Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 03日

春遠からじ

時折、雲の切れ間から陽が射す程度で、お天気は相変わらず悪いのですが、日中の気温はプラスにはなるので降ったり溶けたりを繰り返しています。今朝の積雪は3cm程度。毎朝、フレームの雪を払い落とすのがこのところの日課です(w)。
それでもフレームの中では春の兆しが見え始めているようです。

a0176140_11185663.jpg

この精巧殿(Turbinicarpus pseudopectinatus)は去年の夏前にやって来たもの。どうもこのサボ、私とは相性が悪いらしく、一昨年の春に入手した三株は腐るやら干涸らびるやらで、プシスに接いだ一株だけが残っています。そんなわけで去年、寄せ植えを追加しました。七株もあれば半分くらいは生き残ってくれるのではないかと……。
プシス接ぎの方は年末にご紹介したように気の早い花を咲かせていますが、実根のこちらはゴマ粒のような蕾が見えるだけの状態。まあ、これが自然なんでしょう。なかなか膨らまない蕾ですから、咲くのは3月末くらいになるんでしょうか?

a0176140_1119124.jpg

ブカレンシス(Mammillaria bucareliensis)。一昨昨年秋にやって来た時は、5cm余りの可愛らしい苗だったのですが、ブクブクと太って今では15cmを超え、あちこちから仔をふいています。
無加温フレームで断水中ですが、寒さの中でかえって白い綿毛が引き立つようです。この蕾、一日晴れて温度が上がれば直ぐにも咲きそうですが、咲いても地味なので気づかなかったりして(w)。

a0176140_1119341.jpg

朱雲(Melocactus matanzanus)。寒さに強い冬サボのイメージがあるマミラリアとは対照的に、寒さに弱いとされているメロカクタス。自生地のキューバでは雪など見たこともないサボですから加温フレームの中にいますが、もう蕾を出し始めました。
これも一昨昨年の秋にやって来た時にはまだ花座はなかったものの、一昨年の夏にはいつの間にか花座が出来て咲いてくれました。花座は年々大きくなるようですが、花は咲いても5mmあるかなしかのささやかさでまったく目立ちません。

今日から三日間、恒例の家族旅行ですが、今年は母がいないので私が悪猫と二人?で留守番です。お待たせしているサボ種プレゼントをサボ友さんたちに送り、今シーズン第二弾の冬実生の準備をして過ごす三日間といたしましょう。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-01-03 11:22 | Cactus | Comments(9)
Commented by masakato at 2013-01-03 21:56 x
はじめまして。
素晴らしい内容と写真に心惹かれて、ここのところ毎日のように拝見、拝読しております。栽培技術の素晴らしさと情熱に感動しています。
なかなかコメントを書き込む勇気がなかったのですが、年も明けたことですし思い切って入力してみました。

私は同じ日本海側なのですが、もう少し西の鳥取県在住です。雪化粧でいえばこちらも今日から本格的に降り始めました。サボテンハウスは無加温のため、現在は冬型多肉を除いてお休み中です。石川県は姉が学生の頃金沢にいたことと、大学の親友が能登に住んでいることから、なんとなくなじみ深いところです。特に白山連峰を望む国道157号線をよく走ったものです。美しいところですね。

この冬は、こちらでブログで拝見しました実生方法をまねて見たいと思い、現在鋭意作成中です。実生は大好きなので、またいろいろなことを学ばせていただきたいと思いますので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

Commented by さぼらん at 2013-01-03 22:11 x
今年も美しいサボテン写真を楽しみにしております。
普段何気なく見ているサボも、このようにアップすると自然の美しさが良くわかりますね。
Commented by aihal_polyhedron at 2013-01-04 10:57
masakatoさん

ようこそ拙ブログへ、コメントありがとうございました。
いつも同じような内容ばかりのお粗末なものですがご笑覧いただければ幸いです。

鳥取は今年の雪はどうですか?
R157沿いの白山の麓はそれなりの積雪になっているようです。
気まぐれな雪雲にはお互いに悩まされますね(w)。

実生、楽しいですね!
こちらも冬実生第二弾の準備中です。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

さぼらんさん

今までと趣向を変えてアップで撮ってみました。
「神は細部に宿る」という諺、頷ける気がします。
今年はこの路線にちょっと凝ってみようかと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by masakato at 2013-01-05 21:19 x
早々のお返事をありがとうございます。

当地鳥取は、3,4日と雪がぱらつきましたが大雪にはならず、今日はよい天気でしたのでずいぶんと消えてなくなりました。
白山周辺にはまた出かけてみたいものです!

実生はずいぶん昔から好きですが、下手の横好きですのでなかなかうまくいきません。それでもチャレンジし続けているところです。サボテン類の実生よりも、アイリスという花の交配実生を古くから手掛けておりましたので、その流れで現在ではいろいろな植物の実生を手掛けています。
いずれの場合も海外からの苗や種子の輸入をはじめることにより視野が広がり、興味を一段と深くなりました。奥が深くて楽しいですよね。

今日はお休みでしたので、懸案の冬実生にようやく取り掛かりました。仕掛けは前日までに整えておいたので、今日は種まきです。チェコから以前に取り寄せていたギムノ等の産地DB付き種子をせっせと播種しました。結局、透明タッパー2つに各10粒を60種類播種したでしょうか。自家産の種子もいくつか播いています。

さてさて、初めての冬播き、吉と出るか凶と出るか、またご報告しますね!
Commented by aihal_polyhedron at 2013-01-05 22:59
masakatoさん

こんばんは。
こちらこそコメントありがとうございます。

色んなものの実生を手がけておられるんですね。
私は今のところサボ一筋です(w)。

60種ですか、楽しみですね。
昨夏、ドイツから取り寄せて蒔いたギムノは発芽率の悪いものが多く、この春に再挑戦しようかと思っています。
でも、冬実生分の種がまだたくさん残っているので、そちらを蒔くのが先ですね(ww)。

masakatoさんの冬蒔き、是非経過をお知らせください。
ブログなどお開きならばお教えいただけると幸いです。
どうぞよろしく!
Commented by Shabomaniac! at 2013-01-06 17:07 x
関東は雪こそほとんど降らないですが、今年も冷え込みは厳しいです。出来る範囲で防寒強化して、あとは植物のがんばりに託すのみ。私のrところでもメロ・マダンは新刺出しています。不思議ですよね。
Commented by aihal_polyhedron at 2013-01-07 11:15
Shabomaniac!さん

大寒に向かうこの時期、ほんとうに最後は植物の頑張りに縋るばかりですね。
マタンザナス、最初は結実かと思いましたが、濃い紅色からしても蕾のようです。
去年は五月連休頃に初開花したと思うのですがどうしたんでしょう?
同じフレームのディスコで顔色が悪くなったものがいて心配です。
Commented by さぼちゃんだいすき at 2013-01-09 09:01 x
タネ届きました!
ありがとうございます。まだ寒い日が続きますが、ご自愛ください。
Commented by aihal_polyhedron at 2013-01-10 08:42
さぼちゃんだいすきさん

どういたしまして。
今年はグロボーサをもう一つ二つ結実させてみます。


<< 顔色の悪い四兄弟、そして……(...      雪のお正月 >>