<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 29日

新サボ到来

昨日、京都からの帰り道、琵琶湖畔の廣仙園に寄って来ました。いつものように園主さんと人なつこいわんこが迎えてくれました。
先日、突貫工事で3つめのフレームを作り、サボ収容の余裕が出来たので、当然のこと目的は新サボ漁りです。とは言え大球は場所を取りますから、いつものようにせこく小球狙い。今回はツルビニ狙いの訪問です。
園主さんいわく、最近、ツルビニは余り人気がないとのこと。小型で場所を取らず、小さいうちから花も見せてくれ、ほとんどが丈夫で育て易いのに……。兜や豪刺系のような分かり易い見た目の違いが少ないからでしょうか? それにしても、人気の移り変わりは気まぐれなものですね。

 前列左から、白栄丸(Echinomastus durangensis)、柴宝玉(Echinomastus unguispinus)。後列左から、フラビフローラス(Turbinicarpus flaviflorus)、ディッキソニアエ(Turbinicarpus dickisoniae)、昇竜丸(Turbinicarpus schmiedickeanus)。
a0176140_20531590.jpg

結局、ツルビニを3種、そして何故かエキノマスタスを2種いただいて来ました。植え替えられたばかりの実生マスタスたちが光を浴びて輝いているのを見て思わず手が出てしまいました。こうやってフレーム内が混雑していくのですね(笑)。

a0176140_2054262.jpg

 この二つ、左は6月に、右は今回、同園からやって来たどちらも昇竜丸なのですが、ずいぶん刺姿が違います。同種同士の実生でも、その時々で色んなバリエーションが出るのですね。
自生地のツルビニは、石灰岩の割れ目に溜まった僅かな腐葉土に辛うじて生えているような感じで、栽培品のように群生したりすることはまずあり得ないそうです。栽培場では調子に乗って水をやると、けっこう身割れし易いとか。

a0176140_20553372.jpg

a0176140_20554633.jpg

 白栄丸(上)と紫宝玉(下)のアップです。涼しくなったことだし、「栽培はそんなに難しくないですよ」という園主さんの言葉に背中を押され連れて帰りました。瑞々しい刺姿は自生地でのそれとは大きく違うのでしょうが、これはこれで魅力的に思えてきます。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-09-29 21:01 | Cactus
2011年 09月 24日

お知らせ:サボ種子のお裾分け

台風15号は妙な台風でした。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
四日ほどまったく陽の射さない天気が続きましたが、お彼岸の今日は朝から久しぶりに晴れ上がりました。やはりサボは陽射しの下で見るのが良いですね。雨の吹き込みで濡れてしまった用土も夕方にはほぼ乾き、光を浴びてサボたちも気持ちよさそうです。これから陽射しはどんどん短く弱くなって行きますが、短い秋の成長期間を大切に過ごさせないと。
夏から秋にかけて、いくつかのサボたちが実を結んでくれました。珍しいものなど一つもありませんが、ご希望の方があれば種子をお裾分けしたいと思います。ご希望の方は、メール(aihal_polyhedronアットマークexcite.co.jp)か非公開コメントでお申し込みください。

1.青王丸(Notocactus ottonis)
a0176140_23161212.jpg

自家受粉で種が実りました。約50粒に小分けしたものが3セットあります。発芽率はまずまず良好です。


2.地久丸(Wigginsia erinacea)
a0176140_23185523.jpg

こちらも自家受粉の種子です。約100粒で3セット。これは今のところ発芽率がよろしくありません。


3.瑠璃鳥(Rebutia deminuta)
a0176140_2322847.jpg

同じく自家受粉。約100粒が4セット。発芽率はまずますです

4.緋花玉(Gymnocalycium baldianum)
a0176140_23292363.jpg

こちらが父。
a0176140_23294161.jpg

こちらが母。
約90粒が5セット。発芽率は大変良好です。

5.緋牡丹錦(Gymnocalycium mihanovichii var. friedrichii 'Hibotan Nishiki')
a0176140_2342115.jpg

左が母、右が父。約100粒が6セット。発芽率は大変良好。ただし斑入りの発生は保証の限りではありません。

何種類に応募されても結構ですが、同一種については一名様一セットでお願いします。締切は30日いっぱい。第4種郵便で発送します。お裾分けですからお代も送料もいただきません。どなたでもご応募出来ますが、ご希望多数の場合は、これまで拙ブログにコメントいただいた方を優先して抽選いたします。

もう一つフレームを作らないと新サボも入らないし実生苗の植え替えもままなりません。10月からは仕事も繁忙期を迎え天候もだんだんと悪くなるし、なかなか思うようになりませんね(笑)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-09-24 00:02 | サボテン実生
2011年 09月 12日

播種3ヶ月後の実生苗たち

今日も暑い日でしたね。仕事の合間にベランダ作業をすれば5分も経たないうちに汗が滴ります。
これは5月末と6月初めに播種した14種ほどの実生苗たちのその後です。皆さんに見ていただくというよりも自分のための記録です。そんなわけで、さっとスクロールしてご覧ください(笑)。

a0176140_2391790.jpg

 ベランダに置いた実生ボックスの内部。といっても大型の衣装ボックスに遮光と通風の仕掛けをしただけのもの。遮光率は50%強になっているはず。太陽の子・サボテンとはいえ、実生幼苗には強光線は大敵のよう。これで盛夏でも最高温度は38℃ほどに留まります。

a0176140_2394050.jpg

 奥:Escobaria vivipara v alversonii SB1800(アルバーソニー)。手前:Escobaria missouriensis SB205。

a0176140_2395467.jpg

 Escobaria minima SB423。ご覧のとおり、これは生育がよろしくない。

a0176140_23102416.jpg

 奥:Escobaria dasyacantha SB968。手前:Coryphantha bumamma(天司丸)。これは果実内で芽を出していた慌てんぼたち。植え込んだら、ちゃんと成長を始めました。思うような降雨がなくても、果肉の水分を利用して生き残ろうという戦略でしょうか?

a0176140_2310428.jpg

 Echinocereus pulchellus ´aguerrei´。いわゆるエビ系?、エキノケレウスも6種ほど蒔きました。

a0176140_23105850.jpg

 Echinocereus lauii Lau 780。

a0176140_2311403.jpg

 Echinocereus engelmannii (San Diego Co CA)。これも成長は遅そう(涙)。

a0176140_23115279.jpg

 左:Echinocereus coccineus SB 747 (Manzano Co NM)。右:Echinocereus waldesii RH 119 (Rudi Haas)。エキノケレウスは楽勝のサボと思い込んでいましたが、けっこう気むずかしく、ここからの3種は発芽率も今一つでした。

a0176140_2312171.jpg

 左:Echinocereus triglochidiatus SB 300 (Corona Torrance Co NM)。右:Coryphantha pseudonickelsae。

a0176140_23121482.jpg

 左:Coryphantha echinoidea SB 1722 (Sandia Victoria NL)。右:Coryphantha cornifera。

a0176140_23122740.jpg

 Coryphantha kracikii (El Portendo Durango Mex)。

a0176140_23124186.jpg

 今でこそ緑の肌も見え、遅まきながらも成長を始めてますが、最初はこの刺をカビと勘違いしたほどです(Escobaria dasyacantha SB968)。

a0176140_23125057.jpg

 こちらも成長が悪いというか妙な育ち方をしています(Echinocereus engelmannii)。これに限った話ではないけれど、寒さが来る前にそれなりに育って欲しいなあ。お粗末様でした。

3月半ばに播種したエリオシケたち、中には押しくらまんじゅう状態になるものも出て来ました。今日までに2種の植え替えを行いましたが、とてもすべてには手が回りません。お彼岸までに、どうしても必要なものだけを植え替えましょう。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-09-12 00:00 | サボテン実生
2011年 09月 10日

秋へ

出張があったり何やかんやで、しばらくご無沙汰をしていました。今日は暑くなりましたが、朝晩はめっきり涼しくなり、花は少なくなりましたがサボたちも秋を感じて動き出して来ているようです。

a0176140_21411862.jpg

 大虹(Hamatocactus hamatacanthus) 夏前からぐんぐん育っていた大虹も酷暑の間はしばしお休みという感じでした。暑さが少し引き始めた十日ほど前、ふと見ると蕾が上がっているではないですか。これは出張中に咲いてしまうなと思っていたら案の定、昨晩、帰ってフレームを覗いたら咲いていました。この花は夜も完全には閉じないんですね。萎んだものも混じっていますが、深い緑の肌色と長い黄色の鈎刺にレモンイエローの花はコントラストがあっていい感じです。
a0176140_2141299.jpg

 天司丸(Coryphantha bumamma) 4月末に信州からやって来た時、すでに花は終わっていて、綿毛から大きな果実が5つほど突き出していました。果実が熟すのを待っていたのですが、パンパンに膨らんでもなかなか取れません。そのうち色が変わってきたので割ってみると、何と中で発芽している種までありました(後日、紹介します)。今年の花はもうお仕舞いで来年に期待と思っていたら、それから十日も経たないうちに立派な花を咲かせてくれました。果実がある間は種子の成熟に全力を注いでいたんですね。けっこう種が採れました。よろしければ近々に種プレのお知らせが出来そうです。
a0176140_21413999.jpg

 ダシアカンサ(Escobaria dasyacantha) 春先に二頭立てのものを求めたのですが一頭に腐りが入っていて、代品が送られて来たので二つになりました。しかも、生き残りの一頭から吹いた仔(3つ)も大きくなりつつあります(ラッキー!)。同じ園から来たものですが形状がけっこう違います。どちらも上に伸び過ぎているように思うのは水が甘いせいでしょうか? 夏の最中にも気がつくと涼しげな可愛い花を着けてくれて、派手さはなくてもお気に入りのサボの一つです。

秋に植え替え予定のものも3分の2ほどは植え替えを済ませました。それにしても実生苗の植え替えは格段に手間がかかりますね。気合いを入れてやらないと、でもその時間がなかなか取れません(涙)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-09-10 22:13 | Cactus