Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 17日

エビ花、見おさめ(13/6/17)

先週半ばまで、約半月間、留守にしていました。例年この時期に出張なのですが、今年は週末も一度も帰ることもなく、サボたちを案じながらの京都住まい。
その間、フレームの蓋は空かしっぱなしで、世話は次男坊に頼んだので、大きなダメージはなかったのですが、帰って先ずやったのは、留守中に咲いてしまった花殻の始末でした(w)。初めて咲いたものや、爆開したものなど、見ることなく終わった花殻はトレイ一杯になるほどでした。
それでも、お久しぶりに、行きますよー!

a0176140_2355674.jpg

大仏殿(Echinocereus luteus)が威勢良く群開です! エビ花としては、うちでは今年の見おさめとなります。

a0176140_23552119.jpg

去年までは、3、4輪でしたが、今年は7輪が同時開花。球体をグルッと取り囲んで咲く様に、思わず、天晴れ! でもけっこう日焼けしているでしょ(w)。

a0176140_23552781.jpg

雲の多い天気だったのですが、青空に映える花姿を収めることができました。

a0176140_23554979.jpg

こういうアングルで簡単に撮れるのはデジカメの利点ですね。蕾と実を護るために棘で武装しています。

a0176140_23555679.jpg

ほんのりと甘い香りが漂うようですが、鼻詰まりでよく分かりません(w)。

a0176140_23561190.jpg

緑の雌蘂はエビのシンボル。

a0176140_23562012.jpg

こちらは太陽(Echinocereus rigidissimus)。最後の花になります。変種の紫太陽(Echinocereus rigidissimus v. rubispinus)も、今年はたくさん花を着けたのですが、帰って来て見られたのは縮こまった花殻だけ(w)。

a0176140_23564515.jpg

こちらも空に抜いて撮ってみました。萎れかけですが、それが何となく味があるような……。

a0176140_23565759.jpg

留守中、大過なく過ごせたかなと思ったのですが、実は異変が。昨年播いたギムノカリキウムの実生苗が棘だけ残して消滅しています。

a0176140_23571447.jpg

恩塚ランポーの実生苗も干からびて……。

a0176140_23572278.jpg

ポラスキー(Turbinicarpus polaskii SB269)に至っては、どう見ても食害された痕跡が。よくよく見るといました。ヨトウガの幼虫のようです。あまりにグロイので写真は公開不可。オルトラン水和剤と誘殺剤デナポンで退治することにしました。


にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-06-17 23:58 | Cactus


<< 実生エリオシケ、開花状況 Vo...      プシス二番手、大噴火!(13/... >>