2013年 06月 30日

プシス系、そろそろ見納め(13/6/30)

5月半ばから咲き出したプシスたちも、そろそろ見納めとなるようです。つごう6種類のご紹介となりますが、この中でちゃんと名前が分かっているのは金盛丸だけ。後は交配によって創り出されたものだと思います。

a0176140_2143403.jpg

先ずは4種そろい踏み。手前左は黄花短毛丸、右のピンクが濃いものも形状はまったくの短毛丸のよう。奥の左は家に古くからある名称不明プシス。カキ仔でどんどん殖えますが、当然のこと同じ形で同じ花を咲かせます(w)。奥右が金盛丸(Echinopsis calochlora)。ボコボコに仔ぶきして親が見えなくなっています(ww)。

a0176140_21444060.jpg

サボ友さんからいただいた短毛丸です。黄花ではなく、けっこう濃いめのピンク花を咲かせました。

a0176140_2146111.jpg

金盛丸はほぼ純白のちょっとか弱そうな花。仔ふきに力を注いでいるのか、他のプシスに比べて花は少なめです。

a0176140_21472412.jpg

信州の園からやって来た黄花短毛丸。けっこう濃いめの黄色です。こちらも根元はグルッと仔に取り囲まれています。

a0176140_21464150.jpg

エレガンスピンクという名の園芸種。おそらくソエレンプシスと思います。他にゴージャスピンク、ハツミイエローというのも二年前から居るのですが、初開花した今年、まともに花が見られたのはこの一つのみ。後は留守中に開花してしまいました(涙)。これらは冬の間、ある程度の寒さにあわないと花芽が着かないようです。去年は温かく過ごさせすぎたようで不発でした。

a0176140_21474926.jpg

これも昔から家にある不明プシスです。うちのプシスの中では開花時期が一番遅く、今盛んに群開しています。

a0176140_2147559.jpg

球体は何とも芸のない姿ですが、この花色は魅力的。

a0176140_2148473.jpg

青空に抜いて撮ってみました。

a0176140_21472681.jpg

寄ってみると花びらのグラデュエーションがなかなかに微妙です。

a0176140_21482776.jpg

自然には仔ぶきしないようですが、頭を刎ねた株からは頻りに仔ぶきするのでどんどん殖えます。

a0176140_21474441.jpg

5月末のプシス大噴火!の後に切り取った花たちです。あの時はあまり見事に群開したので、ベランダから玄関に移してしばらく飾って置きました。ベランダフレームでは夜咲いて昼過ぎには萎んでしまいますが、日の当たらない玄関では次の日でも、そこそこ見られる姿を保っていましたよ。


黄花と濃いめピンクの短毛丸を、この不明プシスと交配してみたところ、子房がかなり膨らんで来ています。さてどんな花が咲くのやら、ちょっぴり楽しみです(w)。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-06-30 21:49 | Cactus | Comments(0)


<< 初開花したサボたち(13/7/3)      ウチワ・マジック(13/6/29) >>