2014年 04月 15日

春、真っ盛り(14/4/15)

桜のピークも過ぎて、春、真っ盛りとなりました。ネジラミ退治に手を取られ、ただでさえ遅れていた春の植え替えは出来ず仕舞いとなったものがたくさんあります(涙)。
そんな植え替えまだのサボたちも、春の陽気に誘われて次々と花を見せてくれています。心の中で「ゴメン」と謝りながら撮りました(w)。

a0176140_6541846.jpg

二年前にサボ友さんからいただいたカンディアナ(Sulcorebutia candiae)、微妙の色合いのオレンジ花が魅力です。
スルコレブチアはレブチアに統合されてしまったのでしょうか? "The New Cactus Lexicon"のペーパーバック版にはスルコレブチアの項がありません。

a0176140_6542941.jpg

まだまだ蕾がたくさん上がって来ているので、しばらくは楽しめそう。
スルコもスルコなしのレブチアも花色のバリエーションも多く、微妙な色合いの花を楽しもうと実生もしましたが、それらの開花はまだ先となりそう。

a0176140_6544547.jpg

うちのフレームでの蝦サボ開花第一号は今年もこの宇宙殿(Echinocereus knippelianus)。断水と厳しい寒さでまだ縮こまった姿ですが、蕾の数は半端じゃありません。一度に開くと押し合いへし合いで大変なことになりそう(w)。花後には植え替えてあげるからね。

a0176140_6545493.jpg

ペレキフォラ属の精巧殿(Pelecyphora aselliformis)は、花というよりも群生する姿を愛でるサボなんでしょうね。花はご覧のようにありふれたもの(ゴメン)。
大阪の園から二年前にやってきて、鉢いっぱいに膨れ上がりました。主幹の周りの小さな仔たちが今年はどれくらい大きくなってくれるか楽しみです。

a0176140_655446.jpg

実生して三年余りとなるこのすみれ丸(Notocactus uebelmannianus)は、10cm余りに膨れ上がり、去年の春に蕾を上げたものの、桜の時期の高温で拗れてしまい、とうとう咲かず仕舞いでした。

a0176140_6551730.jpg

アップにしてみました。花びらも細く小さめの花ですね。本当にすみれ丸なんでしょうか? Web上で拝見するすみれ丸は、あまりにど派手な花が多くて、「これで何ですみれ?」と思うのですが、こちらの方が肥満した球体のふてぶてしさは別として、すみれらしいかも知れませんね(w)。一緒に実生した残りのものとは球体の姿もかなり違います。個体差なのか、別種なのか?

a0176140_6554021.jpg

ギムノの中ではいの一番に咲く羅星丸(Gymnocalycium bruchii)が今年も開花してくれました。去年の春は抜き上げるのが遅かったのか、根の乾燥中に蕾が上がって来て、一年中、あまりご機嫌が良くありませんでした。
ご覧のように球体が萎んだ感じで回復にはほど遠い姿ですが、律儀に花を咲かせてくれています。ネジラミに取り憑かれているのかもしれません。花後に抜き上げるまで、ダイシストンでネジラミ退治しておきます。

a0176140_6555733.jpg

三頭に分頭した銀翁玉(Eriosyce senilis)は、やはり三頭同時開花とはなりませんでした。

a0176140_656539.jpg

でも、一番寒い無加温フレームでの冬越し、一年半近く植え替えもされていないにしては立派すぎる花を見せてくれました。

a0176140_6561788.jpg

来年は小まめに鉢回しして、同時開花といきましょう。

a0176140_656289.jpg

ここからは地味目のサボ。このダシアカンサ(Escobaria dasyacantha SB968)は実生から二年目の昨春に初開花しました。水やりを厳しくしてきたせいか、けっこう扁平に育っています。

a0176140_6563717.jpg

ガラス状の棘に地味目の花。目立ちませんが気に入っています。

a0176140_6565350.jpg

同じくエスコバリアのミズーリエンシス(E.missouriensis SB205)も冬の間ペシャンコに縮んでいた身体を膨らませ開花を始めています。

a0176140_657589.jpg

近寄ってみても、ご覧の通り地味な花でしょ(w)。しかし、この種類、自生地によっては-25℃の寒さにも耐えるものがあるとか。大変な御苦労があるのに、それを誇らないこの奥ゆかしさが素敵(w)。

a0176140_6571445.jpg

さて最後は紫宝玉(Sclerocactus unguispinus 'durangensis v. mapimiensis')。後わずかで実生から丸三年となるこの春、初めて花を咲かせてくれました。
しかし、これも実に地味目な花ですね(w)。二日前から開きかけているのですが、なかなか完全に開き切りません。
左奥のもう一つにも蕾が上がって来ているのですが、同時には咲きそうにないので種は無理でしょうか?

昨日一昨日で抜き上げてあったものだけは何とか植え込むことが出来ました。ネジラミ被害にあったもののうち、小さな実生苗は回復不能のものも出るでしょう。出てから退治するのでなく、次の冬前にはしっかり予防をしておかないと……。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-04-15 07:04 | Cactus | Comments(4)
Commented by ぽぽ at 2014-04-15 09:41 x
おはようございます。
サボテンは姿だけでも美しいですが、やっぱり花はいいですね(´∀`)私は、今年は小型で花の綺麗なサボテンをと思いスルコレブチアやレブチアの種を買い求めました。カンディアナも入っていたと思います。

宇宙殿、すごい数のつぼみですね!うちではせいぜい5~6個なのでびっくりです!
Commented by aihal_polyhedron at 2014-04-16 09:08
♪ 春先の画像はサボ花ばかりになってしまいます(w)。
スルコとレブチアは私も一昨年播きましたが、なかなか大きく育ちません。
もともと小型種ということなのでしょうが、今年くらい咲いてくれないかなと思いますが、どうも来年以降になるようです。

はい、宇宙殿、爆開が楽しみです(ww)。
Commented by Shabomaniac! at 2014-04-16 22:44 x
スミレ丸の花と球体、面白いですね。国内でふつう流通するものはもっと稜が低く花弁も幅広。こうしたコロニーが野生にあるのか、それとも別種の血が混じっているのか。去年野生オリジン種子ということで蒔いたスミレ丸もまだ小さいですが、顔が園芸花ものとは違う感じです。

下スレッドのネジラミ・・・たしかに怖いですね。難物サボなどはとりつかえれると致命傷になります。ダイジストンが販売停止になったので、予防が難しくなりますね。私は年一度アクテリックを予防的に灌注しています。これも濃度薄目にしないと薬害出ることがあります。

北米難物の植え替え、ダメージ最小にするなら、根をなるべくそのまま、成長期前の2月までに植え替えています。根を着るときは、成長期終了後の夏にやっていますね。でも、植え替えで調子崩すこと多いので、なるべく避けています。

Commented by aihal_polyhedron at 2014-04-18 09:35
♪ Shabomaniac!さん

このすみれ丸の種子はオークションで入手したものなので、どういう素性のものなのかは不明です。何と同ロットの別株はどうやら黄花。こちらの方は姿形はすみれ丸のように見えるのですが……。図鑑で見てもノトカクタスには(今はパロディアですか?)良く似たものがたくさんあるので分かりづらいですね。やはりShabomaniac!さんのようにフィールドナンバー付きの種を播くのが良さそうですね。

アクリテックの灌注ですか。今のところは最終ロットと思われるダイジストンのストックで凌ごうと思います。

ご教示ありがとうございます。難物の植え替えはやはり成長期前ですか。去年の夏に自然に間引きされていて、難物たちの鉢はガラガラなので、慌てて植え替える必要はなさそうです(w)。


<< 花・花・花、そしてネジラミ考(...      花冷えにしては寒すぎる(14/... >>