2014年 05月 13日

派手、地味、微妙……(14/5/13)

今日は暑かったですね。昼過ぎまで京都に居ましたが、上着を着て外を歩くと汗が噴き出すほどでした。
今を盛りのサボ花たち、その見かけは様々です(w)。

a0176140_23255694.jpg

紅鷹(Thelocactus heterochromus)です。このメタリックなピンクは何とも目立ちます。

a0176140_2326656.jpg

SF映画に出て来る未知の星雲という感じでしょうか? トラクタービームで雄蘂の中に吸い込まれそう(w)。

a0176140_23261640.jpg

ベルクマニイ(Echinocereus fitchi v berckmanii)。短い白棘に守られた球体は一見、上に伸びすぎたマミラリアのよう。でも、その花はご覧のようにエビ花です。緑がかった雄蘂はアンテナか吸盤のよう。

a0176140_23262743.jpg

一つ咲いたなと思ったら、数日後にはほぼすべてが爆開!した薫光殿(Mammillaria guelzowiana)。眩しいほどのピンクです。

a0176140_23264030.jpg

早春から咲き続けている月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)。これは頭を刎ねた群生株ですが、自家受粉した種子から実生したものもグングンと肥大して頭頂に花冠を着けています。この系統、頭を刎ねなくても群生するようですが、刎ねた方が形良く群生する感じですね。

a0176140_23265513.jpg

北極丸(Escobaria vivipara)。これを派手というのは、どうかと思われるかも知れませんね。でも、地味花揃いのエスコバリアの中では出色の派手さと思います。

a0176140_2327119.jpg

打って変わって、この地味さは何なんでしょう(w)。明日香姫(Mammillaria vetula ssp. gracilis cv. ARIZONA SNOWCAP)。スノー・キャップという名にふさわしい純白の棘座の間から咲く花の奥ゆかしいこと(w)。

a0176140_23272385.jpg

初夏から夏咲きのエリオシケたちも開花を始めています。かち栗のようなオディエリ(odieri v. monte-amargensis FK522)も開花時期を迎えました。

a0176140_23273323.jpg

かなり微妙で、何色と言い当てられない花色です(w)。

a0176140_23274463.jpg

もっと微妙なのがこちら。濃赤花兜(Astrophytum asterias?)と言うことですが、濃赤かどうかは別にして、微妙すぎますこの花びらは。天女の羽衣もかくありか?という妖しさです(w)。

今年はどういうわけか日中の風が強いですね。ようやく昨日、すべてのフレームに遮光を施しましたが、去年までなら、これまでに日焼け被害が出そうなものですが、今年は強風で空気が動くことに助けられているようです。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-05-13 23:29 | Cactus | Comments(0)


<< 性懲りもなく(14/5/20)      ギムノたち、そして……(14/... >>