Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 15日

咲きましたラゴネシー。そして、この頃の花

梅雨入り宣言後も良いお天気が続いて来ましたが、とうとう明日からは本格的な雨になりそうです。サボたちにも、サボ飼いにも嫌な季節の到来です。根腐りさせてしまえば最悪ですが、ベランダフレームでサボ飼いしている私ですから、雨の合間にしかフレームを覗けません。まして、大工仕事や土作りなど、ベランダで行う作業は梅雨の間、ほぼ休止となってします。このままでは、またまた種蒔きが遅れてしまいそう(トホホ)。

a0176140_22401371.jpg

ラゴネシー(Gymnocalycium ragonesii)。咲きました、咲きました。私が帰って来るのを待ってたように咲きました。二月にやって来た時に比べれば、確かに膨らんではいますが、控えめで微妙な膨らみ方ですね(w)。でも根張りもしっかりして待望の花を咲かせてくれました。国防色の球体と清楚な花のアンバランスさが良いですね!

a0176140_22402493.jpg

ラゴネシー。あと二つ三つの蕾が見えますが何とも小さい。次に咲くのはかなり後になりそうです。


ここからは、少し前に咲いてアップ出来ていなかったサボ花をご紹介します。

a0176140_22404372.jpg

ラウシー(Sulcorebutia rauschii)。こちらは赤肌タイプ。水やりでメタリックな輝きが増してドキッとさせられます。緑肌のものも咲き終わりましたが、どうやら撮るのを忘れていたようです(w)。赤・青とも、今は小さな仔をふき始めかなり窮屈になりました。夏の終わりには、大きめの角鉢に赤・青一緒に植えてやりましょう。

a0176140_22405442.jpg

アルビシマ(Sulcorebutia albissima)。先月も開花をご紹介しましたが、スルコつながりということでもう一度。この時の花が一番鮮やかでした。今は花殻もほとんど取れて一休み状態です。

a0176140_22411422.jpg

北極丸(Escobaria vivipara)。これは5月中旬に咲いたものだと思います。天気が悪く鮮やかに撮れなかったので、また今度と思っていたら花が終わっていました(w)。というわけで、今一つの写真ですがアップします。

a0176140_22412676.jpg

北極丸。エスコバリアの中では大輪の部類では? 黄色の雄蕊の中から開く純白の雌蕊が眩しい。北極丸は、名前の通り北限はカナダにまで及ぶと言います。耐寒性には定評がありますが以外と暑さにも強く、昨夏は元気いっぱいで過ごしていました。今年もその調子でお願いしたいものです。

a0176140_22414543.jpg

月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)。これも5月中旬の写真。冠のように綺麗に咲きそろいました。でもこの株の昨春の様子はこちら。三角おむすびのようになって刺もとても貧弱。根腐りしていて、昨夏の終わりに胴切りし何とか助けることが出来ました。発根してしばらくの写真がこちら
今は鉢が見えないほどに膨らんで水やりにも困るほどになりました。花はほぼ終わっていますから、梅雨から夏場は水やりを押さえて休ませ、夏の終わりに植え替えてやりましょう。

a0176140_22415342.jpg

獅子王丸(Notocactus submammulosus var. pampeanus)。これも5月20日過ぎの開花だったと思います。私には珍しくホムセン購入のものですが、機嫌を直して花を見せてくれました。本当はもっと多花性の種だと思いますが、糊で固めた用土で虐待されていたのですから咲いてくれただけで御の字です。丈夫で栽培容易、サボらしい姿に花も綺麗、普及種ですが良いサボだと思います。

最後に……

a0176140_2242137.jpg

銀翁玉(Eriosyce senilis)。やっぱり仔ふきですね。まさか零れ種が発芽して育ったなんてこともないでしょうし……。どんな姿になって行くのでしょうか?

当分、良いお天気は望めそうにありません。梅雨の間はフレーム内の温度も上がりませんから、いっそのこと室内で実生を始めようかなと思います。冬の寒さと乾燥に耐えられるように成長させておくにはタイムリミットが迫っています。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-06-15 22:43 | Cactus | Comments(7)
Commented by Turubini at 2012-06-16 10:44 x
ラゴネシー、とても渋いですね!
最近、さぼちゃんだいすきさんのブログで、
ストリグリアナムを見て、渋いサボテンに魅かれています。
買っちゃおうかな~、渋いサボテンを。
赤肌タイプのラウシーも、なかなか渋くて良いな~。

こうやって、サボテン沼に惹きこまれていくのかな!?
いや、もうすでにハマっていますね(w)
Commented by l-marsh at 2012-06-16 17:35 x
ラゴちゃんお美しいでございますー!
えーと、膨らみ具合微妙ですか?
なんか普通にきれいに膨らんでるように思えますが・・・。
うちのラゴちゃんもこんな感じです(^^)
しかし色は、、、ふっふっふ。
「もっと遮光をがんばりましょう」って成績をもらいそうですw



Commented by aihal_polyhedron at 2012-06-16 23:19
Turubiniさん

私も渋め系ギムノに関心大で、近々何種か種蒔きする予定です。
まあ、渋い姿を現すまでそれなりに待たされるでしょうが、それもまた楽しです。
泥まみれのサボ沼ですね(w)。


l-marshさん

膨らみ具合は○ですか?
極端に言うと、明るい日陰でも育ちそうな気がしています。
厳しく育てておられるl-marshさんのところのラゴの色、見てみたいなぁ。
うちのも次の蕾が二つ同時開花すると、カネゴン状態になりそうですね(w)。
Commented by l-marsh at 2012-06-17 09:28 x
膨らみ方はえっと、正しい姿がわからないのですが
あくまで私の好みというかw
ふっくらしてるから可愛いしいいかなと思ったんです(^^)

なるほど、厳しくって言い方をすると素敵ですねww
ではまたそのうち写真撮りますね!
カネゴンになると可愛いですよ~!
ラゴちゃんあんまり大きくならないんですよね?
大きくなったらいいのになぁ。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-06-17 20:13
ラゴちゃんの写真待ってますよ。

ところでラゴネシー、CACTUS ARTのHPによれば、「ギムノの中では最も栽培が難しいものの一つ」とされてますね。
l-marshさんはもう何年も厳しく(w)育ててらっしゃいますが、夏を無事に越させるコツがあれば教えてくださいませんか。
Commented by l-marsh at 2012-06-18 18:21 x
CACTUS ARTって初めて見ました!
たくさんの花付けてすっごいらごちゃんですねー!

ラゴちゃん、特に何するわけでもなく、
普通に皆と一緒にフレーム入れておくだけですww

そうそう、今年はなかなかこんがりした色合いです、今のところ。

Commented by aihal_polyhedron at 2012-06-18 22:49
CACTUS ART、面白いでしょ。
写真の綺麗さでは断トツと思います。
栽培法も参考にしています。

ラゴ、夏はなるべく涼しく過ごさせたいとは思いますが、結局はサボそれぞれが持つ生命力にお任せすることになりそうですね。


<< 梅雨の合間に エビ咲きetc      帰りました 見られなかった花た... >>