Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 30日

暖かいを通り越して(14/3/29)

昨日はベランダでの植え込み作業で大汗をかくほど、暖かいを通り越して暑さすら感ずる日でした。サボフレームの中もぐーんと賑やかになって来ています。

a0176140_22495637.jpg

テロカクタスの太白丸(Thelocactus macdowelii)が開花しました。純白の白棘にピンクの花が冴えます。冬の間中、断水して一番寒いビニールトンネルにいて、まだ縮こまった姿にも関わらず花を咲かせています。ただ、ビニールトンネルでの冷え込みが応えたのか、開花は去年より20日ほど遅れました。

a0176140_2250580.jpg

勝手に三つに分頭した銀翁玉(Eriosyce senilis)の蕾も開花間近になっています。これも二番目に寒い無加温のフレームに置いていたので、例年より開花が遅れているようです。三つの頭が同時に開花するとうれしいのですが、日当たりや温度の関係で難しいようです。

a0176140_22501761.jpg

サボ友さんからいただいたマツカナのインターテクスタ(Matucana intertexta)がにょっきりと開花です。去年は6月半ば過ぎに咲いていたはずなので、今年はずいぶんと早い開花です。土中最低温度10℃に加温したフレームに置いていたせいでしょうか?

a0176140_22502741.jpg

小さな実生マミラリアが初開花です。アルバ・ヴェンチュラ(Mammillaria aureilanata v alba Ventura)と呼べば良いのでしょうかね? ポワポワした綿のようにやさしい棘が特徴で、あまり大きくはならないマミのようですが、こんなに小さいうちから花を着けるんですね。驚きました。

a0176140_22503723.jpg

一昨年だったと思いますが、頭を刎ねた月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)昨日の姿です。激しく仔ふきし、とっくの昔に元の球体がまったく見えない姿になりました。どうも、うちにあるこの個体、仔ふき旺盛なたちらしく、刎ねた頭の方も仔ふきを始めています。


エキノフォスロカクタスたちも咲きそろいました。

a0176140_22504716.jpg

五棘玉(Echinofossulocactus pentacanthus)。

a0176140_22505685.jpg

縮玉(Echinofossulocactus zacatecasensis)。

a0176140_2251793.jpg

千波万波(Echinofossulocactus multicostatus f.elegans)。

さて、明後日からいよいよ4月。まだ半分眠っているサボたちもすべて目覚める季節がやって来ます。植え替えは遅々として進みませんが、焼かないように気をつけて見守っていきたいと思います。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-03-30 22:53 | Cactus


<< 花冷えにしては寒すぎる(14/...      春は来たりぬ(14/3/24) >>