<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 20日

冬直前の実生苗たち

2,3日前は少し冷え込みましたが、また生暖かさが戻っておかしな冬の入口です。それでも、昨日、近所の田圃に白鳥の群れが飛来しました。それなりに季節は冬に向かっているようです。
今回は十日余り前に撮ったものですが、冬直前の実生苗たちのご紹介です。

a0176140_835484.jpg

a0176140_9173920.jpg

 金冠竜(Ferocactus chrysacanthus)。純黄刺豪刺という触れ込みですが如何なものでしょうか? 赤刺タイプが4つほど見えますが、残念ながらしばらくで色が褪せるようです。

a0176140_8412310.jpg

 すみれ丸(Notocactus_uebelmannianus)。ご存じ、花の綺麗なすみれ丸です。姿を愛でるサボではないでしょうが、けっこう顔つきが違ってきて面白いですね。

a0176140_8441855.jpg

 十稜兜と花園兜の交配種だそうです。でも全部、八稜のようです。植え方が拙く、夏過ぎに植え替えたのに、もうギュウギュウ状態になりつつあります。

a0176140_8465251.jpg

 ヘキラン(Astrophytum myriostigma var. nudum)。左手前の双頭株もここまで順調に育ってくれています。

a0176140_8485693.jpg

 鸞鳳玉(Astrophytum myriostigma)。四角鸞鳳ということでしたが、五稜のものの方が多い。いや、別に文句を言っているわけではありません(笑)。

a0176140_852766.jpg

a0176140_853146.jpg

 綾波(Homalocephala texensis)。よーく育ってくれています。刺も稜もそれらしくなって来ました。ここまでの印象は丈夫で作りやすいサボですね。

a0176140_855981.jpg

 蓬莱宮V.グロボーザ(Mammillaria schumannii var. globosa)。マミの中では大輪系と思いますが、花が見られるのはまだまだ先。

a0176140_91168.jpg

 奇想丸(Setiechinopsis mirabilis)。40粒播いて発芽した2つが生き残っています。暑い夏も無事に切り抜けてくれました。来年辺り、あの神秘的な花を見せてくれないかなーと期待しています。

a0176140_941935.jpg

 金晃丸(Notocactus leninghausii)。こちらはうじゃうじゃと発芽し、丈夫に育っています。夏の終わり頃にはかなり余裕があって、来春に植え替えればいいやと思っていましたが今は押しくらまんじゅう状態です。どこにでもある、ごく普通のサボですが、こうやって見ると実に愛おしい。こうして実生沼にはまって行くのですね(笑)。

これらの実生苗も凍らないように加温して冬越し予定です。水やりは様子を見ながら月一程度でしょうか?
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-11-20 09:13 | サボテン実生
2011年 11月 15日

晩秋の花

お久しぶりです。ようやく日照のある日でも終日フレームを閉め切る時期になってきました。このところ色々あってブログ更新がままなりません。今日は、この半月ほどの間に咲いたサボ花を紹介します。

a0176140_21305358.jpg

 羅卒丸(Eriosyce rapifera)。この種は普通、早春咲きだと思いますが、10月に入って蕾を上げ始め、今を盛りに咲いています。10以上の蕾が確認出来ますから、狂い咲きというのは当たらないようにも思いますが……。

a0176140_21384659.jpg

 瑠璃兜(Astrophytum asterias f.nudum)。夏前からよく咲いてくれました。花びらが細く、ちょっと危ない感じの花ですが晩秋に二輪花を見せてくれました。これで咲き止めかとも思いますが、花殻を取るとその下に小さな蕾が出ています。

a0176140_21443768.jpg

 昇竜丸(Turbinicarpus schmiedickeanus)。9月末に琵琶湖N園からお輿入れの昇竜丸長刺タイプです。短刺タイプも咲くのですが、いかんせん一株ずつしかなく、開花時期が微妙にずれて交配出来ません。

a0176140_2148211.jpg

 白鯱(Gymnocactus knuthianus)。夏の間、根元に吹いた仔がしぼんでいったりして、ちょっと機嫌が悪そうでしたが、涼しくなって元気を取り戻したようです。

a0176140_222309.jpg

 白星(Mammillaria plumosa) もこもこの群生というのは、ご機嫌が分かり難いですね。でも、こうして次々と可愛い花を見せてくれてますから、それなりに状態は良いようです。

a0176140_22303279.jpg

 スパケラトス(Turbinicarpus pseudomacrochele ssp.pseudomacrochele var.sphacellatus) 昨年末に播いたものを一つ、5月にプシス接ぎしました。実生のまま育てているものに比べて、ぶくぶく太って形も崩れて来ていましたが……。蕾は10個以上上がって来ました。同時に仔吹きも始めましたが、根元からの親株に比べて、ずいぶん上から仔吹きしています。どんな形になっていくのか、興味津々でもあり心配でもあります。

実生苗や寒さに弱い南米系などを収めたフレームの保温と加温の設備をようやく終えました。でも、今年は暖かく、土中温度7℃に設定したサーモのスイッチはまだ入りません。後は無加温のフレームの内張をしておかないと。室内の実生幼苗の植え替えや、手持ちの種の播種もしないといけないのですがままなりません。

そうそう、先だって地元に再オープンした巨大ホームセンター(田舎にしては巨大という意味です)へ今日初めて行ったのですが、室内の園芸コーナーにあったサボは何とプラスティックパック入りでした。これまでも、用土表面が糊で固めてあったり、用土の殆どが発泡スチロールだったりしたものには出くわしましたが、パック入りとは虐待としか言いようがありません。おそらく、買って帰ってもパックのまま枯らす人もあるでしょうね。ちなみに1パック480円、ため息が出ました。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-11-15 22:49 | Cactus
2011年 11月 02日

実生苗、その後 エリオシケ

11月に入っても、ここ二日はずいぶん暖かい日が続いています。明日からは少しぐずつくようですが、秋が深まり出すにはまだ少しかかるのでしょうか。
例年のことですが、このところ仕事が繁忙期に入って、サボたちの世話もブログの更新もなかなかままなりません。ようやく先日、スタイロフォームでフレームの防寒準備を終え、種別に加温・無加温のフレームに移動させました。電熱マットでの加温はまだ必要ありませんから、月半ば以降に準備することになるでしょう。
日が照れば、フレーム内は40℃を超えてしまい通風が欠かせません。ただし、朝方には10℃ほどに下がりますから、サボたちは冬前最後の良い環境にあるようです。

実生苗のその後、今回は3月に播種したエリオシケ属10種の現況。自分のためのつまらない記録ですから、さーっとスクロールしてください。

a0176140_2323975.jpg

 Eriosyce subgibbosa v. nigrihorrida FK 22 (Tongoy)
a0176140_2333762.jpg

 Eriosyce crispa v. huascensis FK 74 (Huasco)

a0176140_2352371.jpg

 Eriosyce crispa v. huascensis FK 76 (Huasco, 50m)

a0176140_2362358.jpg

 Eriosyce taltalensis subsp. pilispina FK 772 (Caleta Flamenco (km 945 to km 955) Chanaral 20m Chile)

a0176140_2381921.jpg

 Eriosyce taltalensis v. pygmaea ´calderana´ FK 132 (N Chanaral)

a0176140_23102639.jpg

 Eriosyce esmeraldana FK 436 (Esmeralda on the beach)

a0176140_23181698.jpg

 Eriosyce odieri v. monte-amargensis FK 522 (Monte Amargo)

a0176140_23192948.jpg

 Eriosyce heinrichiana subsp. intermedia FK 28 (Elqui Valley E La Serena)

a0176140_23203571.jpg

 手前:Eriosyce taltalensis subsp. paucicostata FK 389 (45 km S of Paposo)、後ろ:Eriosyce recondita ´vexata´ FK 369 (Morro Moreno Chile)

これらの苗は冬の間も凍らない程度に加温して、時折はお湿り程度に灌水していくつもりです。来年も春前にエリオシケの種を蒔きたいと思っています。いくつもの属が統合されていてバリエーション豊富なところが興味深い。その前にはツルビニなど北米物を冬実生する予定です。スペースについては後から考えることにしましょう(笑)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2011-11-02 23:31 | サボテン実生