Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 28日

播きました

入梅中なのに好天が続いていることに背中を押され、二ヶ月越しで準備しながら遅れていた夏実生をようやく始めることができました。

a0176140_1936484.jpg

海外の二店(MESA GARDEN、Köhres Kakteen)から取り寄せたものプラス、自家採種も含め、北米・南米取り混ぜて全部で58種。無事発芽して育って欲しいのはもちろんですが、そうなったらそうなったで大変なことに(w)。まあ、そんな取らぬ狸の皮算用をする前にちゃんとケアしてやらないと。

a0176140_19361923.jpg

今回は種類がちょっと多いので、ホムセンで見つけたこういうものを使いました。野菜などの育苗に使うポッドのセットです。左のポッドを真ん中のプラ枠に重ね、右のトレイで腰水します。

a0176140_19363091.jpg

用土の流失防止と水はけ確保のため大粒の赤玉土をポッドの底に入れました。発芽後二、三ヶ月で植え替えるので、それほど必要にならない用土をケチる目的も含まれています(w)。

a0176140_19364855.jpg

用土を入れてコテで平らします。用土は、赤玉土・軽石・鹿沼土・珪酸塩白土の細粒で、北米用・南米用で若干ブレンドを変えています。おまじないのようなものですね(w)。どちらにも、市販の実生種蒔き用土を一割、初期の肥料分として混ぜてあります。

a0176140_1937710.jpg

表土にはバーミキュライトを使いました。赤玉土やイソライトよりも発根したばかりのデリケートな根が潜りやすいように思います。それに、赤玉土は細粒だとけっこう早く粒が壊れて泥状になりやすく、イソライトは乾くとパリパリになりがちでした。5mm程度の引いた表土は、これもコテで表面を平しておきました。

a0176140_19372135.jpg

沸騰させた熱湯を如雨露でかけて消毒します。室内実生の場合は小さな角鉢を使うので電子レンジで殺菌できますが、これは大きさ的に無理。まあ、これもおまじないに近いかも知れません(w)。

a0176140_19373597.jpg

夕方から夜にかけて家の中でせっせと播きました。小さな種は簡単に風で飛ばされますからベランダでは播けません。家人に白い目で見られながらの種蒔きです(w)。
蒔き終わって腰水をし、透明なプラ蓋を被せて実生用フレームに納めました。あぶれた種は育苗ポッドの奥に見える小さな角鉢に播きました。こちらも腰水とプラ蓋をしてあります。こちらは電子レンジで殺菌したので、熱湯消毒との違いが出るかどうかも興味あるところです。

a0176140_19375573.jpg

フレームの蓋をして雨よけ屋根に納めた図。遮光フィルムなどを使って、都合50%強の遮光をしてあります。これで快晴だった今日だと内部の温度は40℃前後に上がります。これ以上上がるようだと、側面下部に通風孔を空ける必要があるかも知れません。

さてさてどうなりますやら? 先ずは順調な発芽に期待です。

今回播いたものは、
01.Gymnocalycium armatum(Köhres Kakteen)
02.Gymnocalycium berchtii VS161(Köhres Kakteen)
03.Gymnocalycium bodenbenderianum「怪竜丸(Köhres Kakteen)
04.Gymnocalycium brachypetalum P101(Köhres Kakteen)
05.Gymnocalycium calochlorum - v proliferum P203(Köhres Kakteen)
06.Gymnocalycium castellanosii「剣魔玉」(Köhres Kakteen)
07.Gymnocalycium chubutense(Köhres Kakteen)
08.Gymnocalycium ferox - v ferocior(Köhres Kakteen)
09.Gymnocalycium heuschkelianum(Syn: G. denudatum var. heuschkelianum)(Köhres Kakteen)
10.Gymnocalycium horridispinum(Köhres Kakteen)
11.Gymnocalycium kozelskyanum(Köhres Kakteen)
12.Gymnocalycium mazanense - v ferox「闘鷲玉」(Syn: G. hossei,G. guanchinense)(Köhres Kakteen)
13.Gymnocalycium obductum P121(Köhres Kakteen)
14.Gymnocalycium piltziorum P38(Köhres Kakteen)
15.Gymnocalycium spegazzinii「天平丸」(Köhres Kakteen)
16.Gymnocalycium uruguayense(Köhres Kakteen)
17.Discocactus alteolens HU232 10K(Syn: D. placentiformis,D.crystallophilus)(Köhres Kakteen)
18.Discocactus horstii 10K(Köhres Kakteen)
19.Discocactus pugionacanthus HU462 10K(Köhres Kakteen)
20.Discocactus spinosior 10K(Köhres Kakteen)
21.Acanthocalycium glaucum WR872(Köhres Kakteen)
22.Acanthocalycium klimpelianum(Köhres Kakteen)
23.Acanthocalycium peitscherianum(Köhres Kakteen)
24.Acanthocalycium thionanthum(Köhres Kakteen)
25.Acanthocalycium variiflorum P149(Köhres Kakteen)
26.Acanthocalycium violaceum(Köhres Kakteen)
27.Mammillaria aureilanata v alba Ventura, SLP, white feathery sp(MESA GARDEN)
28.Mammillaria boolii /3,8,14/ tiny low heads, pink-purple flower(MESA GARDEN)
29.Mammillaria coahuilensis ML563 Viesca 1230m squat stem hides in mud cracks(MESA GARDEN)
30.Mammillaria fraileana SB1263 s Todos Santos variable spine colors(MESA GARDEN)
31.Mammillaria guelzowiana SB465 Abasolo Dur long gold hooks wooly(MESA GARDEN)
32.Mammillaria mainiae /3,8,15/ thick soft stems red stigmas(MESA GARDEN)
33.Mammillaria slevinii /3,8 ,14/ white spines, white flowers(MESA GARDEN)
34.Mammillaria wrightii SB86 /18/ Manzano Mts, NM, huge purple flowers(MESA GARDEN)
35.Mammillaria pectinifera /3,8,13,14/ tiny stem, large light pink fl(MESA GARDEN)
36.Mammillaria pectinifera SB530 nw Tehuacan, Pue(MESA GARDEN)
37.Mammillaria hernandezii(自家採種)
38.Turbinicarpus booleanus 10K(Köhres Kakteen)
39.Turbinicarpus horripilus 10K - v robustior 10K(Köhres Kakteen)
40.Turbinicarpus krainzianus 10K - v minimus 10K(Köhres Kakteen)
41.Turbinicarpus lauii 10K Bustamante(Köhres Kakteen)
42.Turbinicarpus lausseri 10K(Köhres Kakteen)
43.Turbinicarpus mombergerii 10K(Köhres Kakteen)
44.Turbinicarpus nieblae 10K(Köhres Kakteen)
45.Turbinicarpus panarottoii 10K(Köhres Kakteen)
46.Turbinicarpus pulcherrimus 10K(Köhres Kakteen)
47.Turbinicarpus pseudopectinatus「精巧殿」(自家採種)
48.Turbinicarpus jauernigii(自家採種)
49.Turbinicarpus polaskii SB269(queiitiさん)
50.Coryphantha elephantidens「象牙丸(白刺)」(自家採種)
51.Echinomastus gasyacanthus SB1709「英丸」(自家採種)
52.Thelocactus macdowelii「太白丸」(自家採種)
53.Sclerocactus parviflorus RP28 /18/ Duchense Co, Ut, black/white sp 「彩虹山」(MESA GARDEN)
54.Sclerocactus polyancistrus SB1588 w. Nye Co, NV, robust plants 「白紅山」(MESA GARDEN)
55.Sclerocactus mesae-verdae SB303 /18/ San Juan Co, NM 「月想曲」(MESA GARDEN)
56.Sclerocactus nyensis SB1456 /17/ Esmeralda Co, Nv, curly yellow sp(MESA GARDEN)
57.Pediocactus despainii SB1014 Emory Co, Ut TL(MESA GARDEN)
58.Pediocactus knowltonii SB304 /18/ San Juan Co, NM, pink fl(MESA GARDEN)
の58種です。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-06-28 19:42 | サボテン実生 | Comments(7)
Commented by ryu at 2012-06-29 08:23 x
いやはや職人の様な完璧な仕事に感服いたしました。。。

サボたちもさぞ喜んで芽を出すでしょう^^
実生ハウスに愛情が溢れてます。

さて、私ですが発芽が出揃った種子は腰水を切り、種子の生命力に賭ける事にしました。あ!!干からびたり消えてしまってもあくまで自己責任ですのでご心配なく(笑)
Commented by さぼらん at 2012-06-29 10:05 x
全ての作業が、こなれていて清潔ですね。見習いたい!
少し教えてください。プラ鉢の用土を熱湯消毒してますが、薄い塩ビだと変形してしまいませんか?それと発芽の段階から50%遮光だと、種類によっては赤くなって生長遅くなりませんか?(特に夏場)。 私のは、光りに十分、当てたいと思いつつ中途半端で、苗は徒長してしまっています。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-06-29 23:50
ryuさん

机上で細かく考えるより、サボたちの様子を見て何を欲してるかを直感的に感ずるのが一番なんですが、これがなかなか難しい(ww)。

実生幼苗はけっこう水を欲しがるようです。
エリオシケ実生第二弾は播種6ヶ月ほどですが、表土が乾いてからタイミングを計って灌水しています。
だんだんと乾燥に慣らして行くべきでしょうが、幼苗の間は根が乾き切るとダメージが大きくなるようで、真夏もなるべく涼しく過ごさせながら灌水は続けています。
ただし、成長の何処かの課程では、夏冬に水やりを控え休眠させるようにすべきでしょうね。


さぼらんさん

熱湯消毒といってもおまじない程度で、如雨露でサーッとかける程度では塩ビポッドも問題ないようです。

仰るように50%遮光では光が強過ぎるかも知れません。
様子を見ながら必要なら遮光を強めようと思います。

実は去年も夏実生ではあまり良い結果を得られませんでした。
冬実生の方が安定して行えるように思います。
この実生用フレームも、実は冬の室内実生に転用できるように考えて作りました。
私としては、冬に室内で蒔き、春、あまり徒長しないうちに外に出せるようにするのがベターと感じています。
Commented by l-marsh at 2012-06-30 06:48 x
素晴らしすぎる実生!
私の実生失敗がよーくわかった気がしますww
こんなにこまかくやらないです(^^;;
Commented by aihal_polyhedron at 2012-06-30 10:16
l-marshさん

おはようございます。
ラベルも極力真っ直ぐに貼りました(w)。

きっちりやっているようで、大ポカしてるところが必ずあると思います。
結果に現れてくるでしょう、因果応報です(w)。

手を抜くところは抜いて、きっちりと結果を出せるようになれれば良いのですが……。
これがなかなか難しい。
そして、楽しい。

芽が出ても出なくても、ご報告します(ww)。
Commented by さく at 2012-06-30 22:04 x
58!
人のことは言えませんが、凄い数ですね。
あと、冬実生はカビちゃいませんか?
私がずぼらなのもあるでしょうが。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-06-30 22:11
さくさん

身の程知らずとは私のことです(w)。
どうやって世話するのか?
後先考えなしですね(ww)。

これまで冬実生では単発的にカビるものは出ましたが、壊滅的な被害はありません。
カビが出たら市販の草花用殺菌剤をスプレーすることで凌いでいます。
電子レンジでの鉢ごとチンが効いているようです。


<< 咲きました      実生は楽し、しかし…… >>