Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 20日

性懲りもなく(14/5/20)

私のベランダ・サボ栽培環境は、畳一枚分ほどのフレームが5つと同じ広さのビニールトンネルが1つ。サボが増える度に無節操に増設して来ましたが、増える主たる原因は実生です(w)。この一年、成球で入手したものは数えるほど。植え替えする度に二倍三倍の面積を要する実生苗に一喜一憂しています(ww)。

a0176140_0212014.jpg

にもかかわらず、性懲りもなく新しい種子がドイツから届きました。もちろん勝手に届いたのではなく、私がオーダーを入れたからです。
今回は初めてKakteen-Piltzからの便ですが、ご夫婦でやっておられるらしいこのナーサリーに半月ほど前に30種をオーダーし、全種が本日届きました。何種かは品切れと思って注文したのですが、全種届いたので播く余地をどうしたものか……。

a0176140_0213058.jpg

でも、こういう姿を見せられると何があっても播かずにはおられないんですよね(w)。
これは2012年末に播いた Sulcorebutia tuberculata chrysantha 。自分の身体より大きいというか、この小ささで一人前に咲くというのには恐れ入ります(w)。

a0176140_0214155.jpg

こちらも同じ Sulcorebutia tuberculata chrysantha ということで播いているのですが……。色んなものが出るということも実生の魅力です。おおらかに受け入れましょう(w)。

a0176140_0215394.jpg

同じくスルコのS.crispata。この時は10種のスルコレブチアを播きましたが、発芽皆無のものもあって生き残りは8種。どれも球体は似たり寄ったりの顔をしていますが、この後、仔ふきしたりしていけば様相が変わっていくのでしょうか?

a0176140_022470.jpg

薫光殿(Mammillaria guelzowiana SB465)。2012年の6月末に播いていますから、二年弱での開花はサボとしては早い方と言えるでしょうか? 球体は優しそうに見えますが、この鈎棘はけっこう厄介。素手で掴むとあちこち引っかかって難儀します(w)。

a0176140_0221560.jpg

黒羅漢(Eriosyce esmeraldana FK436)。
自分で播いた頼りない実生苗に、プッチッと蕾が兆して、おおおと思う間に初開花してくれるのは何よりうれしいことです。そして、その苗が段々と大人になって、次の年にも花開いてくれるのを見るともう止められません。こうやって私は実生沼に沈んで行きました(hhh)。

今年3月に室内で播いた北米難物たちも今日、遮光強めのベランダフレームへ移しました。自然に間引きされていくのを見守ることになりそうです。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-05-20 00:23 | サボテン実生 | Comments(6)
Commented by rie at 2014-05-20 21:10 x
スルコレブチアの花色、やはり綺麗ですね。家にあるのはラウシーですが、なかなか花芽を着けてくれません。。。
→いっそ実生した方が。。。?の誘惑に負けて実生に嵌ってしまったというのが自分のパターンです。

あれからすみれ丸、花芽が大きくなる気配がありません。
植替え時にいじけてしまったのかもしれません。残念ー。ー

多花玉×緋花玉は元気に新刺を伸ばしています。8つあると
それぞれに刺に特徴がありますね。来年再来年の開花を期待してます♪
Commented by Shabomaniac! at 2014-05-20 22:50 x
ピルツの種といえば、レブチア、スルコ、ギムノ・・・南米サボテンでしょうか。ここの種はよく生えますが、袋に番号しか書いてないので、照合するとき苦労しました。私のところでは先週やっと種まきにこぎつけました。ピルツのレブチアが中心。2-3年後の開花が楽しみです。
Commented by aihal_polyhedron at 2014-05-22 07:23
♪ rieさん

レブチア・スルコレブチアは花色も微妙に色々あって、楽しめる小型種ですね。
「咲かぬなら、実生してしまえ」という気持ちは私にもよく分かります(w)。

すみれ丸ですが、手許に残したもののうち一株だけが蕾も上げずダンマリです。
去年はせっかく出た蕾を焼いてしまったし……。
駄物と言われますが、それなりにデリケートなようです。

多花玉×緋花玉は私のところでも花はまだ先のようです。
球体は多花玉にそっくりですが、どんな花を見せてくれることやら?
Commented by aihal_polyhedron at 2014-05-22 07:32
♪ Shabomaniac!さん

混み合っていて遅れるかなと思いましたが、オーダーから二週間ほどでピルツの種が届きました。
アカンソとギムノ、その他イスラヤ、フィルホ、ネオウェルダーマンニアなど大方が南米種。
番号での照合、数が多いと確かに大変ですね。
私の場合、30種ほどなので何とかなりそうですが……。

来週から二週間あまり留守にするので、この時期ですが、室内での実生にしようと思います。
温度も光も安定していますし、最初に腰水しておけば、十日くらいは水補給も必要なく、ほぼ放ったらかしでOKです。
ずぼら実生です(w)。
Commented by l-marsh at 2014-05-24 14:32 x
>スルコ

こんなに小さくても咲くんですね!(@@)
だいじょうぶ?!って聞きたくなりますw
Commented by aihal_polyhedron at 2014-05-24 23:08
♪ l-marshさん

確かに心配です(w)。
でも、咲くなとも言えませんしね。
カンディアナ、第三弾の蕾が上がって来ました。
でも、明後日から二週間強、留守するので花は見られそうにありません(涙)。


<< ひねくれ者 etc……(14/...      派手、地味、微妙……(14/5... >>