2012年 10月 29日

あれれ、不思議 牡丹の秋 その2

寒くなりましたね。午前中は冬のような暗い空模様から時々冷たい雨が。陽も低く短くなり、サボたちも休眠モードに入りつつあるようです。そんな中、数少ない花を牡丹類たちが見せてくれています。
しかし、不思議なことに……。

a0176140_23344239.jpg

玉牡丹(Ariocarpus retusus v. frumdosus)。4、5日前に咲き始めた玉牡丹ですが、前回ご紹介した開花直後は混じり気のない真っ白な花姿でした。それが……。
これが今日の様子です。薄ピンクにヘンシーン! 種も仕掛けもない同じ玉牡丹の同じ花なんですが不思議です! 咲き始めの純白の方が、無骨な体とのコントラストが際立つ感じですが、一株で二度美味しいとはこのことでしょうか(w)。

a0176140_233515.jpg

アガベ牡丹(Ariocarpus agavoides)。小さな体を覆い隠すほどの花を咲かすのは何とも健気。ひょろい感じの”葉”というか”茎”というかは、サボという感じのしない代物ですね。

a0176140_2335817.jpg

亀甲牡丹ヒントニー(Ariocarpus fissuratus v. hintonii)。こちらは小さな体にふさわしい可愛い花を咲かせてくれました。見るからに成長の遅そうなサボです。

牡丹類は、陽が短くなると花芽が形成される短日植物とされていますが、これはサボとしてはあまり例がないのでは? 難しいことは分かりませんが、冬を前にして花の少ないこの時期に楽しませてくれる牡丹類は貴重です。来年はもっと楽しめるように、もう少し種類を揃えてみようかな?
先日咲いた黒牡丹ですが、雌蘂が開いてきたので相互に受粉しておきました。種が採れればうれしいなぁ。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-10-29 23:36 | Cactus | Comments(2)
Commented by Shabomaniac! at 2012-11-06 10:40 x
アリオカルプスの花は秋の楽しみですね。私の栽培場でもたくさん咲いているはずですが、見に行けません(涙)。frumdosusは、玉牡丹に照応される名前なのでしょうか。白→桃色に変わっていく花が綺麗です。confususの最初から紫ピンクの花とは違う趣ですね。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-11-06 22:47
>私の栽培場でもたくさん咲いているはずですが、見に行けません(涙)。
これは辛いですね。
私もこのところいささか多忙で、サボをかまってやれませんが、自宅ベランダのフレームなので寸暇を惜しんで顔だけは見ています(w)。

>frumdosusは、玉牡丹に照応される名前なのでしょうか。
どうなのでしょう?
Ariocarpus retusus f.majorとした方が良いのでしょうか?
どちらにしても、この玉牡丹らしきサボは、国内で「生産」されたものなので、色んな血が混じっているのでしょうね。
素性のはっきりした種子で実生するのが一番なのでしょうが、成長の遅さを考えると二の足を踏んでしまいます。


<< やーっと、晴れた!      牡丹の秋 ツルビニの秋 >>