<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 26日

サボ花盛り 4月の4

遅れて気を揉ませた桜も何時の間にか散りました。今日は夜明けは霧、そして日中は黄砂で遠くが霞み、蒸し暑ささえ感ずる一日でした。
まだまだサボの花盛りが続きます。ちょっとしつこいですが、よろしければどうぞご覧ください。

a0176140_0261355.jpg

ドッピアヌム(Gymnocalycium doppianum)。わが家のギムノ開花二番目はドッピアヌム。涼しげな黄花はギムノには珍しいのでは……。

a0176140_0191628.jpg

同じくドッピアヌム、拡大してみました。どんどん仔をふいてプチ群生するところもギムノにはあまりないように思います。でも、植え替える時、仔がいくつか取れてしまうんですよね。そのカキ仔にも蕾が上がっているところはなかなかに健気なサボですよ。

a0176140_0195316.jpg

緋冠竜(Thelocactus hexaedrophorus var. fossulatus)。刺が邪魔して開き切りません。というか、何だか花が串刺しになっているような……。刺ものに興味はあるのですが、冬に日照が乏しい北陸では良い刺は出せないでしょうから躊躇しています。

a0176140_020584.jpg

天晃(Thelocactus nidulans)。こちらはちゃんと開いてくれました。

a0176140_0204227.jpg

同じく天晃。花芯は炉心と違って悪さはしません。

a0176140_0205282.jpg

ブカレンシス(Mammillaria bucareliensis)。一昨年の秋にやって来たのですが、短い間に恐ろしく膨れ上がっています。寒いうちから次々と花を咲かせていますが、ぼつぼつと咲く地味系な花は注目されることもなくお気の毒。横から人面創のように仔ふきも始まっていて、けっこう微妙なサボですね。

a0176140_0212784.jpg

月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)。留守中に満開になり、ちょっと盛りを過ぎたようですが、綺麗にグルッと花冠を見せてくれてます。鉢一杯に根が回っていそうで、実は根腐れが恐い。

a0176140_0213879.jpg

ピンクニンフ(Mammillaria elongata 'Pink Nymph')。マミラリアの交配種だそうです。いささか盆栽的な形ですね。

a0176140_0221872.jpg

同じくピンクニンフ。クローズアップしてみるとなかなかに可愛らしい。

a0176140_0222332.jpg

太白丸(Thelocactus macdowelii)。ここからは新顔です。かつてはエキノマスタスとされていたそうですが、今はテロカクタスに分類されることが多いようです。どちらにしても、この白刺は魅力的。

a0176140_023883.jpg

香花丸(Dolichothele baumii)。琵琶湖畔の園から昨日、お輿入れ。黄花を見ると何故か手が出てしまうんです。潜在意識に何か潜んでいるんでしょうか(w)。

a0176140_0231373.jpg

奇想丸(Setiechinopsis mirabilis)。もう近々です! ヤフオクで入手した種子を一昨年末に播いて発芽したのがこの2個。それが花芽を上げてくれて……。でも、花が咲かなくても、このミニ柱の肌色と刺の風情、何ともセクシー。そうは思いません?

今日は少し暇がとれたので、実生苗の植え替えなどをしてベランダでのんびり過ごしました。つくづく思うのですが、去年の今頃はもっと一つ一つのサボに細やかに接してあげられました。欲を出して、手元のサボの数は飛躍的に増えましたが、リッチになったようで実は確実に手抜きとなっています(涙)。先日の日焼け事故もそれが原因。

昨日(24日)、京都からの帰り道、長浜市の廣仙園に寄らせてもらいました。お忙しい中、1時間半余りも園主さんから色々とお話を伺いました。
云く、急に光線が強くなる春先は、サボたちも光と温度に対して耐性がない。成長期の今、難物サボも含め水を切らさないこと。むしろ過湿なくらいが良い。水が切れるとせっかく発根した新根が枯れてしまう。根が傷んでいると肌色がどす黒く、肥料不足だと黄色っぽくなる。これからの季節、温度焼けを防ぐためには、栽培室内の空気を動かすこと。小さな扇風機でも効果大。その他、色々お聞かせいただき、ありがとうございました。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-04-26 00:29 | Cactus
2012年 04月 19日

サボ花盛り 4月の3

昨日・一昨日、沖縄へ出張でした。さすがは南の島、暖かさを通り越して暑いくらい。街行く人の半数くらいは半袖で、上着まで着込んだ私は大汗をかいた二日間でした(w)。

今日は一日中、陽の射すいい天気、出張前、フレームに遮光シートを貼ったので日焼けの心配は少なくなって一安心。でも、先日のたった半日の油断で日焼けしたサボたちは悲惨な状態になり、回復不能のものも数鉢あります。なんと助けられそうなものを泣く泣く胴切りしました。

それでも前向きに「サボ花盛り 4月」の第三弾をお届けしましょう。

a0176140_223311.jpg

花笠丸(Weingartia neocumingii)。今年はとても機嫌が良くて、もりもり上げていた蕾たちがほぼ一斉に開花しました。まさに花笠状態(w)。レモンイエローの眩しさにうっとりさせられます。

a0176140_2235661.jpg

白栄丸(Echinomastus durangensis)。昨秋、長浜の園から来た難物サボ。羅紗錦(Ancistrocactus uncinatus)にも通ずるようなユニークな花を見せてくれています。花が終わったら、出来るだけ涼しく過ごさせてやりましょう。

a0176140_2241318.jpg

同じく白栄丸。開花直後の黄色みがかった花色が、時間とともに濃くなって行きます。

a0176140_2243197.jpg

ダシアカンサ(Escobaria dasyacantha)。ガラスのような細刺の中から優しげな花を咲かせ始めました。エスコバリアの仲間はこんな風に上品な花が多くお気に入り。こちらは単頭株ですが、根元から仔をふいているもう一本も蕾が上がって来ました。

a0176140_22453100.jpg

春霞(Escobaria emskoetteriana muehlbaueriana)。同じエスコバリアの春霞は小さめの仔からも健気に花を咲かせています。すこし濁りのある花色ですが、そこに野の花といった風情も感じられます。

a0176140_225839.jpg

ロッビンソルム(Escobaria robbinsorum)。これもエスコバリア。アレオーレの白い綿毛から出る刺はエスコバリアにしては強めで、花がなくても楽しませてくれます。花はご覧のように渋い目の黄色ですが上品そのものです。

a0176140_225273.jpg

同じくロッビンソルム。いくつか蕾も上がっていますから、次々と咲いてくれそうです。

a0176140_2254463.jpg

かぐや姫(Epithelantha micromeris var. ungnispina)。小ぶりな群生株なのですが、何が悪かったのか去年の春はとうとう花を見ることが出来ませんでした。今年は待望の開花となりましたが、あまりにも可愛すぎる花ですね(w)。あといくつかは咲いてくれそうですが、芯止めで群生させている分、もっと成長しないと群開は無理のようです。

a0176140_226344.jpg

猩々丸(Mammillaria flava)。先日紹介したものより刺の赤味が少ないタイプです。白髪が混じり始めた猩々というところでしょうか。何だか自分を見るようで親近感が湧きますね(w)。

a0176140_2261871.jpg

菊水(Strombocactus disciformis)。先日のものと同じ株。二度目の群開を見せてくれています。小さな体で思い切りよく六輪同時開花です。「たいへんよくできました」と褒めてあげましょう。

育苗用のトンネルパイプを利用して、風通しの良いビニールトンネルを作りました。見てくれは良くありませんが、夏場を出来るだけ涼しく過ごさせてやれるかなと思います。まだ改良点があるのと、遮光なしでどれくらい内部温度が上がるのかを試すため、強健種を入れて試運転中です。後日ご紹介いたしましょう。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-04-19 22:10 | Cactus
2012年 04月 14日

サボ花盛り 4月の2

やられました。3日ほど留守した間に、数鉢日焼けさせてしまいました。回復不能と思われるものもいくつかあります(涙)。昨日今日と次男坊に頼んでフレーム蓋を空かしてもらったのですが、時既に遅かったようです。陽射しが強くなっているのに遮光してやらなかった私がバカでした。

うつむき加減の気持ちを吹き飛ばすべく、サボ花盛り 4月の第二弾行きまーす!

a0176140_2359287.jpg

菊水(Strombocactus disciformis)。お洒落な蕾開きました。硬い岩みたいな体から、薄クリーム色の美花開花です。queiitiさんがブログで紹介されている寄せ植え株、いい感じです。私もあと2本ほど仕入れて秋には寄せ植えいたしましょう。

a0176140_23595491.jpg

春霞(Escobaria emskoetteriana muehlbaueriana)。小さいですが上品でお洒落な花。花に露出を合わせたら、ハイライトの刺座が飛んでしまいましたが、整然と細かい刺が並ぶ球体もなかなかにお洒落です。

a0176140_00062.jpg

紅梅殿(Gymnocactus horripilus)。黄刺タイプの紅梅殿、花は小さいけれど名前の通り鮮やかな紅。

a0176140_002516.jpg

同じく紅梅殿。噴き出している仔たちも元気そう。しっかり太って群生してくれるとうれしいですね。

a0176140_00465.jpg

ペレツデラローサ(Mammillaria perezdelarosae)。サボ花らしからぬ、ずいぶん優しい花です。もっと育って体が充実すると、花冠のような見応えある咲き方になるようです。それを目標に頑張ってみましょう。

a0176140_011125.jpg

猩々丸(Mammillaria flava)。ぐんぐん育って赤刺をまとった姿も猩々らしくなって来ました。でも、そういう時期に差し掛かったのか、柱サボのように上に伸び始めています(w)。

a0176140_012590.jpg

同じく猩々丸。これからピークを迎える花はなかなかに人工的。

a0176140_02525.jpg

月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)。艶々に膨らんで開花を迎えました。根腐りさせてしまった去年、何とか遺伝子を残そうとしたのか、自家受粉しないはずの月影丸が一果だけ結実しました。採れた種が3個発芽し、室内の実生ボックスで育っています。近々植え替えてお日様デビューさせるつもり。こちらも艶々ですよ。

a0176140_02748.jpg

長城丸(Turbinicarpus pseudomacrochele)。小さな体にツルビニとしては大きな花。整った形の華やかな美花です。この調子で秋口まで次々と咲き続けるとすればかなりの体力が必要で、球体がなかなか大きくならないのも道理です。自生地の環境の厳しさが、成長よりも繁殖を優先させているということなのでしょうか?

ようやく桜が満開に近づき、田んぼではカエルの合唱が始まりました。もうしばらくすれば気温も安定しベランダでの実生が始められそうです。スペースの余裕がまったくないのに、取り寄せた種子がスタンバイ中。さらに発注予定のものもあり、簡便に設置できるベランダ実生の仕掛けを考案していますが、この調子だと秋までにベランダがすべてサボフレームで占領されそうです。どうしたものか……。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-04-14 00:04 | Cactus
2012年 04月 11日

サボ花盛り 4月の1

ようやく暖かくなって石川でも桜が開花したと思ったら、今日は朝から吹き降りでした。明日には回復するようですが、お花見の幹事さんの中には、桜が散ってしまわないか心配している方も居られるやも。
こちらはブルーシート敷いてのお花見をせずとも、フレームの蓋を開ければサボたちが花盛りを迎えようとしています。次々咲くので写真撮るのも忙しく何度かに分けてご紹介します。

a0176140_2223534.jpg

ホルスティ(Notocactus horstii)。ヤフオクで落としたサボですが、慌て者の私は、球体も棘も違っているのにディスコカクタスのホルスティとばかり思っていました(w)。花座もできずに蕾を上げて、純白ならぬピンクの艶やかな花を咲かせました。これはこれで、緑の肌にピンクが映えてなかなかよろしい。ディスコのホルスティの方はいっそのこと実生いたしましょう。

a0176140_22274039.jpg

羅星丸(Gymnocalycium bruchii)。ギムノカリキウムの開花一番乗りはこの羅星丸。それらしく見えない球体から上がる蕾はまさにギムノ。そしてこんな上品な花を咲かせます。仔噴きも旺盛ですが目に見えては大きくなりにくいようです。

a0176140_22282171.jpg

縮玉(Echinofossulocactus zacatecasensis)。まだ寒い中から咲くストライプの花は春の訪れを知らせてくれます。ことしはだらだらと寒かったせいで開花時期がずいぶん遅れたようです。ありふれたサボですが、アレオーレの白毛も美しく、他のエキノフォスロともども、もっと人気があっても良いと思うのですが……。

a0176140_2233333.jpg

白鯱(Gymnocactus knuthianus)。年明けのずいぶん寒い間に蕾を上げ始めていましたが、ここへ来て可愛い花を次々と咲かせています。そして……

a0176140_22344162.jpg

同じく白鯱。こんな小さな仔にも花芽が。太り始めると窮屈になるでしょうから、花後に植え替えるべきか悩みどころです。

a0176140_22353618.jpg

兜(Astrophytum asterias)。特に何の変哲もない兜です。そこが良いのだと一人納得しています(w)。この黄色の清々しさは球体が多少歪んでいようと関係なく美しい! 琉璃兜と並んで有星類の開花一番乗りも褒めてやりましょう。琉璃の方は撮る前に萎んでしまいましたが、これから秋まで何度も咲いて楽しませてくれるでしょう。

a0176140_22364841.jpg

インターメディア。旧ネオポルテリア系のエリオシケに違いないと思いますが学名が分かりません。ググってみると、Eriosyce heinrichiana ssp.intermediaとかNeoporteria setosiflora v. intermediaが出てきますが、どうみても違う種です。サブギボッサあたりの変種のようにも思いますが……。今のところ正体不明ですが、花はご覧のように美しい。ネオポル系の中では色も控えめで、人工的な感じがしない上品な美花だと思いますがどうでしょう?

a0176140_22373826.jpg

スパケラトス(Turbinicarpus pseudomacrochele ssp.pseudomacrochele var.sphacellatus)。毎度おなじみのスパケラトス。こちらはプシス継ぎして一年足らずなのですが、ぶくぶく太ってどうしたものかと思っていました。しかし、さすがプシスパワーの威力絶大です。仔噴きはするは、蕾を次々上げて複数同時開花するは賑やかです。同じく肥満気味の白ランポーとつばぜり合いを始めていますので花が終わったら植え替えですね。でも、花は何時終わるのか? ひょっとして冬の入り口まで咲き続けるかも知れません。

今日のところはこんなところで(つづく)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-04-11 22:41 | Cactus
2012年 04月 07日

たいへんよくできました

先日の暴風、皆さんのところは被害はありませんでしたか? こちらでも長時間、もの凄い風が吹き荒れ、畑地から吹き上がる砂嵐の様子が全国ニュースでも報道されていました。家の周囲でも、電柱が倒れ、屋根のトタンや瓦が飛ばされた所もあり、あれだけ強い風が長く続いたのは台風の時でも経験ありません。
わが家のベランダにも強い風が吹き付け、固定されていないものはすべて風下へ吹き飛ばされ、そこら中から飛んできた木の枝や葉っぱでゴミだらけに。昼過ぎに仕事から帰ると、高をくくって固定せずにいた3つのフレームの蓋すべてが煽られて全開になっていて焦りました! 幸い植え替え直後の毛柱サボが傾いだくらいで実害はありませんでしたが、第3フレームでは底に敷いたパミスが巻き上げられて、鉢土がマグアンプを播いたような状態になりました。今でも、飛んできた細かい枝葉や吹き上がった鉢土を見つける度にサボ刺から外しています。いやいや参りました。

嵐が去った後は一度に春本番となると思いきや、寒い! 今朝もわずかな間でしたが、桜ならぬ雪が舞っていました。それでもフレーム内は花盛りの時を迎えようとしています。今日はあともう少しで咲く蕾たちを紹介します。
小学校低学年の頃、宿題プリントに押された判子がありました。「たいへんよくできました」、「よくできました」、「もうすこしです」、「がんばりましょう」の3つだったと記憶しています。皆さんのところではどうだったでしょうか? 今でもこういうのはあるんでしょうか?
蕾ならば、「もうすこしです」か「がんばりましょう」かと思いますが、長くて寒い冬を耐え、私のずぼらな世話に付き合って、ここまで蕾を膨らませてくれたと思えば、当然「たいへんよくできました」をあげたい。もちろん咲いたら、もっと綺麗に「♪記念の写真を撮りましょね」(w)。

a0176140_22155442.jpg

宇宙殿(Echinocereus knippelianus)。去年は加温フレームで過保護にしたせいか花がつかずがっかりしました。今年はきっちり断水して無加温で厳しく過ごさせ、体はまだすっかり膨らんでいなくても念願の花芽が。うれしいですね。

a0176140_2216769.jpg

紅梅殿(Gymnocactus horripilus)。こちらも無加温越冬組。まだ蕾は一つですが、去年の経験からすれば、ぼつぼつと長期間咲いてくれるはずです。

a0176140_22162448.jpg

ロッビンソルム(Escobaria robbinsorum)。白い綿毛からうっすらと色づいた直刺が上品で、あまり目立たないけど気に入っています。後しばらくで、いくつか同時に咲いてくれそうです。

a0176140_22163755.jpg

白栄丸(Echinomastus durangensis)。昨秋に来た時よりも球体が少し大人っぽくなったようです。それでも体に似合わないような大きめの蕾を上げています。暑い夏を少しでも涼しく過ごさせるための通風良好ビニールトンネルを考案中。

a0176140_22165632.jpg

菊水(Strombocactus disciformis)。サボの蕾の中では、羅紗錦と並んでお洒落な蕾と思いますがどうでしょう。大きくなる雰囲気はありませんが堅実に育っているようです。2つ3つを寄せ植えすると風情がありそう。

a0176140_22171983.jpg

アルビスピナス(Echinocereus reichenbachii var. albispinus)。こちらも去年は加温越冬させたせいか花をつけませんでした。おまけに春先の植え替え時にポロポロと刺落ちする始末。無加温断水で耐えてもらった今年は刺落ちもなく蕾を上げ始めています。かなりど派手な大輪を咲かせるようなので楽しみです。

a0176140_22174592.jpg

アルビスピナス。拡大してみました。これは白毛が多いタイプのようですね。

a0176140_2218091.jpg

紫太陽(Echinocereus rigidissimus var. rubrispinus)。去春に来た双頭のものは時期を過ぎていて花を見ることが出来ませんでした。これはこの冬に求めた二本目。蕾出現のようです。双頭のものも少し遅れて同じような綿毛を出しています。上手くいけば同時期開花で種が採れるかも知れません。

a0176140_22181717.jpg

月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)。昨春の開花後、根腐れのため胴切りしました。マミラリアの鈎刺ものは直刺種よりもやや弱いと聞いていますが、無加温断水の冬を乗り切って開花間近となっています。ありふれた種ですが、艶々の疣と瑞々しい新刺が良い感じ。胴切り発根後そのままなので、花後に植え替えてやるつもりです。成長期の根切りは勿体ないですが、根腐りされるのは困りますから。

a0176140_22183216.jpg

ピンクニンフ(Mammillaria elongata 'Pink Nymph')。去年、ヤフオク落札時のオマケでいただいたピンクニンフもニョキニョキと分頭して蕾をつけて来ました。群生株になるとうれしいのですが、横に広がるような感じなので場所を取ります。

a0176140_2218523.jpg

緋牡丹錦(Gymnocalycium mihanovichii var. friedrichii 'Hibotan Nishiki')。実根と思っていたのですが、キリンウチワか柱ものに接がれていました。髄だけ残っている台木がまだ効力を発揮しているようで、こんな小さな仔からもいくつも蕾を上げて来ました。そんなに無理することもないのになあと思うのですが……。

a0176140_221994.jpg

花笠丸(Weingartia neocumingii)。去年も綺麗な花を見せてくれましたが、今年は球体も二回り以上太り、ご覧のようにグルッと蕾だらけ。名前の通り、賑やかな花笠になりそうです。これもありふれた種ですが、こういう成長を見せてくれると素直にうれしいものですね。

a0176140_22193091.jpg

奇想丸(Setiechinopsis mirabilis)。今日のトリは2010/12/12に実生した奇想丸。2個発芽したものが6cm余りに育ってくれて、いよいよ蕾が上がって来ました。深い肌色に細かく整然と並ぶ刺。新刺の時の黒い飴色も魅力的。夜咲きの細かく裂けた花弁の妖しい白花が待ち遠しい。自家受粉するといいますから種も採れそう。取らぬ狸の皮算用をしています(w)。

a0176140_22194422.jpg

先月末からの十日余りの間に有り過ぎるほどのことがらが続きました。先々週の日曜日には長男が結婚し、嫁として新しい家族を迎えました。その四日後には十年余り家族の大切な一員だったラブラドールのみやこが車にはねられ亡くなりました。この5日は、末っ子の三女(中)が中学、次女(左)が大学の入学式を迎えました。大学三年になる長女(右)はあと二年は東京で一人暮らしです。また、4月から新しく仕事を手伝ってくれる青年も加わりました。悲喜こもごもの年度末年度始めでした。みやこ、長い間ありがとう。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-04-07 22:24 | Cactus