2014年 07月 09日

梅雨の合間に(14/7/8)

台風8号、心配されていたほどには発達しなかったようですね。それでも雨や風にまだしばらくは警戒が必要なようです。

a0176140_17325148.jpg

種名不明のロビプシス、球体は不細工に歪んでいて見るべきものがありませんが、花はご覧のように微妙な色合いでお品のあるものです。

a0176140_17331372.jpg

咲く時によってかなり花色に変化がある濃赤花兜。この時は濃赤というにはほど遠いものでしたが、二株同時に咲いたのでちょこちょこっと交配しておきました。

a0176140_17332548.jpg

三年余り前に入手した紅裳竜(Ferocactus viridescens var. littoralis)は、大して気合いを入れて世話しているわけでもないのに、株が充実してきたとみえて初夏から何度も繰り返し花を咲かせています。棘に邪魔されて完全に開ききらないのが難点ですが、赤い棘と黄色の花のコントラストはけっこう気が利いてるように思えます。

a0176140_17335696.jpg

太平丸(Echinocactus horizonthalonius)。これも新棘がどんどん上がってというような目を見張る成長とは無縁ですが、三年経ってそれなりに大きくなっています。

a0176140_17341276.jpg

大輪の花があまりに見事なのでアップにしてみました。お相手が居れば交配するところですが淋しく一株で咲いています。

a0176140_17342835.jpg

綾波(Homalocephala texensis)、左側は2010年末に実生したもの、右側は信州の園から入手した斑入りの綾波錦。実生の方が昨年から咲き始め、今年は交配も出来て念願の赤い実が見られました。

a0176140_17344013.jpg

完熟するとパクッと弾けるのか、このまま乾いていくのか、ドロッと崩れるのか観察中。

a0176140_17345445.jpg

今年のエキノケレウスの花もこの大仏殿(Echinocereus luteus)が最後のよう。エキノケレウスらしからぬ棘無しの柱から咲く清々しいレモンイエローの花は、緑色の雌蘂の存在がしっかりとエキノケであることを主張しています。

a0176140_1735674.jpg

この花には、花びらが細く尖ったものや八重咲きに近いようなものもあるようです。そのうちにいくつかのバージョンを実生してみたいものです。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-07-09 17:36 | Cactus | Comments(2)
Commented by ぴすた at 2014-07-11 20:07 x
はじめまして。
いつも美しいサボテンの花の写真がすばらしいですね。
一枚目のアプリコット色の花が素敵すぎてコメントしてしまいました。優雅な花ですね。

集団的自衛権の記事も、気の利いたコメントが出来そうにないので見ているだけでしたが、そうだそうだ、とうなずきながら拝読しました。
とりとめなくなりましたが、これからも更新楽しみにしてます。
Commented by aihal_polyhedron at 2014-07-12 08:55
♪ ピスタさん

はじめまして。ようこそ拙ブログへお越しくださいました。
トップのロビプシスは、相当以前に亡き父母がご近所か知り合いから譲り受けたものです。
放置されていたのを、植え替えるなりしてあげたところ復活し、不思議な色の花をたくさん着けるようになりました。
形は悪いのですが、初夏から夏にかけての花はミステリアスで気に入っています。

この国の今の状況は本当に恐ろしい。経済でも社会状況でも閉塞感が強まっているのは事実ですが、そのはけ口が外国や内のマイノリティに向かうなら、九十年前の状況と同じです。この国も周辺諸国もみな一様に資本主義経済に呑み込まれ、身の丈を忘れてしまったのでしょうか?

よろしければまたお越しください。どうぞよろしくお願いいたします。


<< 今朝起きると(14/7/12)      妖しの影(14/7/2) >>