2013年 08月 14日

耐え難きを耐え(13/8/14)

いよいよお盆を迎えました。帰省されている方が多いのでしょうが、大渋滞やぎゅうぎゅう詰めの電車、お疲れ様です。田舎住まいの私は年中帰省なので、そういう苦労は味わったことがありません。
一昨日は高知で最高気温の日本記録が更新されたそうですね。そこまでは行きませんが、こちらも連日35度に迫る気温が続いています。でも、今朝などは20度前半まで気温が下がり、暑さのピークが見え始めた感じもします。
今朝のベランダフレームの様子です。耐え難い猛暑をじっと耐えているサボが多いのですが、それでも実生幼苗を筆頭に旺盛な成長を見せるものもあり、サボのしたたかさを改めて感じています。ただ、このまま彼岸まで暑さが続くと、イエローカードの蓄積で秋口に逝ってしまうものも出るのかも。

a0176140_21312437.jpg

これは次のフレームと同時期に去年作成した一番新しいフレームです。他の4つのフレームも同様ですが、冬の間は無加温・弱加温(最低5℃)・加温(最低10℃)に分けて、サボたちを収容していましたが、春の植え替え以降は、空いているところに入れるという自転車操業となっております(w)。

a0176140_21313375.jpg

実生の二年半を越えた金冠竜(Ferocactus chrysacanthus)は盛夏の今も成長を続け、銀冠玉(Lophophora williamsii var. decipiens)は次々と花を咲かせています。先月植え替えたコリファンタやエキノケレウスの実生苗も根付いてくれたよう。

a0176140_21314443.jpg

こちらは最初のフレームと一緒に作ったもの。この冬の実生苗やキリンウチワへの接ぎものも居ます。寒冷紗のかかった区画は、赤っぽくなりがちな実生幼苗や接いだばかりのものを収容しています。

a0176140_21315221.jpg

こちらは一番古いフレーム。雨漏りが始まり、梅雨明け直前の豪雨では中に水が溜まってしまいました。蓋を作り直さないといけないようです。こちらもご多分に漏れずごちゃ混ぜ状態ですが、ディスコやメロなどの南米ものが暑さに耐えて元気です。

a0176140_2132117.jpg

こちらは前面・側面からも日差しが入る一番明るいフレーム。背面を空かせられるので温度の上昇は一番抑えられるのですが、それでも最高温度が40℃を越えます。盛夏のこの時期に元気はつらつとなるコリファンタは膨れ上がって、蕾を立ち上げてきました。それにひきかえ、実生の綾波は夏休みを取っているようです。遮光下にあるのは次のフレームから避難させたエリオシケたち。

a0176140_2132821.jpg

こちらは実生苗中心のフレームです。実生から二年半が経過し、一種を除き開花球となったエリオシケ軍団です。梅雨の終わりに二株が根腐れを起こしお亡くなりに。このフレームも雨仕舞いを良くしないといけません。

a0176140_21321536.jpg

同じフレーム内に居る昨冬実生のエリオシケたちです。この時は、napinaやodieriなどの小型種を中心に播きましたが、これは成長が遅いですね。それでもこの暑さにもめげずゆっくりと育っているので一安心。taltalensisなどPyrrhocactus系のものはかなり混み合って、近々植え替える方が良さそうです。

a0176140_21322482.jpg

一番最初に紹介したフレームで大豪丸(Echinopsis subdenudata)が今朝咲いていました。5月の半ば過ぎに開花して以来、機嫌良く何度も咲いてくれます。春の植え替え時にマグアンプを多めに仕込んだのが良かったのかも。ただ、梅雨時にコナカイガラムシに一時たかられましたが、どうやら駆除に成功したようです。

a0176140_21323116.jpg

最後にちょっと不気味な姿を。鷲爪玉(Gymnocalycium onycacanthum)です。去年の早春に入手したのですが、今年の1月にはこんな姿に。もうダメだろうと諦めていたのですが、ここへ来て堅い殻を破ったように成長を始め、肌色も緑色に変わってきました。どっちの肌色が本当なんでしょう?

a0176140_2132398.jpg

そして花まで咲かせてくれました。ただ去年咲いた感じとはずいぶん違うような。

a0176140_21324642.jpg

いわゆる南米病を患ったのか、春の植え替え以降も成長点がまったく動かず、水を吸うようすもなかったのですが、どうやら復活してくれたようです。時々ハイポネックスを与えていたのが良かったのかも知れません。でも、新棘は出て来たのですが、蕾は成長点からかなり離れて上がっています。みにくい瘡蓋が目立たなくなるには三年くらいはかかりそう。

「暑い、暑い」と言っても涼しくはならないので、開き直ってこのところ日中クーラーなしでどれくらい耐えられるか試しています。サボの置いてあるベランダに面した居室は、東南向けなのでベランダからの熱気がまともに襲ってくるのですが、サーキュレータの風があれば何とか耐えられることが分かりました。今は全開の窓からけっこう涼しい風が入ります。日中は暑くとも最低気温が20℃ほどになれば、サボも人も一息つけそう。あと一息でしょうか?

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-08-14 21:38 | Cactus | Comments(2)
Commented by さぼらん at 2013-08-15 22:45 x
まだ当分、フレームのサボ達も茹で上がってしまいそうな暑い日が続きそうですね。 それも元気なものもある一方昇天しそうなものなど混在して、水やりや日照、通風等の管理、戸惑っています。
 ところで以下の私のフレームの雨水対策、参考になれば幸いです。 上蓋との隙間から伝わる水の対処として、私は細長い濃ビを上蓋に両面テープで貼っりつけ、隙間を覆うように垂らしています。 簡便ですが意外に丈夫です。
Commented by aihal_polyhedron at 2013-08-16 09:04
♪ さぼらんさん
こちらでは梅雨の終わりに降った雨が記録的な豪雨でした。
折悪しく外出中で蓋を閉じられず、吹き込んだ雨で一つのフレームは水浸しに(涙)。
農ビでの雨仕舞い、参考にさせていただきます。
ただそうすると、通風が悪くなりませんか?
私は夏場、よほどの豪雨でない限り、昼夜天候にかかわらず蓋を空かし放しにしています。
そうしておかないと、それこそサボが茹で上がってしまいますので。
これほどの酷暑だと、小型フレームでの栽培は辛いですね。
廃統合して容積を増やすことを考えていますが、暑すぎて頭が働きません(ww)。


<< お盆を境に(13/8/15)      ツルビニ、満開!(13/8/6) >>