Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 30日

蒔きました

例年より二十日も早い梅雨入りに加え、まだ五月というのに二つ目の台風が本土に上陸するという異例の事態が続いています。ただでさえ長く鬱陶しい北陸の梅雨ですが、この分だと今年は陽の目を拝めない暗くじっとりした日々が二ヶ月近く続くのでしょうか? まだこれから開花を迎えるサボたちもあるのですが、水やりも控えめにしないと根腐りを起こすものが出て来そうです。
そんな中、ようやく準備が整い三度目の実生開始です。身の程知らずにも、今回は「難物」と言われているものも含まれています。さて、どうなることやら……。
a0176140_23212848.jpg

Sclerocactus scheeri SB 862 (Webb County Texas USA) この種子はサクシードから取り寄せました。ここは成球の写真が載っているものも多く、Webからアマゾン感覚のカートシステムで注文できるので私のようなものでも楽ちんです。到着も早く約二週間で手元に届きました。ただし楽なのはここまで、果たして何個が発芽することやら。
a0176140_2322575.jpg

こちらはメサガーデンから来た種子(Escobaria vivipara v alversonii SB1800 /17/ 29 Palms, shiny white sp)です。このナーセリーへは怪しい英語のFAXで注文しました。到着まで約一月半、その間音無しでしたがちゃんと届きました。これまで蒔いたサボの種子はみんな黒色だったのですが、これは見てのとおり赤味がかった色をしていてちょっとビックリです。

今回蒔いた種子は、スクレロカクタス3種、ギムノカクタス3種、トウメラ1種に、エスコバリア4種、コリファンタ4種のつごう15種。スクレロ、ギムノ、トウメラには、赤玉土4、軽石3、鹿沼土1、珪酸塩白土1、挿し木種蒔き用土(肥料入りホムセンで入手)1。エスコバリア、コリファンタには、赤玉土3、軽石3、鹿沼土1、珪酸塩白土1、挿し木種蒔き用土2。どちらも表土は、これまでのバーミキュライトに替えて赤玉土微粒としました。
これまでは、バーミキュライトの下の用土は挿し木種蒔き用土に珪酸塩白土を10%混ぜたものとしていました。これで綾波や兜丸などはしっかりと深く根張りして成長も思ったより良かったのですが、種類によっては根張りがとても浅いものがありました。向き不向きがあるようですが、おしなべてホムセンの挿し木種蒔き用土主体では肥料分が多く、発芽直後の繊細なサボの根には刺激が強過ぎたのではないかと思います。そこで今回は無い知恵を絞り、保水と排水の良さとpHを考え上のような用土構成としました。吉と出るか凶と出るかは分かりません(笑)。
スクレロやトウメラは種も大きく、不器用な私でも何とか普通のピンセットで摘んで蒔くことが出来ました、しかし、エスコバリアやコリファンタはそれなりに小粒で摘み難く、模型工作用ピンセットの切っ先をほんの少し湿らせながら種を付着させて蒔きました。これがなかなか具合が良い。それでも15種蒔くのに昼過ぎから夕方までかかり、目がショボショボになりました(笑)。蒔き床の弁当用パックに調合した用土を入れ腰水で濡らした上、電子レンジでチンして殺菌しておきました。播種後は熱帯魚水槽に収め、昼間の12時間、タイマーとヒーターで35℃をキープし育成灯下に置きます。常時の腰水は行わず、乾きかけた時にスポイトで灌水することにします。この状態での発芽を心待ちにしていますが、難物たちはそう甘くはないのでしょうね。何はともあれチャレンジのつもりで見守って行きましょう。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-30 23:59 | サボテン実生 | Comments(5)
2011年 05月 25日

ベランダの実生第3ボックス

良く晴れてさわやかな風が吹く中、今日は用土の微塵抜きに追われました。地元には見当たらない単用土の微粒を実生用にネットで取り寄せたのです。日向土は少々粒が大き過ぎましたが、赤玉と鹿沼は見事に揃った微粒でした。
a0176140_2313230.jpg
a0176140_2314613.jpg

昨年末に播種して以来、ずっと室内の育成灯で育てて来た実生幼苗を先週、ベランダでお日様デビューさせました。生まれて初めて日光を浴び外気に晒されて幼苗たちのご機嫌はあまりよろしくありません。これまでの過保護とも言える環境が激変したのですから、そうなるのも当然でしょうが慣れてもらう他ありません。日照と温度に気をつけながら今後どんな風に幼苗たちが順応していくか見守って行きたいと思います。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-25 23:15 | サボテン実生 | Comments(3)
2011年 05月 24日

エリオシケ実生 植え替えその後

二日間の雨の後、今日は清々しい好天に恵まれました。しかし、九州は早くも梅雨入りしたと言いますから、長~く鬱陶しい梅雨はもうそこまで迫っているようです
a0176140_2223857.jpg
a0176140_2224730.jpg
a0176140_2225877.jpg

播種後二ヶ月経って先週植え替えたエリオシケ実生のその後です。今のところ腐るものもなく表向きは平穏ですが、一週間後にはどうなっているやら。今日は遅まきながらベンレートの希釈液を噴霧しておきました。
写真で見ると育成灯(蛍光灯)の照度が両端で落ちているのが良く分かります。もう少し照射距離を離せば良いのですがスペース的に無理。数日毎の水やり前に鉢の位置を入れ替えることにします。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-24 22:11 | サボテン実生 | Comments(2)
2011年 05月 22日

いろいろと咲いてます 2

昨日の暑さと打って変わり今日は朝から暴風雨が吹き荒れ、昼前には治まったものの気温が上がらず肌寒いくらいでした。サボたちもビックリしたでしょうが何よりこちらの体に堪えます(笑)。
a0176140_21474913.jpg
a0176140_2148054.jpg

金盛丸(Echinopsis calochlora) ずいぶんと長い花茎をほぼ垂直に伸ばして咲きました。成長割れの痕がかさぶた状態になった球体は美しいとは言えませんが、真っ白な花は清楚と言えるほど美しいものでした。ただし、この花はとても寿命が短く、夜咲いたと思ったら次の日の昼過ぎにはもう萎れていました。まさに美人薄命ですね。
a0176140_21572285.jpg
a0176140_21573498.jpg

桃園 エキノプシス属の園芸種のようです。これも球体はぱっとしませんが花はご覧の通り優しげなものです。花着きも良くしばらくは楽しませてくれそうです。
a0176140_222384.jpg

a0176140_2225190.jpg

紅鷹(Thelocactus heterochromus) また咲きました。何度見ても飽きない艶やかな花です。この色使いと造形、何とも見事で言葉を失います。
a0176140_22203782.jpg

ラウシー(Sulcorebutia rauschii) 青肌に遅れて赤肌ラウシーも開花しました。小さな体に比べずいぶん大きな花を群開させています。花が終わって疲れてしまわないといいのですが……。
a0176140_2227518.jpg

帝冠(Obregonia denegrii) これも綿毛の中から前触れなくいきなり開花して驚かされます。球体はちょっと焼け気味かも知れませんが、こうして花も咲かせ新しい綿毛も吹いていますから元気は良さそうです。
a0176140_22315923.jpg

菊水(Strombocactus disciformis) こちらも小さな体に似合わず次々と花を見せてくれています。花もいいですが蕾の色使いがとてもお洒落です。
a0176140_22343385.jpg

大仏殿(Echinocereus luteus) こちらも開花まであとしばらくのようです。本体の刺は貧弱なのに外敵から身を守るためでしょうか、蕾はびっしりと刺で武装しています。

お日様デビューさせた実生苗たちが調子を落としています。赤っぽくなったもの、黄色っぽくなったもの、しなび気味のもの……。環境激変で予測されたこととはいえ、遮光不足なのか高温ためか? 先ずは風通しを改善して様子を見ようと思います。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-22 22:43 | Cactus | Comments(5)
2011年 05月 20日

いろいろと咲いてます

一週間余り好天が続いています。さすがに明日遅くには雨になるようですが……。連日、フレーム内の温度も気をつけないと日焼けしそうなくらい上がっていますが、そんな中、次々といろんなサボたちが花を咲かせています。
a0176140_23315848.jpg

a0176140_23322212.jpg

tenuis(Neoporteria tenuis) 先月末、長浜K園さんからやって来ました。怪しい肌色に黒刺という渋いお姿にこの黄花は目立ちますね。
追記(2011/06/13):間違えていました。Neoporteria tenuisではなくて、Neochilenia pamaensisでした。やはりK園さんで求めたものです。ご迷惑をお掛けしました。ゴメンなさい。
a0176140_23324044.jpg

我が家に前からいる長盛丸か花盛丸か分からないエキノプシスです。これは親からのかき仔ですが、どんどん太ってぽっかり花を咲かせました。駄もの中の駄ものでしょうが、大輪の花はそんな世評を吹き飛ばすほど華やかで美しい!
a0176140_23325192.jpg

緋牡丹錦(Gymnocalycium mihanovichii var. friedrichii 'Hibotan Nishiki') 緋牡丹錦はもう一つ小さいものがあります。交配して種を採りたいと思うのですが微妙に開花時期がずれてしまっています。思うようにはなかなかなりません(涙)。
a0176140_2333735.jpg

紅蛇丸(Gymnocalycium mostii) 先に咲いた二つの花の枯れ枯れの残骸の中からの開花です。こういう姿もサボの魅力と思います。
a0176140_23331877.jpg

牙城丸(Turbinicarpus macrochele) 生きているのどうかも定かには分からないような様子の牙城丸ですが、こうして三輪同時に花をつけてくれました。
a0176140_23332744.jpg
a0176140_23333544.jpg

a0176140_23335023.jpg

征覇城(Turbinicarpus pseudomacrochele ssp.pseudomacrochele var.sphacellatus) 前にも紹介した制覇城です。旺盛に吹き出している仔たちからも一人前に花を咲かせ始めました。何とも健気なサボです。ますますお気に入りになりました。

今日はエリオシケ実生の残りの3種を植え替えました。これで実生第1ボックスが空いたので、新たに種蒔きが出来るのですが、今始めると一回目の植え換えが真夏になってしまいますね。もう少し我慢して夏末に植え替えられるようにした方が良いかな? 明日以降、水槽を綺麗にしながらしばらく悩むことにします(笑)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-20 23:28 | Cactus | Comments(3)
2011年 05月 19日

エリオシケ実生 植え替え

昨日は昨年末に播種した実生苗たちを植え替えましたが、引き続き今日は3月半ばに播種したエリオシケの実生苗の植え換えを行いました。
a0176140_22434584.jpg

前回初めての実生苗植え替えではピンセットを使ったのですが、強く掴みすぎて多くの苗に傷をつけてしまいました。その反省から今回は塗り箸を使いました。抜き上げから用土表面への植え込み用の穴開け、そして植え込みまで塗り箸で行いました。種類によって若干違いますが、エリオシケは根張りがそれほど深くはありませんが、それでも抜き上げた根には表土のバーミキュライトがべったりと付いています。それを水でさっと洗ってから植え込みました。塗り箸での作業は掴み具合を微妙に調節出来てなかなか具合が良いものです。結果は植え替えた苗たちが成長を無事始めないと分かりませんが。
a0176140_22435518.jpg

これも前回の反省点なのですが、表土が平らでないと植え込み時のストレスが増します。それで今回は調理用肉叩きで表土を平してから腰水で給水させました。播種の際にもこうやっておけば均一に蒔き易そうです。
a0176140_2244540.jpg

こうやって植え替え終了。しかし、苗を傷つけないように気を遣う作業ですから、10種中7種を終えた時点で時間切れというか根気を使い果たしてしまいました(笑)。私の場合、発芽2ヶ月後でもこの有り様ですから、ベテランの方々が発芽後直ぐに植え替えるのはまさに神業ですね。
a0176140_22441482.jpg

こちらは昨日植え替えた発芽後約5ヶ月の実生苗を移動させた実生第3ボックスの外観です。取り外し可能な遮光枠(遮光率30%)をフレームに取り付け、その中の大型衣装ケースに苗を収めてあります。
a0176140_2244233.jpg

こちらは遮光枠を取り外した状態です。衣装ケースの蓋を浮かして熱気を逃し後面下部には吸気口を開けました。今日は気象台発表で25℃、ベランダ日陰の温度計は35℃を超え、この実生第3ボックス内の最高温度も37℃まで上がりました。幸い苗たちに温度焼けは起きませんでしたが前面にも吸気口を開ける必要がありそうです。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-19 23:34 | サボテン実生 | Comments(5)
2011年 05月 18日

エリオシケ実生 播種から二ヶ月

3月半ばに播種した10種のエリオシケが2ヶ月を迎えました。発芽とその後の成長はご覧の通りですが、驚くことにこの間、カビなどで腐った苗は一つもありません。ベンレートでの消毒も時々思い出したように行いましたが、播種前に容器ごと電子レンジで殺菌したのが良かったようです。
a0176140_21574240.jpg
a0176140_21575136.jpg
a0176140_2158245.jpg

今日は、昨年末に播種した実生第2ボックスの実生苗たちを植え替えてベランダの実生第3ボックスへ移動させました。播種後5ヶ月経ってようやくのお日様デビューです。焼けたりせずに育ってくれればいいのですが……。
明日は写真のエリオシケ苗たちを植え替え、空いた第2ボックスへ移す予定です。なぜ慌ただしく実生苗を植え替えるのかというと……。
a0176140_22101488.jpg

実は次に蒔かねばならない種たちが待っているからです。3月末にメサガーデンに発注したのですが、以来何の音沙汰もなく、さては私の怪しい英語でのFAXは受理されなかったのかと思い、連休中に今度はサクシードへ注文しました。ところが……。今月半ばになってメサとサクシードからほぼ同時に種子が届きました。これは困った!
というわけで、実生苗たちがトコロテン式に押し出されることになりました。ところが新たに播種しようにも、ガラス水槽を利用した我が家の実生第1ボックスでは一度にせいぜい16種800粒が限度。二社合わせて20種を超える種子が手元にやって来ましたから、こうなったら、丈夫そうなものは直にフレーム内で実生を始めようと思っています。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-18 23:03 | サボテン実生 | Comments(0)
2011年 05月 13日

地味な花

久しぶりにからっと晴れましたと言いたいところですが、またまた黄砂です。でも陽射しがあるのは私にもサボたちにもうれしい限りです。サボの花には「何でこんなに」と思うほど大きかったり派手だったりするものが多いようですが、今日のフレームの中ではこんな地味な花が咲いていました。
a0176140_22465231.jpg

鳳頭(Gymnocalycium asterium) 黒刺タイプです。春早くずいぶん前から蕾を出し始めていましたが、慌てないタイプなんですね、ここへ来てようやく開花しました。渋い球体に相応しい地味な花です。
a0176140_2247658.jpg

アップにしてみましたが、やっぱり地味な花です。でも花弁や雄蕊の微妙な色使いがなかなかお洒落です。これだけ花粉を噴いていると、受粉して結実させたい欲求にかられますが残念ながら相方が居りません。
a0176140_22471787.jpg

白竜丸(Mammillaria compressa) 写真ではそうでもないのですが、実物はこれもまた地味な花です。どうしてもデジタルだと階調が制限されがちで地味な感じは出しにくいですね。

今日は忙しくて実生用フレームを完成させることが出来ませんでした。早いとこ仕上げて、年末の実生苗を植え替えて移動させないといけません。二ヶ月前に蒔いたエリオシケたちも植え替え時期に来てますし、新たに届いた種もあるし……。困ったものです。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-13 23:04 | Cactus | Comments(0)
2011年 05月 11日

気の早い台風

ずいぶん気の早い台風が北上して来たおかげで、昨日今日と一日中しっかり雨となりました。当地では蒸し暑くはないので助かりますが、まるで梅雨のよう。フレームの蓋も閉め切りでサボたちを覗くことも叶いません。この雨で実生苗をベランダに出す仕掛けも完成が遠のき、苗のお日様デビューは来週になりそうです。早く晴れてくれー!
そんなわけで新たな写真も撮れず、先月末に長浜K園さんからやって来た新顔をご紹介します。
a0176140_21222760.jpg

ロッビンソルム(Escobaria robbinsorum / Mesa SB462) 扁平な球体に刺座の白い綿毛、そこから伸びるピンクがかった短い刺のバランスが気に入って選んで来ました。残念ながら今年の花はもう咲き終わっているようです。
a0176140_2122369.jpg

北極丸(Escobaria vivipara) ロッビンソルムもそうですが、これもコリファンタに分類されることもあるようです。サボテンの属の分類って難しいというか混乱しているようですね。学者のエゴだという話も園主さんからお聞きしました。
a0176140_21224414.jpg

パマエンシス(Neochilenia pamaensis / koehr es#8992) 黒く怪しい肌色が何とも言えず魅力的です。現在、二つの蕾はかなり膨らんで来ています。
a0176140_21225275.jpg

テヌイス(Neoporteria tenuis / FR1453) こちらもよく似た肌色の仲間ですが綾の感じが違いますね。こんな肌色で葉緑素は少ないでしょうから成長は遅いのでしょうね。
パマエンシスはネオチレニア、テヌイスはネオポルテリアということですが、どちらもピロカクタスとされていたり、今はエリオシケに統合されていたりしてややこしいですね。

これらを分けていただいた折、園主さんからいくつか教えていただいたことがあります。それは、
1.サボテンが動いている時に植え替えてはいけない。新刺や蕾が出る前、既に鉢の中では新根が動き始めている。その前、冬の間に植え替えて短い春の成長期を十分に利用すべき。
2.冬は結露の滴を防ぐために温室に内張をするだけなので最低-5℃ほどに下がるが、断水して休眠させておけばメロカクタスでも凍害は起きない。ただし、鉢穴から根が出ていると凍害を受ける。
3.夏は光線よりも温度焼けに注意。通風を十分に図るべき。高すぎるよりは低いと思われる温度の方が健全なサボテンが出来る。
4.表土に矢作砂を使うのは土との境界線からの腐りを防ぐため。
などでした。

特に1が印象に残っています。ほとんどの栽培書には「春になって動き出す前に植え替える」とありますが、これは確かに難しい。断水していても、陽射しが強まり温度が上がれば、サボたちは目を覚まし球体の栄養分を使って動き始めるでしょう。その前(休眠中)に植え替えるというのは合理的ではないでしょうか? さらに拡大解釈するならば、植え替えたからといって直ぐに灌水はせず休眠状態を続けさせ、凍害の心配がなくなった頃に灌水を始めるのが良いのかも知れません。かえって教科書どおりに「春が近づく→植え替える→灌水開始」と単純に捉えると、思わぬ寒の戻りに遭って、寒さに弱い種が根腐りを起こす危険もあると思います。
聞き違いもあると思います。あくまでも私の記憶にあることとしてお読みください。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-11 21:32 | Cactus | Comments(4)
2011年 05月 08日

気持ちよく晴れた日

昨日は梅雨の先取りかと思うほど蒸し暑い日でしたが、夜に雷入りで降った激しい雨に塵も洗われて今日は昼前から気持ちのいい青空が広がりました。強い陽射しでフレーム内は40℃以上に上がりますが外の空気はひんやりしていて、昼夜の温度差も大きくサボたちにはいい季節なのでしょう。
a0176140_22194183.jpg

紅蛇丸(Gymnocalycium mostii) 我が家のギムノでは妖艶な赤花を見せてくれた緋花玉にも魅入られましたが、この紅蛇丸の花にもとても惹かれます。派手さはありませんが、言わば和の華やぎという感じでしょうか? 花びらの開き具合がもう少し整っていればなお素晴らしいのに……。
a0176140_22284854.jpg

多花玉(Gymnocalycium multiflorum) ほんのりとピンクに染まった花びらの優しい姿に惹かれてアップにしてみました。
a0176140_22312489.jpg

ラウシー(Sulcorebutia rauschii) ETの頭のようでちょっと不気味な球体に似合わず派手な花です。花びらはコスモス、雄蕊は椿といった感があります。
a0176140_22354070.jpg

最後は同じ赤紫でも花ではなく先だって我が家にやって来た紫太陽(Echinocereus rigidissimus var. rubrispinus)です。二頭立てのユーモラスな姿なのですが、帯状に刺色が違うのはその年の育ち具合に依るのでしょうか?

昨日今日と暇を見て、実生幼苗を室内の実生ボックスからベランダへお外デビューさせる仕掛けを作りました。完成まであと少し、明日明後日と出張で留守しますから、帰ったら最後の仕上げをし、温度の上がり具合をテストして実生苗を移す予定です。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-05-08 22:49 | Cactus | Comments(4)