Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 02日

妖しの影(14/7/2)

a0176140_18573956.jpg

ベランダに妖しの影、出現!

a0176140_18574911.jpg

妖しの影の正体はこれではありません。いただきもののマツカナ・インターテクスタ(Matucana intertexta)がはじめて三花同時に咲きました。

a0176140_1857587.jpg

優しい綿毛の生えた長い花茎から咲く花がオレンジ色に輝きます。複数同時に咲くと美しさが際立ちます。

a0176140_1858863.jpg

こちらは渋ーい黒棘鳳頭(Gymnocalycium asterium)。去年の冬に拗れさせ、ご覧のように根元のくびれが未だ回復しません(涙)。でも、不思議と花は咲きます。
もうダメかと思って追加で買った方は、隣どうしに置いてありますが肌も緑で元気そのもの。拗れ鳳頭は、どうも見捨てられる危険を感じて必死で頑張っているのかも(w)。同時に咲けば交配するのですが、これが見事に互い違いに咲きます。張り合って牽制しまくりのようです(ww)。

a0176140_18581929.jpg

同じギムノカリキウムでも、こちらは優しい花のペンタカンサ(Gymnocalycium buenekeri)。開花二日目くらいになるので、少し花が萎れ気味でしょうか? 根元からは複数の仔が吹き出しています。カキ仔すべきか、群生させるべきか?

a0176140_18583070.jpg

妖しの影の正体です。と言っても、その正体は不明プシス。二十年余り前から家に居る老株からのカキ仔。昨年、プシス接ぎの台木にしようと用意したのですが、結局使わず仕舞い。そのまま昨秋から今日までベランダに放置していました。
最低-7℃ほどにまで冷え込んだ冬も、稜に凍傷がわずかに出来たくらいで乗り越え、時々思い出したように咲いています。この調子なら、プランターに植えて、冬場はプチプチで覆うだけで十分に越冬出来そう。

a0176140_18583896.jpg

しかし、同じ不明プシスですが、こちらは無惨なことに。接ぎ台にしようと頭を刎ねて仔吹きさせていたのですが、冬の冷え込みに耐えられず、すべてご覧の無惨な姿になってしまいました。おそらく、表皮が失われた切断面から寒さが入り込み、凍害を起こしたのだと思います。サボテンって微妙ですね。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-07-02 19:00 | Cactus | Comments(0)


<< 梅雨の合間に(14/7/8)      戦後最悪の日に(14/7/1) >>