Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 18日

昨冬実生のエリオシケたち

何故か南米サボの中でも、エリオシケ属が気になって、2011年3月に続いて、12年1月にも14種を実生しました。年が明ければ丸一年となりますが、成長の具合はばらつきが大きく、あまり芳しくありません。現状の記録ということでアップします。サーッとスクロールしてください(w)。種名のリンク先は、種子を仕入れたナーサリー・SuccSeedです。

a0176140_22254048.jpg

1.Eriosyce andreana 「アンドレアナ」 FK593
発芽数は少なかったのですが、元気に成長しているようです。
Cactus and Succulent Field Number Queryによれば(以下同じ)、
Locality: Sierra Famatina, La Rioja, Cuesta de Piedra Pintados, Argentina
Altitude: 1830m
SuccSeedの種子リストから消えているのでリンクはありません。

a0176140_22255169.jpg

2.Eriosyce crispa subsp. atroviridis 「アトロウィリディス」 FK105
成長のばらつきが大きいですね。いじけてるのが調子を取り戻せば良いのですが、このままでは生き残りは少数になりそう。
Locality: 22km South of Vallenar, Huasco, Chile
Altitude: 900m

a0176140_2226871.jpg

3.Eriosyce heinrichiana v. setosiflora 「セトシフローラ」 FK23
こちらはどれも芳しくなく、種の特徴が出て来るに至ってません。
Locality: Punta Lengua de Vaca, Chile
Altitude: 10m

a0176140_22261948.jpg

4.Eriosyce limariensis 「リマリエンシス」 FK12
今回はこれが一番調子が良さそう。夏の終わりに植え替えてやれば、なお良かったか?
Locality: Valle de Elcanto, South-West of Ovalle, Socos, Limari, Chile
Altitude: 400m

a0176140_22263643.jpg

5.Eriosyce limariensis 「リマリエンシス」 FK18
4.のフィールドナンバー違い。こちらもばらつきはあるものの、まずまずの成長を見せています。FK12よりも自生地の高度が高いので、夏の暑さが苦手だったのかも知れません。
Locality: Coquimbo, Limari, Ovalle, Rio Molles, Chile
Altitude: 1500m

a0176140_22265223.jpg

6.Eriosyce taltalensis subsp.paucicostata 「パウキコスタータ」 FK108
Locality: East of Paposo, Antofagasta, Chile
これも成績が良い部類でしょうか? 春の植え替えで大躍進を期待したいです。
Altitude: 1300m

以上、6種は旧Pyrrhocactus属。ヒルホ(ピルロ)カクタスグループとでも呼びましょうか。
ここからの8種は旧Thelocephala属。同様にテロセファラグループとしましょうか。

a0176140_22272143.jpg

7.Eriosyce aerocarpa 「アエロカルパ」 RMF299
これは最も発芽率が悪かったものの一つ。ご覧のように、その後の成長もよろしくありません。植え替えで機嫌が直ると良いのですが、逆に消滅のきっかけにもなりそうで怖いですね(w)。
Locality: West of Canto del Agua, Chile
Altitude: 400m
SuccSeedの種子リストから消えているのでリンクはありません。

a0176140_22273394.jpg

8.Eriosyce krausii 「マッレオラータ」 FK773
ドコモだけのような姿がユーモラスですが、こちらも芳しくありません(涙)。
Locality: Chanaral, South of Barquito (km 960), Antofagasta, Chile
Altitude: 90m
SuccSeedの種子リストから消えているのでリンクはありません。

a0176140_22275010.jpg

9.Eriosyce napina 「ナピナ」 FK159 和名:「豹頭」
ゆっくりと成長しているようですが、本当にゆっくりですね(w)。
Locality: 10km South of Freirina, Huasco, Chile
Altitude: 300m

a0176140_2228422.jpg

10.Eriosyce napina 「ナピナ」 FK162 和名:「豹頭」
上のフィールドナンバー違い。こちらの方が全体にしっかりしています。
Locality: 6km South of Freirina, Huasco, Chile
Altitude: 250m

a0176140_22282594.jpg

11.Eriosyce napina v. duripulpa 「デュリプルパ」 RMF277
成球の不思議な雰囲気の片鱗が見えるかな?
Locality: Punta Lobos, Chile

a0176140_2228367.jpg

12.Eriosyce odieri subsp. glabrescens 「グラブレスケンス」 FK53 和名:「黒仏頭」
こちらはまずまずの成長ぶり。発芽当初から分頭してるものがいくつかあります。「ぶんとう」で変換したら「分党」と出ました。時節柄ですかね?(ww)。
Locality: South of Totoral, Copiapo (on coast), Chile
Altitude: 100m

a0176140_2228544.jpg

13.Eriosyce odieri subsp. glabrescens 「グラブレスケンス」 FK815 和名:「黒仏頭」
これも上のフィールドナンバー違い。華やかな花に惹かれて播きましたが、見られるのはまだまだ先のよう。
Locality: South of Carrizal Bajo on hills, Huasco, Chile
Altitude: 125m

a0176140_2229311.jpg

14.Eriosyce tenebrica "fankhauseri" 「ファンクハウセリ」 FK 402
こちらは生存の危機にあるようです。何とか生き残ってくれればと、竹串で根を土に導いておきましたがどうなることやら?
Locality: Elqui, Trapiche, north of town, amongst FK 401, Chile
Altitude: 310m

エリオシケ(Eriosyce)属には、Neoporteria、Pyrrhocactus、Islaya、Chilenia、Horridocactus、Neochilenia、Thelocephala、Rodentiophilaなどが次々と統合され、南米サボの中でも一大ファミリーとなっています。学者さんの研究の成果なのでしょうが、種の違いなのかバリエーションなのかも見分けにくいようで、分類は混乱しているみたいですね。元々の属分けの方が素人には分かり易いと思うのですが……。しかし逆に、これだけの大ファミリー、外見から花まで千差万別あって、どんな姿を見せてくれるか、そういう楽しみ方も出来ると思います。懲りずに、この冬も10種ほど播くつもりでいます(www)。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-11-18 22:42 | サボテン実生 | Comments(3)
Commented by さぼらん at 2012-11-20 18:47 x
生長具合を拝見しますとエリオシケは冬実生が秋の生長にタイミング会うようですね。私も#1.アンドレアナFK593、#2.アトロウイリディスFK61, #7.アエロカルパRMF299を今春実生しました。#1,2は6個程度しか発芽せず、今も小指先ほど小さく、赤紫色でいじけています。1個でも残ればOKと思ってます。
Commented by さぼらん at 2012-11-20 19:39 x
発芽数、間違えました。
#1,7が6個程度で、#2はFK61で発芽率100%近くでした(S社種子)。全て生長の弾みがつかず今一ですが、来春からの生長を期待しています。
Commented by aihal_polyhedron at 2012-11-20 21:30
さぼらんさん

実生歴まだ二年に満たない私などがどうこう言える話ではないのですが……。

初めて播いたエリオシケたちは、昨年3月半ばのことでした。
室内で加温しての実生ですが、我ながら順調に発芽し、二ヶ月後の5月半ばに第一回目の植え替えをし、外のフレームに移しています。
一番早いもので、播種1年3ヶ月余りで開花しました。
おそらく、成長と植え替え、そして外光に当てるタイミング(温度も)がうまくいったのだと思います。

今回の14種は、今年1月始めに室内で実生を始めました。
条件は前年とほぼ同じでしたが、早く播いた割には植え替え時期が遅れて、外光に馴らすのが遅くなり、その後の植え替えが出来なかったため、昨年のものに比べて成長がよろしくないのではと推測しています。

加温しての冬実生は、環境を任意に整えられるので、自然任せの夏実生に比べて有利かなと思います。
しかし、外光への移行など、発芽後の生育感環境を考えると、地域と種類によって、播種する時期を工夫すべきかなと思っています。

そう言いながら、一回には播ききれない種をオーダーしてしてしまいました(w)。
困ったものです。


<< マミラリア、動く      やーっと、晴れた! >>