<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 25日

難物+α 実生、冬越し中

 今日は関東でも雪が積もって、交通機関などにけっこう影響が出たようですね。東北地方の日本海側や北海道では豪雪の被害も出ているようですが、私の住む石川県加賀地方では現在積雪はゼロ。おそらくそう言っても、雪の降らない地方の方にはなかなか信じてもらえないでしょう。でも、雪というのは相当に気まぐれなもの。去年も一月の終わりに70cmくらい一気に積もりましたから、これから雪雲がこちらに向かえばそれなりの積雪になるのかも知れません。しかし、そう言えば、この冬はほとんど雷が鳴りません。当地では雷の季節は夏ではなく冬。真っ黒な空から、いわゆる雪おこしの雷が鳴ると、それが雪の合図です。それがほとんど鳴りません。今のところ変な冬です。
 関東の方々には申し訳ないのですが、今日は昼過ぎまで晴れていて、ベランダフレームの中は30℃以上まで上がりました。冬の日照の少ない北陸では、こういう予報はずれの好天はたった半日でも有り難いものです。というわけで、昨年5月末に播いた難物+αの冬越し中の様子をご紹介します。何せ、温室と違いフレームでは天気の悪い日には蓋を開ける気にもなりません。

a0176140_001447.jpg

 月の童子(Toumeya papyracantha SB504)。昨春早く信州からお輿入れになった月の童子は、あえなく夏過ぎにお亡くなりになりました。せっかく花芽が着いていたのに、難物ということにこだわって水やりを辛くし過ぎ、花も咲かずうなだれ萎びて行って、「これはイカン」と胴切り挿し木して発根したのにもかかわらず、まさか発根などしないだろうと引っ張り上げて根を切り、そのままお亡くなりになりました。まったく、責められるべきは無知な私です。難物と言えども、成長期にはそれなりに水を欲しがるのが当たり前のところ、それが分からないとは……。
 そういうわけで、これらの実生難物たちにはけっこう水を与えてきました。結果、腐って消滅したものは一つもありません。もちろん、今のところということです。
 まだ、ミニチュアというサイズですが、月の童子らしい鉋屑のような刺が出て来ました。
a0176140_004390.jpg

 紫宝玉(Sclerocactus unguispinus 'durangensis v. mapimiensis')。さすが難物、どれも発芽率が良くありません。エリオシケなどは一部を除いて、80%ほど発芽していましたから、40粒播いても30個ほどはのこるのですが、月の童子やスクレロ(たった3種ですが)は、家ではその1/3くらいの発芽率です。その原因が種の難物性にあるのか、単に発芽環境が整っていなかったのかは不明です。この春には、室内での難物実生を試してみようかと思っています。
 それでも紫宝玉のいくつかは、枯れも腐りもせずふてぶてしく生きていてくれます。あに反して、けっこう丈夫なのかなと思いますが、これから先、油断するとあっと言う間に全滅と言うことになるのかも知れません。
a0176140_005681.jpg

 黒虹山(Sclerocactus spinosior SB 740)。月の童子と同じように、ひょろく倒れかけの頼りない姿でしたが、成長は遅いながら少しずつしっかりして来たようです。まあ、この小ささでしっかりと言うのも変ですが(w)。
 難物名人のShabomaniacさんにて、「白紅山のつぎに難しい」と言われるように、駆け出しの私には手に余る難物なのですが、こういう魅力的な姿を見せてくれると、「何とかしてやろう」という蛮勇に駈られます。というか実際には、「何とか消滅せずに残ってて」とお願いしたい気持ちです。
a0176140_01982.jpg

 スケーリ(Sclerocactus scheeri SB 862)。これまでの3種は同じ鉢に寄せ植えですが、これは別のスリット鉢に単独で植えてあります。夏の終わりのひ弱な姿からすると、けっこう育ってくれました。
 でも、成長差がずいぶんとあります。ほとんど成長しないもの、お亡くなりにならないまでも干涸らび気味のもの。条件は同じですから、個体のしぶとさというか、これが自然界での生存競争ということなのでしょうか? 次の植え替え時期には間引きで悩みそう。
a0176140_012683.jpg

 ザラゴサエ(Gymnocactus subterraneus v. zaragosae SB 1437)。ここからは準難物のギムノカクタス。
a0176140_015419.jpg

 武輝丸(Gymnocactus subterraneus P 362)。
 ザラゴサエとこの武輝丸は、ギムノカクタスの中でも、こんな風に特異な形状を持つサボ。先端の球体が落ちても、そのうち土中の塊根からまた茎を伸ばして再生して来ると聞きます。何とも妖しくて楽しみです。これくらいの時期に、根はどんな風になってるんでしょう? 掘り上げてみたい衝動に駈られますが、がまんがまん。それにしても両者、ずいぶん姿が違うのですがどうなってるんでしょう?
a0176140_02663.jpg

 白琅玉(Gymnocactus beguinii ´smithii´ Anderson 5033)。これも成長の遅速がはっきり表れていますが、右の一つがようやくそれらしい刺を伸ばし始めたようです。この種は、ギムノカクタスに分類されたり、ツルビニカルプスに加えられたりどっち付かずで混沌としているようです。

 改めて今日(実は昨日)、これら難物たち+αの様子を見て、春先に難物冬実生を試みてみたくなりました。ただえさえ、デリケートな難物たちですから、発芽からその直後の時期を何とか無事に過ごさせてから、お外デビューさせることがどうなのかを試してみようと思います。
 後先になりましたが、今日ご紹介した難物たち+αは、ベランダのフレーム内で越冬中です。凍らない程度に電熱マットで加温(最低温度約5℃)しており、水やりは鉢底まで乾き切らない程度でアバウトにほんの少量与えています。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-01-25 00:34 | サボテン実生
2012年 01月 22日

小春日和

久しぶりに、朝から日没までお日様が照る明るい一日でした。でも、この小春日和も今日限り。明日からは冬型の気圧配置が強まって、予報では一週間先まで雪だるまが並んでいます。
そんな中、ほとんどのサボたちは休眠中ですが、それでも幾つかは春に向けて動き出しています。

a0176140_2332233.jpg

 羅紗錦(Ancistrocactus uncinatus)。目覚めるのはまだまだ先と思っていたので、注意して見ることもなかったのですが、今日ふと見ると幾つもの花芽が上がりつつあります。去年の開花後、けっこう新刺を伸ばしてくれたのは良かったのですが、ご覧のように刺座辺りの疣が黄色く変色し始めました。ダニなら全体に及ぶでしょうから日焼けなのでしょうか?
a0176140_2333431.jpg

 銀翁玉(Eriosyce senilis)。早春咲のエリオシケです。夏の終わりに植え替えてから一回り半ほど膨らんでいます。天候次第でしょうが、あと一月ほどで花が見られそうな感じです。
a0176140_2334141.jpg

 白翁玉(Eriosyce senilis var. multicolor)。こちらも夏の終わりに植え替えました。今の時期、冬咲きや早春咲のサボたちの水やりには悩まされます。結局、一ヶ月に二度弱、根が完全に干涸らびない程度に湿り気を与えるつもりで少量灌水しています。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-01-22 23:33 | Cactus
2012年 01月 19日

エリオシケ、発芽

仕事のため3泊4日で家を空けていました。その間の一番の心配事は、十日前に播いたエリオシケの実生。出掛ける前に発芽が始まったものもありましたが、鉢のアクリル蓋をしたまま留守にしましたので、帰ったら蒸れてカビだらけなんてことになっていないかと……。
でも杞憂に終わりました。カビの発生はまったくなし。播種前に行った電子レンジでの用土殺菌が効いているようです。

a0176140_22421558.jpg
a0176140_22422683.jpg

発芽の様子はこんな風ですが、種類によって発芽率がかなり違います。1000mを超える高山性のものは今のところ発芽率が良くありません。この蒸し蒸し環境が合わないのかも知れません。もう少し様子を見ましょう。
適当にバラ播いてますから、発芽も粗密バラバラです(w)。二ヶ月ほどはこのまま育て、3月半ば頃に第一回目の植え替えを予定しています。

留守の間にずいぶん冷え込んだ朝があったようで、ベランダでの最低気温は-7.0℃にも下がっていました。四方ビニール張りで無加温の成球用第二フレーム内の最低温度も-4.0℃。でも、凍害の影響は特にないようでホッとしました。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-01-19 23:03 | サボテン実生
2012年 01月 10日

冬実生開始

雪はさっぱり積もりませんが、やはり北陸の冬です。ほとんど陽が射しません。昨日は年が明けて初めて青空が広がりましたが、今日は元通り、冷たい雨の降る一日でした。
桜は、冬の間に十分な寒さに晒されて初めて春に蕾を着けるのだそうです。見事な満開の姿で春を告げてくれる桜にとって、冬の寒さは無駄な期間ではなかったのですね。

年末に届いたサクシードからの種を今日ようやく蒔くことが出来ました。すべて南米種のエリオシケばかり14種です。

a0176140_2335450.jpg

 今の時節ですから当然、室内での実生開始です。NECの植物育成用蛍光灯を光源に、熱帯魚用の水中ヒーターを熱源にしています。蛍光灯の色温度と波長分布が特殊なので写真ではこんな色に写ります。まあ、見た感じもほぼ同様ですが……。
a0176140_234541.jpg

 昨シーズンは観賞魚用水槽を使いましたが、大きさが中途半端で収容量が少なく、何か適当なものがないかと物色していたところ、結局、ホムセンでよく見かけるプラスチックの収納ボックスを使うことにしました。上手い具合にこれにちょうど合う大きさの育苗ポッド用プラスチックトレイもホムセンで入手出来ました。鉢をトレイに載せているのは、ボックスの底に入れた水をヒーターで加温するので、やがて水が汚れ、そのままだと用土にカビと苔を蔓延らせてしまうからです。これで9cm弱角の角鉢を最大21個収納出来る実生ボックスが完成しました。
a0176140_2341682.jpg

 用土には、赤玉土、軽石、鹿沼土、珪酸塩白土の混合に、肥料分として実生・挿し木用土を混ぜました。表土はバーミキュライト。赤玉やイソライトも使ってみましたが、これが発芽後のか弱い根が一番潜りやすいようです。鉢と用土は電子レンジで、上蓋のアクリル板は熱湯で消毒しましたが殺菌剤などは特に使っていません。発芽後しばらくは腰水する方が多いようですが、ほぼ密閉されたボックス内の湿度は100%と言ってもいいので、これまでの経験からも、用土の乾き具合を見て灌水した方が過湿を避けられるようです。
a0176140_2342675.jpg

 今回播いたEriosyce14種の内訳は、
*E.limariensis FK12(Socos,400m)
*E.limariensis FK18(RioMolles,1500m)
*E.heinrichiana v.setosiflora FK23(Tongoy,Punta Lenguade Vaca)
*E.odieri subsp.glabrescens FK53(S Totoral,40m)
*E.crispa subsp.atroviridis FK105
*E.taltalensis subsp.paucicostata FK108(Paposo,1800m,Chile)
*E.napina FK159(10km S Freirina)
*E.napina FK162(6km South of Freirina,Huasco,250m)
*E.tenebrica ´fankhauseri´ FK 402 (Trapiche)
*E.andreana FK593(Famatina,Arg)
*E.krausii FK773(S Barquito,Chanaral,Chile)
*E.odieri subsp.glabrescens FK815(Carrizal Bajo)
*E.napina v.duripulpaRMF277(Punta Lobos,Chile)
*E.aerocarpa RMF 299 (40 km w Canto del Agua Chile)

エリオシケ属には、旧来、ネオポルテリア、ホリドカクタス、ネオチレニア、イスラヤ、ヒルホカクタスなどに別れていた各属が大統合されていますから、原産地の環境からして同属内でありながら大きな違いがあるそうです。実際、今回播いた14種の中にも、標高の低い海岸べりから、1800mを超える高地に生えるものが含まれています。こうなると生態も大きく異なり、経験の浅い素人の私に育てられるかどうか心配は尽きません。でも、これだけ違いがあるということは、それだけ姿形も、そして花もバリエーションに富んでいるということですからチャレンジのし甲斐もあると身の程知らずに独り思っています(w)。先ずはカビが蔓延らずに発芽してくれますように。一週間後にどんなご報告が出来ますやら……。

室内での冬実生は若干準備に手間取りますが、カビや雑菌も少なく滅多に腐りませんからお勧めです。春までの数ヶ月、室内で育てて、気温が上がってから外のフレームなりに移すという方法はサボたちの生態にも無理がないように感じています。かつての私は、サボを実生から育てるのはもの凄く難しく、よほどの経験者でないと無理だと思い込んでいました。でも、案ずるより産むが易しです。とにかくやってみましょう、楽しいですよ。サボの実生を始めてみたいとお思いの方、乏しい経験の私ですが分かる範囲でお答えします。よろしければ、コメントやメールでお尋ねください。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-01-10 00:36 | サボテン実生
2012年 01月 01日

明けましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます。
旧年中は、多くの方に教えられ励まされ、サボ道をよちよちと歩んでまいりました。
a0176140_1394540.jpg

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2012年 元旦
アイハル拝
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-01-01 13:12 | Cactus