Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 09日

細部に宿るもの 実生苗編(14/10/8)

クローズアップ編、今回は実生苗たちです。

この三月にスクレロとペディオ、いわゆる北米難物たちを少しまとめて播きました。室内で加温しての実生ですが、これらに先ず特徴的なことは、他のサボと違って発芽時期がバラバラということです。当然、発芽率も大きくばらついて、16種中3種はまったく発芽せず、30、40粒播いてもほんの数本の発芽に止まるものが多いですね。
発芽したものたちは何とか無事に夏を越せたようですが、キリンウチワに接いだもの以外は当然のこと遅々たる育ち具合です。その中から、まあまあ調子の良さそうなものをご紹介します。

a0176140_23241160.jpg

Sclerocactus_parviflorus RP108
まだ赤ちゃんですから鈎棘も出ませんが、純白の細棘と茶棘のコントラストが綺麗です。生き残りは4本のみ。

a0176140_23242862.jpg

Sclerocactus_glaucus SB1749
割りとたくさん残っているのですが、私のスキルでは油断していると何時の間にか消えていきます。
a0176140_23245535.jpg

Sclerocactus_havasupaiensis RP123
これは鈎棘を伸ばし始めているものが出て来ました。しかし、どこまで持ちこたえさせられるかは分かりません(w)。

a0176140_23252133.jpg

Sclerocactus_brevispinus SB1743
ブレヴィスピナスは成球になると地味な姿になるようです。こんな頼りない幼苗の時の方が細部は面白いのかも。ここからずんぐりとした姿になってくれるでしょうか?
a0176140_23254579.jpg

Sclerocactus_polyancistrus SB1967
白い直棘に混じる鮮やかな赤棘が美しいサボですが、鈎棘を出し始めたものがあるくらいで、まだその片鱗すら見えません(w)。

a0176140_23264100.jpg

Sclerocactus_cloveriae ssp brackii x Toum pap F2 RPX01
長ったらしい名前ですが、これも長ずれば直棘に赤っぽい鈎棘が混じるようです。それまで生き残ってくれるかどうか。

これまでの北米難物ものの実生は散々な有り様です。ようやく開花までこぎ着けたものも突然に腐ったり干からびたり。どちらかというと私の場合は干からびさせることが多いですね。と逆に水を多めにすれば見事に腐ります。だてに難物とは呼ばれてないようです。冬の間に干からびさせないよう、春先に腐らせないよう、相反する要求への対処法はまったく分かりません。消えること前提で、幼い頃の姿を楽しませてもらうのが関の山ですね(w)。

ちょっと他のものも……。

a0176140_2326304.jpg

Gymnocalycium_armatum
人気の光琳玉の近似種・アルマツム。こちらは播いてから二年余りになりますが成長が遅く、あまつさえ昨冬にはネジラミにたかられたようで、赤茶けて縮こまっていました。ようやくこの夏から再び成長を始めてくれました。来春の植え替えでグーンと育ってくれることに期待です。

a0176140_2326503.jpg

Strombocactus_jarmilae
さらに成長が遅いのがこのストロンボカクタスたち。菊水(Strombocactus disciformis)の変種のS.jarmilaeは、微粉のような種子からわずかに発芽したものが、二年近くかけてようやくこの大きさです。一番大きなものが小指の先程度。播いたままの状態で来ましたが、来春にはどうにか植え替えてやれそう。

a0176140_23271158.jpg

Strombocactus_corregidorae
同じくストロンボカクタスのcorregidorae。こちらはさらに育ちが悪く、播種用土の中に埋まったままの状態です(w)。

ストロンボカクタスの成長の遅さは有名ですが、率は悪かったものの発芽したものはほとんど脱落しませんでした。幼いうちは水もけっこう欲しがるようです。自生地ではどれくらいのスパンをかけて成長して行くのでしょうか。おそらく人間の時の流れと彼らのそれはまったく違うのでしょうね。

次ぎに近づいて来る台風19号は先日のよりもさらに猛烈なものになりそうです。ベランダに散らかっているあれこれを片付けないと……。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-10-09 23:32 | サボテン実生 | Comments(4)
Commented by Shabomaniac! at 2014-10-17 21:14 x
スクレロの実生群像、見事ですね。春蒔きでここまで育てば成長速度もかなり早い方だと思います。白紅山やハバスパイエンシス、トウメヤとの交配種など、将来が楽しみですね。ブレビスピナ、成球は地味といえば地味ですが、月想曲にも通じる渋い味わいあります。干上がった田んぼのような平原にお煎餅のようにはりついて生えています。
ここのところ、雑な種まきばかりしていたのですが、手入れの行き届いた美しい苗たちを見て目が覚めました。

Commented by 機械か? at 2014-10-18 21:20 x
こんばんは^^

台風大丈夫でしたでしょうか?

自分は、難ものサボは手を出してないです^^;

いつも写真が綺麗ですね☆
自分もアイハルさんに対抗(?)して実生苗の拡大写真を載せようと思いますww
普及種ばかりですが明日写真撮ってきます!
Commented by aihal_polyhedron at 2014-10-18 23:40
♪ Shabomaniac!さん

いつもアドバイスありがとうございます。
この辺りまでは何とか育ってくれるのですが、その後はさっぱりいけません。

この四月末に初花を見せてくれた紫宝玉(Echinomastus unguispinus)も夏前から調子がおかしくなってすべて干からびてしまいましたし、去年咲いた月の童子(Toumeya papyracantha)も今年は蕾は着けたものの咲かず仕舞いでカリカリになっています(涙)。

今の私には幼苗時代の儚い美しさを垣間見させてもらうスキルしかないようです(w)。
Commented by aihal_polyhedron at 2014-10-18 23:40
♪ 機械か?さん

台風襲来時は留守にして、帰ったらベランダに色んなものが散乱していましたが(w)、フレームは無事でした。

都合の悪いところが写らないのでもっぱらクローズアップに頼っています(ww)。
でもどんな種類でも、元気にしている幼苗たちを間近で見るのはこっちも元気を貰えますよね。
アップされたら拝見しますね。


<< 今時の花(14/10/30)      細部に宿るもの お肌編(14/... >>