2013年 08月 06日

ツルビニ、満開!(13/8/6)

いやー、暑いですね! 梅雨明け以来けっこう毎日天気が不安定で湿気も多く過ごしにくい。そんな中、今日はツルビニたちが見事な花を見せてくれました。

a0176140_2232247.jpg

Turbinicarpus pseudomacrochele ssp.pseudomacrochele var.sphacellatus。長ったらしい学名のスパケラトス。左上のものを3年前の秋に奈良の園から入手しました。それに着いていた結実を実生したのが手前の5株と右上の1株。右上のものは実生後半年でプシス接ぎをしています。

a0176140_22321028.jpg

これが奈良の園から来た元のスパケラトス。春先の植え替え後、今年は調子が今ひとつという感じでしたが、暑い盛りを迎えご覧のように爆開です。

a0176140_22321849.jpg

花色は実生に比べて薄く、咲く時によりますが、これよりも白に近い花となることも。

a0176140_22322514.jpg

こちらはプシス接ぎの実生です。プシスパワーの威力でぐるりとふいた仔に囲まれ、実生から丸3年弱なのに老成してきた感さえあります。

a0176140_22323526.jpg

横から見ると接いであるのがよく分かると思います。

a0176140_22324374.jpg

花はけっっこうピンクがかっています。

a0176140_22324935.jpg

こちらは実根のままのもの。遅々としたものですが、こちらもそれなりに育って来ました。6月末に植え替えましたが、どうやら問題なく根付いてくれたようです。

a0176140_2232562.jpg

花色はこれが一番濃くて、ピンクの筋が花びらに入ります。何か他のツルビニ、精巧殿あたりと交配しているのかも知れません。

a0176140_2233514.jpg

こちらは単幹の三種、左上から右回りで、Turbinicarpus polaskii SB269、Turbinicarpus flaviflorus、Turbinicarpus dickisoniaeです。三つの内、うちで一番多花性なのは手前のdickisoniaeでしょうか?

a0176140_22331238.jpg

flaviflorusはいつまで経っても根元がふらつくようで頼りないのですが、思い出したように黄花を見せてくれます。

a0176140_22332052.jpg

polaskiiは去年の夏以降、くびれが出来て肌色も悪くなり心配していました。今年になってもほとんど膨らまず、くびれも残ったままですが、肌色は見違えるほど良くなり、何度か花を着けてくれています。球体がそれなり大きいせいか、咲く時はこんな風に群開してくれるのもうれしい。

a0176140_22332931.jpg

dickisoniae。こちらは直径4cm足らずなのですが思いがけず多花性で、春からこれまで何度もこんな風に楽しませてくれています。自家結実を去年の1月に播いたものは成長は遅いのですが、消滅することもなく育っています。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-08-06 22:36 | Cactus | Comments(3)
Commented by さく at 2013-08-07 22:30 x
相変わらず咲きまくってますね。ツルビニ
私の中でツルビニ=多花性の図式が出来上がりつつあります。
私のところも年中花を見たくて、ディッキソニアエやヤウエルニギーを結構蒔きました。
成熟が早いのもいいですね。
Commented by Shabomaniac! at 2013-08-11 14:23 x
ツルビニ=早春の花、というイメージを持っていましたが、盛夏にも満開になるのですね。うちでは暑すぎるせいか、あまり咲いてくれませんが、一年に何度も咲いてくれると嬉しいですね。なかでは、スパケラタスの微妙な色合いの花が綺麗だと思いました。
Commented by aihal_polyhedron at 2013-08-15 19:35
♪ 言いたくはないですが暑いですね!

さくさん
そうですね。ツルビニは体も花も小さいけれど、咲く時は一気にバンと咲くようです。
この時は、スパケラトス(スパケラタス?)は別のフレームに居るものも同時に咲いたので、人間には分からない感応道交手段を持っているのかも?
ツルビニでは昇竜の種が少し採れました。
よろしければ他種のものと併せメールでお知らせしましょう。

Shabomaniac!さん
そうですね。スパケラタスなど春先から秋まで何度も繰り返し咲いてくれます。
この小さな体のどこにそんなエネルギーがあるのか感心することしきり。
かと思えば、ハウエルニギーや精巧殿などは完全に夏季休暇中。
同じ属でも色々あるんですね。


<< 耐え難きを耐え(13/8/14)      コリファンタの季節到来!(13... >>