでしょうね。

黄花スルコも良いですね。
煩悩が騒ぎます(w)。
家のラウシーは開花までもう少しかかりそう。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-05-02 19:11
Shabomaniac!さん

長浜の園のハウスで、黄花が目に止まっての購入でした(昨年)。
Cactus and Succulent Field Number Queryで調べると、標高2000mの高地に自生しているようですが去年の夏は特に問題なく過ごせました。

桜満開の頃に不注意で日焼けさせ何鉢か失いました。
数が増えてくると世話に手が回らなくなるというのは本当ですね。
無い知恵を絞って、何とか性質毎に環境を整えてやろうとしてますがなかなか思うようになりません。


<< エビとスルコ 5月のサボ花 1      サボ花盛り 4月の3 >>