Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 24日

ギムノ花図鑑 5月のサボ花 5

このところ好天が続きます。そしてかなり暑くもなって来ました。サボフレームの蓋は一日中空かした状態にしていますが、日中は40℃を超えることも。遮光と暑さ慣れの甲斐あってサボたちは日焼けもせずにおおむね元気にしています。明け方の最低気温はまだ10℃強に止まっていますから、サボたちにとっては良い季節なんでしょうね。

そんな中、ギムノカリキウムたちが続々と開花です。

a0176140_226820.jpg

海王丸(Gymnocalycium denndatum cv."KAIOMARU")。ごく普通の海王丸と思います。去年の6月にやって来たのですが、花もつけず刺も出さず、どうも機嫌が悪いと思っていたところ、この春、桜の時期を過ぎて、やにわに動き始めました。プリプリに膨れて綺麗な花を咲かせてくれています。今思うと、去年は環境の変化でご機嫌斜めだったようです。

a0176140_2264334.jpg

バッテリー(Gymnocalycium vatteri)。これも去年の6月に来たものなのですが、南米病と言うのでしょうか、ご覧のように成長点あたりの具合がよろしくありません。他の南米ものと同じ用土に植え付けたのに何でだろ? そんなにデリケートなサボとも思えないのですが……。それでも液肥の施肥で少し持ち直しつつあるようで花も見せてくれています。右の蕾は刺に引っ掛かって痛々しい。

a0176140_2263774.jpg

緋花玉(Gymnocalycium baldianum)。二つある同種のうちの小さい方も咲いてくれました。去年はこれの花粉で大きな方に結実させ、その実生たちが中指ほどの太さに育っています。変な言い方ですが、花のある花ですね(w)。

a0176140_2271135.jpg

ドッピアヌム(Gymnocalycium andreae v. doppianum)。黄蛇丸の変種とされています。4月半ば過ぎから次々と咲いてくれましたが、ようやく花の終わりを迎えたようです。根元から盛んに仔を吹くタイプなので、花後は液肥をやって仔と球体を充実させましょう。

ここからはアップで行きます。

a0176140_2271144.jpg

海王丸

a0176140_2274323.jpg

バッテリー

a0176140_2273662.jpg

緋花玉

a0176140_2281050.jpg

ドッピアヌム

a0176140_228468.jpg

紅蛇丸(Gymnocalycium mostii)。肉厚の花弁の質感と雄蕊の根元の紅色がお気に入りなのですが、密集し過ぎてうまく花弁が開きません。

a0176140_2284494.jpg

モンビレー(Gymnocalycium monvillei)。爽やかな感じが魅力的な花です。

a0176140_2284039.jpg

多花玉(Gymnocalycium multiflorum)。モンビレーの近親種のようですが、モンビレーと違って刺の根元が赤っぽくなっています。それと名前の割りには花は少なめです(w)。

a0176140_2291755.jpg

バッテリー。開ききる前の花。面白い形をしています。

a0176140_2291384.jpg

バッテリー。ギムノは蕾にも独特の存在感があります。けっこう好き嫌いが分かれるところですね。

来週から二週間ほど出張です。その間のサボ世話は次男坊に頼むことになりそうです。予定より遅れますが、種蒔きは帰宅後になりますね。残念。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-24 22:11 | Cactus | Comments(2)
Commented by さぼらん at 2012-05-26 08:19 x
この海王丸の花、色っぽくピンクがあり、軽やかな花ですね。家の海王丸は酔白色で、中心が紅色。花も刺も変化あるようですね。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-05-27 10:33
サボ再開の頃は、正直ギムノにはあまり興味が湧きませんでした。
でも、こういう花や多様な姿形をWeb上で見るにつけ、ギムノにのめり込んでいる方たちの気持ちが少し分かったような気がします。
というわけで、先日あれやこれや種子を取り寄せてしまいました(w)。
早く播きたいのですが時間が……。


<< しばらくおあずけ      日蝕 >>