Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 29日

細部に宿るもの お肌編(14/9/29)

朝晩の気温が下がった割りには、まだ日中のフレーム内は40℃近くまで上がり、サボたちは秋の短い成長期のまっただ中。植え替えたものたちの中にも発根したのか新棘を伸ばすものも出てきました。
クローズアップ、今回はお肌編です(w)。

a0176140_18454158.jpg

二年前の早春に豊中の園で購入したPelecyphora aselliformis「精巧丸」ですが、けっこう順調に成長して、ご覧のように毎年、新しい仔を吹いてくれています。植え替えは一年半あまりサボっていると思いますが、今年は花着きも良く、ご機嫌な様子なのでこの秋の植え替えは見送りました。

a0176140_18455628.jpg

これも同園から来たUebelmannia pectinifera「ペクチニフェラ」はあまり機嫌が良くありません。爬虫類の肌を思わせる不思議な緑肌に細かい黒棘が面白い組み合わせのサボですが、去年も今年も春先の高温が災いしたのか花を着けませんでした。植え替えで持ち直してくれれば良いのですが……。

a0176140_18461135.jpg

こちらは奈良の園から来たペクチニフェラです。上のものと違い、こちらは黒に近い肌をしていて、遅いながらも成長して、この春には初めて小さな小さな黄花を着けてくれました。こちらも先日植え替えています。

a0176140_18462996.jpg

Astrophytum myriostigma「四角鸞鳳玉」は実生してこの年末でまる四年になります。この春先にネジラミにたかられてこじらせてしまいましたが、何とか退治できて夏前から元通りパンパンに膨らみました。ありふれたサボですが、こうして目を凝らすと美しいものだと思います。しかし、この白点、ちょっと擦れると剥げてしまいますから、植え替え時は要注意です。

a0176140_18464286.jpg

Sulcorebutia rauschii「ラウシー」、これは緑肌の方。うちにもう一方ある赤肌に比べて、こちらはとても機嫌良く育ってくれています。とはいえ成長は遅々たるものですが、毎年仔吹きしメタリックな花を楽しませてくれます。

a0176140_18465530.jpg

こちらは赤肌のラウシー。緑肌に比べてあまり機嫌が良くありません。仔吹きも少なく、花も毎年咲きますが数が少ない。個体の性質なのか、何処かに障碍があるのか? 先日の植え替え時に根を見ても特に問題はなさそうでしたが……。

a0176140_18471141.jpg

Turbinicarpus pseudopectinatus「精巧殿」。ツルビニカルプスの精巧殿、ペレキフォラの精巧丸、ややこしいですね(w)。秋の植え替えはしていませんが、暑さが引いて、夏の間に縮んでいた球体に丸みが戻り、ゲジゲジ状の棘?も生き生きとしてきたようです。冬の間に蕾を上げ始めるはずですが、咲くまでには相当の月数がかかります。毎冬、この蕾が段々膨らんでいくのを見ながら春の訪れを心待ちにしています。

a0176140_18474951.jpg

丈夫な夏サボのCoryphantha elephantidens「象牙丸」。これは白棘のカキ仔ですが、濃い緑肌のムキムキ感が楽しいですね。気がつけば二番手の蕾が上がって来ました。

a0176140_1848185.jpg

Copiapoa cinerea v. gigantea "eremophila" FK493。Copiapoa cinereaは黒王丸とか孤竜丸の変種のはずですが、幼苗とはいえ、ずいぶんと頼りなげな肌色と棘。うちではコピの実生は発芽率もその後の成育も笑って誤魔化すしかないほど不調です(w)。これのように、運良くキリンウチワに活着したものがボチボチと残っているような有り様。

a0176140_18481783.jpg

このMammillaria herrerae「白鳥」も年末で実生から丸四年になります。大きいもので5cmほどですから成長は遅い方と言えますが、昨年から花を着けるものが出始め、この春には全株が開花球となりました。といっても発芽した三つが残っているだけなのですが……。花がない季節でも、この密な白棘は造化の妙ですね。植え替え後、少し膨らみ始めたようです。

この秋の植え替えはすべて終了。今日は全鉢に規定濃度の半分に薄めたアクテリック乳剤を灌注しました。薬害が出るものもあるかと思いますが、にっくきネジラミを絶滅させる方が重要との選択です。無事なようならば、十月末か十一月初めの最後の灌水でも灌注してとどめを刺そうと思っています。さて、どうなりますやら。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-09-29 18:50 | Cactus | Comments(4)
Commented by 機械か? at 2014-10-03 23:25 x
こんばんは^^

ペクチニの小苗を昔一度☆にして、その時もっとスキルがあがったら育てようと思ってから数年・・・。
種子まだ入手してないや^^;

自分ちのランポー、植え替えのたびに白点が剥げてしまってますょ(==;
もっとソフトに扱わなくては。。

赤肌のラウシー(メタリックパープルだっけ)から外した仔を別鉢に植えたら何故か赤肌にならないのが居ます^^;
セルトレーに挿して軒下放置の仔達はバッチリ親苗みたいになったのに、鉢植えの方は甘やかしすぎかな。。

精巧殿のゲジゲジ刺を見てると、スリランカから出る本物のブルームーンストーンの内部に発生する特殊なインクルージョンを思い浮かべます。
あのムカデみたいなインクルとそっくりw

自分ちの象牙丸もバンバン咲いてます^^;
今年はやたら多いですw
気候の変化が早かったからかな?

白鳥のトゲ綺麗ですね!
自分じゃ汚してしまいそうです^^;

自分とこは、土に2種類ぐらい市販の粒剤の農薬混ぜてます。
ネジラミなどの害虫の被害は、ほとんどないのですが、今年はナメクジが堂々とかじって行く被害が続出しました。。。
ラウシーが・・・・゜・(ノД`)・゜・

Commented by Shabomaniac! at 2014-10-05 20:59 x
クローズアップすると、サボテンたちもまた違った表情で見えてきますね。ぺクチニなどユーベルは温暖なブラジル産ですが、うちのハウスでは晩秋~春まで成長します。夏よりも元気で、花は次期が定まりませんが、晩秋や早春に咲くことが多いです。アクテリックはよく効きますが、薬害が出やすいので所定の倍くらい薄いほうが安全です。予防ではなくて、虫を退治する場合は間隔をあけて2~3回かけるといなくなると思います。
Commented by aihal_polyhedron at 2014-10-07 08:07
♪ 機械か?さん

同じサボテンといっても、自生地の環境や性質が大きく異なるものを一つの栽培室で育てるのですから、上手く育たないものが出るのは、ある程度はしょうがないですね。
用土や遮光、通風、そして灌水、色々と工夫はしているのですが、どうにも調子が出ないもの、いつの間にか消えていくものが出てしまいます。
とはいえ、そういう難儀なサボが格別に魅力的だったりして煩悩は尽きません(w)。

象牙丸はうちでも今年は咲き始めるのが遅かったせいか、今頃になって何度も咲いています。
これでは夏サボじゃなくて秋サボ?

うちのフレームは二階のベランダにあるのでナメクジは出ませんが、ネジラミとコナカイガラムシには悩まされます。
Commented by aihal_polyhedron at 2014-10-07 08:07
♪ Shabomaniac!さん

フレームを覗く時、ルーペが欠かせないようになりました(w)。

ペクチニフェラは言われているよりも、けっこう寒さにも強いのかも知れませんね。

アクテリックの件、アドバイスをありがとうございます。
先だって灌注した時は、もしやと思って2,000倍希釈にしました。
どうやら今のところ悪影響は出ていないようです。
アドバイスに従って、冬がくる前にもう一度灌注してやろうと思います。
ありがとうございました。


<< 細部に宿るもの 実生苗編(14...      細部に宿るもの 新棘編(14/... >>