<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 30日

黄花短毛丸、開花

二日半ほど留守していた間に黄花短毛丸が開花していました。

a0176140_22403219.jpg

黄花短毛丸(Echinopsis eyriesii) たぶん前々日28日の夜に開花したのだと思います。6cmほどのまだ小さい球体なので、花もそれ相応の小ささですが一所懸命に咲いています。このレモンイエローの花色はなかなか写真では出せません(実際はもっと清々しい黄色です)。

昨日は京都からの帰りに滋賀県長浜市のK園さんに寄ってきました。初めてお邪魔したのですが、こちらの初歩的な質問にも丁寧に答えていただきました。特に植え換え時期と夏の温度管理についての説明は説得力がありました。機を見てご紹介出来ればと思います。毎年凄い量の実生をされていて、成長してギチギチに混み合った実生苗は圧巻でした。当然5種ほど分けていただいて帰路につきました(笑い)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-30 23:31 | Cactus
2011年 04月 27日

花びより

二日ほど寒いくらいの日が続きましたが、今日はフェーンのような強い南風が吹いて25℃超まで気温が上がるようです。
a0176140_11402724.jpg

a0176140_11403576.jpg

金小町(Notocactus scopa var.ruberri) 花サボテンと言われるだけあって華やかに群開しました。
a0176140_11404348.jpg

a0176140_11405120.jpg

錦繍玉(Parodia aureispina) 咲き始めの二輪ですが、こちらも群開すれば見応えがありそう。
a0176140_11405980.jpg

ダシアカンサ(Escobaria dasyacantha) がらりと変わってこちらは密やかで清楚な花ですね。
a0176140_11411680.jpg

レーイ(Escobaria sneedii v. leei) こちらもエスコバリアです。ひかえめな可愛い花を咲かせてくれました。

午後から三日ほど家を留守にします。日焼けが恐いのでフレームの蓋を少し空かせておくことにしました。家人に頼めばいいのですが忘れられたら恐いので(笑い)。後すこしで開花しそうなものが幾つかあります。帰って来るまで待っていてくれないかなぁ……。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-27 11:54 | Cactus
2011年 04月 24日

いろいろと咲いています

去年ほどではないにしろ、この春もなかなか暖かくなりませんね。それでもこちらではぼちぼち田植えが始まっていますし、日が照りさえすればフレームの中は40℃ほどにまで上がり、毎日のように色んなサボたちが花を開いてくれます。
a0176140_2213092.jpg

紅梅殿(Gymnocactus horripilus) 我が家に先週やって来た時にはすでに蕾が上がっていましたが、環境が変わっても落ちずに咲いてくれました。 
a0176140_22131682.jpg

地久丸(Wigginsia erinacea) これも先週やって来たものですが、羽毛の中に隠れていた蕾が唐突に開花しました。控えめな花ですが緑濃い球体とのバランスがいい感じです。
a0176140_22133993.jpg

カルメナエ(Mammillaria carmenae) こればずいぶん長く咲いてくれています。何とも優しげな花です。
a0176140_2214155.jpg

緋花玉(Gymnocalycium baldianum) 打って変わって、こちらは絢爛豪華というか、見ようによっては毒々しいとも思える花ですね。四輪開花で球体がすっぽり隠されてしまいました。咲き始めの深い紅色はだんだんと薄れて来ています。

陽射しが本格的に強くならないうちにフレームの遮光対策をしないと。その後、育ちが順調な実生幼苗(発芽後約4ヶ月)をフレームでお日様デビューさせるつもりです。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-24 22:56 | Cactus
2011年 04月 23日

正体不明プシス、開花

何かに憑かれたように急激に蕾を膨らませていた正体不明のエキノプシスが昨晩開花しました。

a0176140_21545637.jpg
a0176140_2155573.jpg
a0176140_21551359.jpg

花は花盛丸に、球体は長盛丸に似ているように思いますが、おそらく色々交じっているんでしょうね。その昔、父の代にご近所からいただいたもので、北陸の冬を軒下で平気で越冬する強者です。花は艶やかなのですが蕾はいささかグロいですね。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-23 22:00 | Cactus
2011年 04月 22日

4月の新着サボ Vol.3

まだありました。4月の新着サボたちです。
a0176140_23315457.jpg

紅梅殿(Gymnocactus horripilus) メキシコの高地に自生する種と言いますから、これも夏の蒸し暑さには要注意なのでしょうか? ツルビニカルプス属に分類されることもあるようです。
a0176140_2332315.jpg

マタンザヌス(Melocactus matanzanus) キューバ原産ということは寒さには弱いと考えるべきですね。和名は朱雲と言うそうです。現在、径約9cmですが、順調に育って花座が出来るまでにどれくらいかかるのでしょうか?
a0176140_23321859.jpg

地久丸(Wigginsia erinacea) 南米ウルグアイ原産でパロディア属にも分類されているようです。新刺の周りの羽毛がだんだんと薄れて無くなっていくのは人間と同じですね(笑い)。
a0176140_23322985.jpg

オマケでいただいたものですが名前が分かりません。ピンクニンフ(Mammillaria elongata 'Pink Nymph')、メキシコ原産のマミラリア属エロンガタから作られた園芸種のように思えますがどうなのでしょうか?
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-22 23:59 | Cactus
2011年 04月 21日

4月の新着サボ Vol.2

一昨日に引き続いて、4月に届いた新着サボたちです。いつもどおりワンパターンな撮り方ですが、サボテンは逆光か反逆光がいちばん冴える思えますのでお許しを。

a0176140_21332515.jpg

黄刺大虹(Hamatocactus hamatacanthus) ハマトカクタス属ですがフェロカクタス属やエキノカクタス属に分類されていることもあるようです。分類はともかく、この刺は魅力的。下部でくびれていて接ぎ苗のように見えますが実生実根です。
a0176140_21334023.jpg

篝火(Echinocereus triglochidiatus var.gonacanthus SB753) 強刺のエキノケレウスです。この新刺の鮮やかさからの命名と思いきや、それ以上に花の在り様が篝火そのものです。群生して開花したらさぞかし壮観でしょうね。
a0176140_21335170.jpg

ダシアカンサ(Escobaria dasyacantha) 実は実生をしようと、MESA GARDENに種子を注文したのですが、なかなか届きそうにないので成球を買ってしまいました。大きな方にも花殻がたくさん付いていましたから、来年咲かなければ私の責任ですね。ここまで3点が信州のN園さんからのものです。
a0176140_2134115.jpg

レーイ(Escobaria sneedii v. leei) こちらは別の所から我が家にやって来ました。小六の末娘いわく、「ちょっとキモイ」そうですが、花が咲けばまた印象は変わるでしょう。上手に作ればもの凄い群生になるようで楽しみです。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-21 22:29 | Cactus
2011年 04月 20日

花、三態

今日は陽もあまり射さずずいぶん寒く感じた一日でした。というわけで、この花たちは昨日撮影したものです。
a0176140_22424180.jpg

緋花玉(Gymnocalycium baldianum)
a0176140_2242559.jpg

菊水(Strombocactus disciformis)
a0176140_2243317.jpg

白檀(Chamaecereus silvestrii)

サボテンたちが無骨な体に目立ちすぎるくらいの艶やかな花を咲かせるのは種の保存ためなのでしょうが、長い冬が開けて咲く花たちを見るとそれ以上のものを感じてしまいます。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-20 23:10 | Cactus
2011年 04月 19日

4月の新着サボ

信州から今日届いた新着サボたちです。これはというものを見かける度に欲しくなってしまいます。あらためて、ネットというのは便利ですが危ない道具ですね(笑い)。とりあえず3点をご紹介します。
a0176140_22495625.jpg

北米難物種と言われるトウメヤ属の月の童子(Toumeya papyracantha)です。高さ4cm余りのヒョロッとした体に突き出した蕾は不相応な大きさ! こうして撮ると何だか本当に月世界から来た異星の生き物のようにも見えますね。実生実根ですが、私ごときに夏を越して育てることが出来るでしょうか?
a0176140_2321112.jpg

こちらも勢いで買ってしまった北米難物種ラウイ(Echinomastus laui)、やはり実生実根(径約4cm)です。下向きに湾曲した強い刺で武装した姿に惹きつけられます。
a0176140_23183732.jpg

金羅紗(Ancistrocactus megarhizus)は、上の二つよりは育てやすいと言われますが、やはり私にとっては難物に違いありません。大きい方で径2cm足らずの二頭立てですが真ん中にも小さな仔が顔を覗かせています。群生するたちがあるのでしょうか?

まだ先のことになりますが、過湿と熱帯夜に弱い難物サボたち用の栽培施設を別に作ろうかと思います。もっとも、施設と言っても大袈裟なものではなく、陽射しの透る屋根を掛けただけの前面・左右開けっ放しの雨宿り小屋という感じのものを考えています。北陸の梅雨は長くて湿度も高いので何か工夫をしないと……。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-19 23:48 | Cactus
2011年 04月 18日

花、四態

二日続きの好天で蕾たちも目に見えて膨らみ、早いものは開花が始まりました。しばらくは賑やかな時期が続きそうです。
a0176140_20413443.jpg

お洒落な蕾の菊水(Strombocactus disciformis)が開花しました。緑の岩のような球体に似つかわしくない清楚な花です。
a0176140_20454628.jpg

花笠丸(Weingartia neocumingii)も開花を始めました。フレームなしだった去年はほんの数個が咲いただけでしたが、今年は続々と蕾が上がって来ています。後少しすれば、和名に相応しい花姿を見せてくれそうです。
a0176140_20495065.jpg

三月末に二つ連続で花を着けた天晃(Thelocactus nidulans)が少し間を置いて三つ目の花を開きました。まだ5cmほどの小球なので今年の花はこれでお仕舞い。花後はしっかりと刺を伸ばしてもらいたいものです。
a0176140_2054343.jpg

三月初めからぽつぽつと咲き出していた月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)も複数開花が始まりました。用土がかなり疲弊しているようなので、花が終わったら植え替えたいのですがいつになることやら。

第2フレームは明るさ満点の分、好天時の温度の上がり方も急激です。今日のベランダの最高気温は今年一番の29℃でしたが、上蓋を少し空かせた状態で内部は日陰でも45.5℃、日向では58.4℃まで上がりました。中に敷いた人工芝の照り返しが強いせいもあるのでしょう。底土を湿らせてある第1フレームは同じような通風条件で、日陰32.4℃、日向52.4℃でした。また、第2フレームでは湿度も相当低くく用土の乾きも速くなっています。幸い日焼けの兆候は見られませんが、もう少し通風を図らないとこの先は危険ですね。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-18 21:21 | Cactus
2011年 04月 17日

第2フレーム、いちおう完成

冬の間から構想を練っていた第2フレームがいちおう完成を見ました。
a0176140_22515180.jpg

a0176140_22524445.jpg

a0176140_2253168.jpg

ご覧のように、蓋だけでなく、前と左右の三面にビニール張りで開閉の出来る窓枠を取り付け、北側になる後面はベニヤ板ですが、通風を図るためにやはり開閉可能としました。今は底面に人工芝を敷いてありますが、取り外せば盛夏対策として簀の子状となります。現状では夜間の保温性は皆無ですから今朝の内部は0.8℃まで下がっていました。今まで5℃以下にならないよう加温した第1フレームで冬越しして来たサボたちにはちょっと寒い環境かも知れませんが、寒さに強くて強光線を好む種から順次こちらに移そうと思っています。四月も半ばを過ぎましたから、凍らない限り大丈夫ではないかと楽観しています。
上蓋の左右に立っている黒い金具で通風のための隙間を確保しています。当面はこれで温度の過度の上昇は防げるようですが、夏に向けて前後・左右・後面の窓枠を適度に開いて固定する工夫が必要になります。また、窓枠の工作精度が今ひとつ悪く隙間風が入りますから、冬の間は底面と前後左右の五面にスタイロフォームの断熱材を入れて保温することになるでしょう。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-04-17 23:33 | Cactus