2012年 09月 30日

慌ただしく秋の植え替え

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものです。このところベランダの最低気温が15℃を切る日が多く、ひんやり感に秋を実感しています。
去年の秋に植え替えて一年が経つものや、今年入手してからそのままになっているサボたちの植え替えを進めていますが、色々あってなかなか捗りません。しょうがないので、見るからに用土が悪くなっているもの、鉢の中でぎゅうぎゅう詰めになって、互いの棘で刺し合っているものや鉢を変形させるほど成長したものを優先的に植え替えています。

a0176140_8545418.jpg

左 Eriosyce taltalensis subsp. paucicostata FK389。昨年3月に実生したものですが、ご覧のように押しくらまんじゅう状態になりました。しかし、どう見ても違う種類が2種混じってますね(w)。6つある方が paucicostata だと思いますが、さらに育って開花するようにならないとはっきりとしたことは分かりません。
右 すみれ丸(Notocactus uebelmannianus)。これは一昨年末の実生ですが、涼しくなってググッと太り、ぎゅうぎゅう詰めになっています。こうなると植え替えないわけにもいきません。

a0176140_855980.jpg

月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)。根腐りを起こしたものを昨夏の終わり胴切りして助けました。これはダメだろうと思っていた根元の方。それでもしぶとく仔をふき始め、昨年末にはこんな様子でしたが、それが今では元株がまったく見えないくらいに膨れ上がりました。すっかりよみがえり、艶々で元気モリモリです(w)。

a0176140_8552052.jpg

抜き上げて根を整理し、トレイに入れて通風良好な場所で中3日ほど乾かします。鉢いっぱいに根が回っているもの、ほとんど根が伸びていないもの、中には赤腐りが入っているものもありました。そういうチェックのためにも定期的な植え替えは大事ですね。日頃は見えない根を見ることで、種類による根の張り方の違いも理解できるので、手間はかかりますが私には植え替えは楽しいものです。根張りのよいものは用土の粒を粉砕するように根を伸ばしていて、なるほどこれでは根詰まりして水はけが悪くなるはずだと一目瞭然に分かります。

a0176140_8553985.jpg

スパケラトス(Turbinicarpus pseudomacrochele ssp.pseudomacrochele var.sphacellatus)。いつも登場するあのスパケラトスです。なかなか立派な根塊を持っています。びっしりとふいた仔も、こんな角度から観察できるのは植え替えの時だけ。外れないように注意しながら根を整理しました。

a0176140_8555082.jpg

抜き上げ・植え替えに欠かせないのが、尖りものの突き刺しに強いホームセンターで見つけたこのゴム手袋。完全に棘を通さないとまではいきませんが、ずいぶんと助かります。

a0176140_856731.jpg

ケーキのデコレーション用の回転台に鉢を載せて用土を入れていきます。楽ちんですよ(w)。シャベルに使っているのは実はアイススコップ。これもホームセンターで見つけました。園芸用のものより深さがあって使いやすいと思います。用土は先日紹介した手動式の加圧噴霧器で湿らせています。

a0176140_8562389.jpg

用土をまんべんなく根に馴染ませるために塗り箸を使っています。実生苗の植え替えにも使う塗り箸です。古びてきましたがこれもとても使いやすい! ただし、あまり突きすぎると根を傷めたり、用土が締まりすぎるので要注意。

a0176140_858589.jpg

a0176140_8581985.jpg

植え替えが終わった姿です。何だか、サボたちから「ああ、さっぱりした」という声が聞こえるような(w)。強光と急乾燥を防ぐためにテッィシュを被せてフレームに戻し、5~7日経って用土が乾いた頃に初めて水やりします。しばらくして新棘が出始めたり膨れ始めると、ホッとするやらうれしいやら。入手してそのままにしていたサボなどは、ここまで来て初めて自分が育てている実感が湧きますね。

他の実生苗たちの中にも、もう植え替えた方がいいものがいくつもあるのですが、10月に入ると多忙でもう身動きが取れません。あまり遅くの植え替えは冬越しに悪影響が出そうなので、秋の成長は諦めて来春まで我慢してもらうしかないようです。


にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-09-30 09:04 | Cactus | Comments(2)
Commented by l-marsh at 2012-10-01 10:41 x
>入手してそのままにしていたサボなどは、ここまで来て初めて自分が育てている実感が

わかりますー!!
そしてサボ達が動き出すと余計に思うんですよね~♪

兜くん激しくパンパン!
すごいいいなーーーーーー!!!
こういうのがすきなんですー!
皆艶々ですね(^^)

それにしてもいろんなグッズをお持ちでw
箸は私もやったことあります。
今では手抜きして苗押さえて鉢ごとトントンやって終わりww

しかしターンテーブルとはすごい!
確かにらくらく作業できるでしょうね。
こういうマメさがないから私の植え方はどうもイマイチ美しくないんでしょうね~(汗
Commented by aihal_polyhedron at 2012-10-02 00:40
マメなアイハルです(ww)。

パンパンは琉璃兜ですね。
ちょっと置き場所の光が強すぎると思いますが、通風も良好なので機嫌は悪くないようです。

>わかりますー!!
>そしてサボ達が動き出すと余計に思うんですよね~♪

でも、中にはだんだんと艶がなくなって萎んでいくものも……。
この二年間でも、お亡くなりになったサボも軽く十指は超えてます(涙)。

道具は大好きですね(w)。
特に、園芸用ではないものをサボに応用出来た時は快感を感じます(ww)。
そんな訳でホムセンは私のワンダーランドなんですよ。

ターンテーブル、お薦めです。
ケーキ作りが趣味の方にすれば憤慨ものかも知れませんが……。

明日から出張なので、今日は夜のベランダで植え替えてました。
涼しいのを通り越して、ちょっと寒いくらいでした。


<< 秋本番の近況です      色々とありました そんな中の花 >>