「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Daily( 6 )


2014年 07月 01日

戦後最悪の日に(14/7/1)

今日は梅雨の最中とは思えないほど、日が照って涼しい風が吹く過ごしやすい一日でした。しかし、そんな日に……。
阿倍さん、そして、閣僚の皆さんが今日決定したことは、これまでの戦後日本政治の中でも最低最悪の決定です。このことは必ず長く後世に語り継がれることになりますよ。

わずか二十数名の閣僚で、国の基本法である憲法の解釈を良いように解釈することなど、どんな野蛮な国でも許されるはずがありません。内閣総理大臣以下の閣僚は国民の信託の下、その職務の遂行において、憲法の遵守をこそ、その職務の中心に置くことが厳しく求められていることは明白です。その職に就いている限り、好き嫌いを言うのは許されません。国民を従わせるために憲法とその解釈があるのではありません。総理以下、閣僚各位、あなた方が憲法を、勝手な解釈抜きに遵守する義務があるのです。そのことを理解しようとしない人を首相の地位に置いたことを、この国の一国民として慙愧するばかりです。

自衛官の皆さん、そして近い将来、徴兵されるであろう若い男女の皆さん、絶対に理不尽な国家の命令に従って、命を落としたり、相手の命を奪ったりしないようにしてください。敵とか味方とか関係なく、命は一つしかありません。そして、あなたの命の背景には無数の命があります。一つの命が傷つき失われるなら、その背後で数限りない命が、決して癒されることののない傷を終生負っていかねばならないのです。

私は戦後生まれのしがないサボテン愛好家です。しかし、言いたいし、言わざるを得ない。阿倍さん、あなたのご家系の悲願を達成したいのなら、国政上ではなくお家の中で存分にやってください。そして、地方議員も含めて与党の関係者の皆さん、近い将来に訪れるであろう、戦争行為における日本国民による戦死・殺戮にあなた方は本当に責任が取れますか。「英霊として靖国に」などという美麗な誤魔化しはもうたくさんです。何もものを言わなかったということで、あなた方には重大な「戦争責任」が課せられますよ。

もちろん、国民の一人として、その責任は私も負わねばなりません。

「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄」し、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しよう」という日本国憲法の文脈からどうして、今回の「集団的自衛権の行使容認」が導き出せるのでしょうか? 「憲法解釈の変更」などと言っていますが、一内閣での解釈変更といういい加減さは言うまでもなく、こんな例文解釈をしたら、どんな入学試験でも点はもらえません。

自衛官の皆さんが、これまでの次元と違った命の危険にさらされる状況になったのに加え、残念ながら日本国民に対してのテロ攻撃も増加することになるでしょう。日本は今日、一内閣と物言わぬ国民(私も含めて)の協力の下、丸腰に限りなく近いことでようやく保たれていた平和国家という理念を、捨て去ってしまいました。

何が「積極的平和主義」ですか。阿倍さんを含め、戦争を知らない私たちの世代は、あの戦争で命失った幾多の方々の声なき声に耳を澄ますことさえ忘れ去ろうとするのでしょうか。「歴史は繰り返す」とも言われます、しかし、それが今であっては断じてなりません。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-07-01 22:31 | Daily
2012年 07月 02日

大飯原発再稼働に強く抗議いたします

私はここでは一介のサボ飼いに過ぎませんが、悲しくてやり切れなくて書かずにはおれません。

昨日、午後9時0分、関西電力大飯原子力発電所3号機の原子炉が再起動されました。

昨年起きた東京電力福島第1原発事故は終息の目処さえつかず、今も福島県内では16万人もの人たちが、放射能汚染から逃れるため故郷に帰ることすら出来ない状況が続いていることを私たちはみんな忘れてしまったのでしょうか?

6月8日、野田首相は、「国民の生活を守るために、3、4号機を再稼働すべきだというのが私の判断」と述べましたが、これだけの惨状を目の前にして、あなたは何を本当に守ろうとして再稼働を決意されたのか、私には理解できません。

「原発の再稼働がなければ夏のピーク電力がまかなえず、大規模停電も起こり得る」と電力会社は口を揃えます。本当にそうなのですか? 電力の供給と需要についてのデータすべてを電力会社だけが独り占めしている現状の中で、このことを公正中立的に判断する術を私たちは持ち得ていません。

「原発が動かなければ電力料金が上がり、国内の経済活動が沈滞し倒産・失業が増える」。このようなやくざまがいの恫喝までする私企業が電力供給を独占していること自体が大きな誤りではありませんか?

野田さん、あなたは「福島を襲ったような地震・津波が起こっても、事故を防止できる対策と体制は整っている」と言われましたね。しかしそもそも、福島原発の事故は「想定外の津波に襲われたことが原因」と政府・東京電力は言い続けているではありませんか。何にどう備えても、原発に依存する限り、今後も「想定外」の原因で事故は起きるでしょう。一旦、今回のような大事故となれば、元通りには決してならず、誰も責任を取り切れない。それが原子力発電の抱える宿命なのではありませんか?

与野党・保守革新を問わず、国会議員の中にも福島の惨状に心を痛め、脱原発依存を表明した方々がおられたはずです。「原発ゼロの会」の先生方、政局にかまけることを止めて、今こそ本当のお働きを見せていただく時ではありませんか。

経済界の方々、経済の発展が、人のいのちよりも優先すべきこととお考えなのですか? そうではないと信じたい。日本の狭い国土で、原発や再処理工場が大事故を起こせば、経済活動など出来る土地は何処にもなくなりますよ。目先の電力コストなどに振り回されず、どうか原発に依存しなくても国民が安心して生活していける経済構造の構築に、あなた方が蓄積してこられた深い智恵を生かしていただきたい。そのための潜在的な力が日本の経済界には必ずやあるはずです。

科学者・技術者の方々、僭越ですが、どうか本来依って立つ「科学」に立ち戻ってください。特にこれまで原発推進をお仕事としてこられた方々、これまで信じて来られたものが崩れ去り、辛いお立場におられるかも知れませんが、それは人間として当然のことなのだと思います。もし、未曾有の核災害を前にしても、まだ依然と同じような考え方に固執しようとするなら、それこそがあなた自身にとっての人間の危機です。どうか、私たちがいなくなった後の、あなたのお子さんやお孫さん、これから生まれてくる子どもたちの目線に立って科学していただきたいと切に願います。

マスコミの皆さんの中にも素晴らしい方が多くおられることは知っています。しかし、見せかけの公平さを装うマスメディアがこのところ増えてきているようで恐ろしさを感じているのは私だけでしょうか? 福島事故以来、さすがに「原発反対派」と「推進派」というステレオタイプ的報道は殆どなくなりましたが、再稼働を境にしてまたぞろ息を吹き返すことはないでしょうね? 他にもあるのかも知れませんが、中日新聞(当地では北陸中日新聞)は、福島以来、脱原発依存を鮮明にして精力的に報道を続けています。私は野球ではあいにく中日ファンではありませんが、このポリシーには深く共感し応援したいと思う一人です。そこでお願いしたいのは、これまでさまざまな軋轢の中で口を閉ざさざるを得なかった原発立地地域の人たちのことを忘れず、その人たちの生活を国民全体で支えながら、一緒に脱原発依存の流れを形作る、そのような視点での報道や提言をしていただければと切に思います。

原発事故で被災した方々の苦難と努力を忘れることなく、一市民として微力ながら支援を続けさせていただこうと思います。そうすることが、過去・現在、そして未来に対して、僅かなららも責任を担うことに繋がるのだと信じて。

拙い文章を最後までお読みいただきありがとうございました。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-07-02 00:14 | Daily
2012年 05月 21日

日蝕

世の中、金環日蝕で大騒ぎでしたが、見られた人、見られなかった人、悲喜こもごもの一日でしたね。北陸地方は金環帯からは外れていて部分食。天気だけは快晴で欠け始めから終わりまで観察できたようです。それほど暇ではないので、最大食までにしておきましたが……。金環帯で雲に阻まれた方々には申し訳ないような気持ちです。

a0176140_18102479.jpg

21日午前7:33頃、ほぼ最大食。部分食とはいえ、ご覧のようにずいぶん欠けました。その間、妙に陽の光に力がなくなって。日食の仕組みが分からなかった時代なら、「お日様が食われたぁ!」と恐れおののいたのも是やと思いました。滲んだように写っているのは、間に合わせレンズの収差のためです(w)。
サボフレームのあるベランダから日食を見てましたら、町内の小学校の屋上は生徒たちで満杯でした。こっちから見えるということは、あっちからも見える。下着姿でふらふらサボ世話しないようにしないと(ww)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-21 18:16 | Daily
2011年 01月 08日

寒い朝

a0176140_2142399.jpg

山陰での大雪被害が報じられていますがが、同じ日本海側でも当地では今のところ目立った積雪はありまえん。ただ天気はすこぶる悪く、毎日が雨か霙か湿雪です。たまに陽が出ても、暗雲の隙間から射す光に熱はほとんど感じられません。今朝のベランダの最低気温は-2.5℃。大寒に向けて冬の日はまだまだ続きます。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-01-08 21:54 | Daily
2011年 01月 03日

日の出

a0176140_2224819.jpg

残念ながら元日の初日の出ではありません。新年三日目にして初めて今日は朝から快晴となりました。放射冷却でベランダでの最低温度は-3.5℃、この冬一番の冷え込みです。今日の金沢での日の出は7時6分とのことですが、それに遅れること23分余りで白山連峰のど真ん中から日が昇ってきました。無粋な電線などなければなお絶景でしょうが、あるものはあるのだからしょうがありません。冷え込みも降雪もまだまだこれからが本番ですが、これからは一日ごとに日が長くなるのがうれしいですね。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-01-03 22:12 | Daily
2010年 12月 27日

冬到来

a0176140_14281553.jpg

いよいよ冬到来。足元から背筋に這い上がる寒さに、暑さで閉口した夏も今は遠い記憶になりました。雪国と思われている北陸でも、雪の感覚を忘れている降り始めには思わぬトラブルも発生します。昨日も仕事の行き帰り30kmほどの間にコースアウトしている車を4台ほど見ました。幸いどれも大事には至っていないようでしたが、コースアウトで身動きが取れなくなった車内でレッカーを待つ間、しんしんと降る雪をボーッと見つめるしかない時間の空しさ・気恥ずかしさは経験した者しか分からないでしょう。雪道は滑らない時は滑らないが滑る時は呆気なく滑るのです。人生と同じだななどと思うのは歳をとった証しかも知れません。そんなことを思いながら、雪道ドライブの必需品・アルミスコップをトランクに積みました。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2010-12-27 10:01 | Daily