2013年 08月 15日

お盆を境に(13/8/15)

何だかんだ言ってもお盆が過ぎるとやがて秋。私たち子どもを連れて海水浴に行くのが好きだった亡き父も、「お盆の後は土用波が立つしクラゲも出る」と言って、海行きを封印したものです。
少し前の写真ですが、瑞昌玉(Gymnocalycium quehlianum 'curvispinum')が咲きました。

a0176140_23404044.jpg

この瑞昌玉はサボ友さんからいただきました。くすんだ紫肌にインベーダーゲームのシンボルのような可愛い棘を愛でてきましたが、なかなか動く気配もなくヤキモキしていたというのが本音です。こんなに暑いのは苦手と思うのですが、酷暑の候になって肌色も変わり、蕾を上げて開花しました。

a0176140_23405514.jpg

ひっそりとした花ですが、棘々ギムノにも惹かれますが、こういう控えめ系もいいですね。育て方のコツが今ひとつ分かりませんが、思ったより強光・高温にも強いよう。

a0176140_2341897.jpg

こちらは瑞昌玉と同じフレームで隣り合わせているラゴネシー(Gymnocalycium ragonesii)。球体は年がら年中、ほぼ変化が見られません(w)。

a0176140_23412629.jpg

国防色というか、渋い肌色です(ww)。

a0176140_23413560.jpg

花は純白に近い中心部に、外側の球体色に近いコントラストがこれまた渋い! 目立ちませんが、じっくり見るとなかなか味わい深いサボです。

a0176140_23414887.jpg

まだまだ夏の盛りという高温が続いていますが、道すがら田んぼを見ると、穂を垂らして色づき始めたところがあります。日差しが傾いて行くこれから、夕日の中に黄金色に輝いてくれることでしょう。秋はかなり近くまで来ています。残暑お見舞い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-08-15 23:43 | Cactus | Comments(0)


<< スルコ & レブチア 実生幼苗...      耐え難きを耐え(13/8/14) >>