<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 29日

しばらくおあずけ

今日から二週間ほど出張です。しばらくは可愛いサボたちの顔を見ることができません。その間の世話は次男坊に頼んで来ました。この時期、フレームの蓋は昼夜とも空かし放しなので世話と言っても水やりくらいです。小まめな彼のことですから、きちんと面倒見てくれると思いますがどうなりますやら、いささか心配。

昨日、出掛けにのぞいたフレームの中で見送ってくれたサボたちです。

a0176140_1084882.jpg

青王丸(Notocactus ottonis)。むっちりと膨らんだ球体から上がった茶毛の蕾が二輪ぽっかりと開きました。まだいくつも蕾がありますが、帰る頃には全部終わっているかも知れません。去年採種して室内で発芽させた実生苗たちは、栽培灯下でひょろ長く徒長していましたが、先月、ベランダフレームに移してやって環境になじみ、青王丸らしい茶棘を出し始めています。

a0176140_109304.jpg

征冠玉(Gymnocalycium sigelianum)。4月の日焼け事故でちょっと肌を変色させてしまいましたが、優しい感じの気品ある花が今年も開いてくれました。今は強めの遮光下に置いてありますから、無事で私の帰りを待っていてくれると思います。

a0176140_10101419.jpg

カルミナンサス(Gymnocalycium carminanthum)。赤花タイプです。咲き始めたばかりで、まだ開ききっていません。蕾がたくさん上がっていますから、二週間後にもまだ花を楽しませてくれるでしょう。小球ばかりのフレームの中では一二を争う大球です。といってもせいぜい15cmくらいでしょうか。それでも去年の6月に来た時よりは二回りは太ってくれました。これも遮光は強めがお好みのようです。

a0176140_1011473.jpg

カンディアナ(Sulcorebutia candiae)。先日サボ友さんからいただきました。箱から出した翌日には窓際で二輪の花を咲かせてくれました。今はベランダフレーム内で元気にしています。黄花のスルコは初めてなのでとってもうれしい! サボ友さん、ありがとう。

冬実生後、植え替えをサボっていたエリオシケやツルビニたちを、ここ二、三日で慌ただしく移植しました。やはり手を抜くとてきめんで、去年の苗たちより生育が遅い! この子たちはもう少ししっかりするまで室内の実生ボックスに置きます。梅雨入りしたらベランダに移してお日様デビューさせ、徐々に光になれさせることにしましょう。空いた実生ボックスには播種待ちの種たちを蒔きましょう。まるで自転車操業です(w)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-29 10:15 | Cactus
2012年 05月 24日

ギムノ花図鑑 5月のサボ花 5

このところ好天が続きます。そしてかなり暑くもなって来ました。サボフレームの蓋は一日中空かした状態にしていますが、日中は40℃を超えることも。遮光と暑さ慣れの甲斐あってサボたちは日焼けもせずにおおむね元気にしています。明け方の最低気温はまだ10℃強に止まっていますから、サボたちにとっては良い季節なんでしょうね。

そんな中、ギムノカリキウムたちが続々と開花です。

a0176140_226820.jpg

海王丸(Gymnocalycium denndatum cv."KAIOMARU")。ごく普通の海王丸と思います。去年の6月にやって来たのですが、花もつけず刺も出さず、どうも機嫌が悪いと思っていたところ、この春、桜の時期を過ぎて、やにわに動き始めました。プリプリに膨れて綺麗な花を咲かせてくれています。今思うと、去年は環境の変化でご機嫌斜めだったようです。

a0176140_2264334.jpg

バッテリー(Gymnocalycium vatteri)。これも去年の6月に来たものなのですが、南米病と言うのでしょうか、ご覧のように成長点あたりの具合がよろしくありません。他の南米ものと同じ用土に植え付けたのに何でだろ? そんなにデリケートなサボとも思えないのですが……。それでも液肥の施肥で少し持ち直しつつあるようで花も見せてくれています。右の蕾は刺に引っ掛かって痛々しい。

a0176140_2263774.jpg

緋花玉(Gymnocalycium baldianum)。二つある同種のうちの小さい方も咲いてくれました。去年はこれの花粉で大きな方に結実させ、その実生たちが中指ほどの太さに育っています。変な言い方ですが、花のある花ですね(w)。

a0176140_2271135.jpg

ドッピアヌム(Gymnocalycium andreae v. doppianum)。黄蛇丸の変種とされています。4月半ば過ぎから次々と咲いてくれましたが、ようやく花の終わりを迎えたようです。根元から盛んに仔を吹くタイプなので、花後は液肥をやって仔と球体を充実させましょう。

ここからはアップで行きます。

a0176140_2271144.jpg

海王丸

a0176140_2274323.jpg

バッテリー

a0176140_2273662.jpg

緋花玉

a0176140_2281050.jpg

ドッピアヌム

a0176140_228468.jpg

紅蛇丸(Gymnocalycium mostii)。肉厚の花弁の質感と雄蕊の根元の紅色がお気に入りなのですが、密集し過ぎてうまく花弁が開きません。

a0176140_2284494.jpg

モンビレー(Gymnocalycium monvillei)。爽やかな感じが魅力的な花です。

a0176140_2284039.jpg

多花玉(Gymnocalycium multiflorum)。モンビレーの近親種のようですが、モンビレーと違って刺の根元が赤っぽくなっています。それと名前の割りには花は少なめです(w)。

a0176140_2291755.jpg

バッテリー。開ききる前の花。面白い形をしています。

a0176140_2291384.jpg

バッテリー。ギムノは蕾にも独特の存在感があります。けっこう好き嫌いが分かれるところですね。

来週から二週間ほど出張です。その間のサボ世話は次男坊に頼むことになりそうです。予定より遅れますが、種蒔きは帰宅後になりますね。残念。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-24 22:11 | Cactus
2012年 05月 21日

日蝕

世の中、金環日蝕で大騒ぎでしたが、見られた人、見られなかった人、悲喜こもごもの一日でしたね。北陸地方は金環帯からは外れていて部分食。天気だけは快晴で欠け始めから終わりまで観察できたようです。それほど暇ではないので、最大食までにしておきましたが……。金環帯で雲に阻まれた方々には申し訳ないような気持ちです。

a0176140_18102479.jpg

21日午前7:33頃、ほぼ最大食。部分食とはいえ、ご覧のようにずいぶん欠けました。その間、妙に陽の光に力がなくなって。日食の仕組みが分からなかった時代なら、「お日様が食われたぁ!」と恐れおののいたのも是やと思いました。滲んだように写っているのは、間に合わせレンズの収差のためです(w)。
サボフレームのあるベランダから日食を見てましたら、町内の小学校の屋上は生徒たちで満杯でした。こっちから見えるということは、あっちからも見える。下着姿でふらふらサボ世話しないようにしないと(ww)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-21 18:16 | Daily
2012年 05月 20日

エビ、コピ、etc 5月のサボ花 4

昨日はすっきり晴れて気持ちのいい日だったのですが、今日は靄っとした感じで何だか蒸し暑い。どうやら梅雨前線という奴が北上して来ているようです。もうしばらくで嫌ーな季節がやって来るんですね。
でも、フレームの中は賑やかですよ。今日はエビさんの第二段と地味なコピ、そしてど派手なテロ・紅鷹です。

a0176140_2202435.jpg

ローマ蝦(Echinocereus octacanthus)。エビさんの大定番。人を寄せつけない険悪な刺にこの赤花。群生してくれるともっと見応えが出そう。今後に期待です。

a0176140_2204962.jpg

この赤は何だかケシの花を思わせます。ケシといっても、よろしくないあのケシではありませんよ(w)。雌蕊は緑色のものもあるようですが、これは大人しめの黄色です。

a0176140_221154.jpg

ベルクマニィ(Echinocereus fitchi v berckmanii?)。先月、琵琶湖畔の園にお邪魔した折に、ハウスの片隅でしっかり自己主張していて迷わず連れ帰りました(w)。

a0176140_2212225.jpg

細かい白刺に、ご覧の派手目系のピンク花。花茎と蕾もしっかりと刺で武装しています。

a0176140_2212866.jpg

拡大してみると、吸い込まれそうな妖しい感じもします。

a0176140_2215892.jpg

ヒポガエア(Copiapoa hypogaea)。打って変わって地味なコピアポア。岩かワニの肌のような球体から淡い黄色の花を次々と咲かせています。強光線は苦手なはずですが、先月の日焼け事故の際、同属のギガンテアはお亡くなりになりましたが、こちらは幸いにも目立った影響はありませんでした。雄蕊の茎が長いですね。

a0176140_222434.jpg

テヌイシマ(Copiapoa tenuissima)。ちょっと見、今はエリオシケに統合されたネオチレニアの仲間にも見えるテヌイシマ。堅く締まったような球体から遠慮がちな黄花を咲かせます。これも次々と蕾を上げていて、ヒポガエアよりも多花性のような感じです。

a0176140_2223099.jpg

こちらの雄蕊は普通の長さの茎に支えられています。美味しそうな花粉に小さな蜂が寄って来ますが、相方がないので種は採れません。

a0176140_2224180.jpg

紅鷹(Thelocactus heterochromus)。よい刺を出す自信がないので家に強刺類はほとんどありません。ど派手な花を咲かせるこの時期、これは強刺というよりもまるで花サボテン。去年よりも球体も充実してくれたのもうれしい限りです。

a0176140_22325100.jpg

このメタリックで燃え上がるような花の美しさには引き込まれてしまいます。種はどんなのが実るんでしょう? ググって見ましたがよく分かりません。もう一株手に入れて、来年は種を採ってみましょうか?

今日はサボ友さんからうれしいプレゼントをいただきました。大切に育てさせていただきます。あらためまして、楽しいですね、サボ飼いは。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-20 22:05 | Cactus
2012年 05月 17日

不明プシス開花! びっくりのオマケつき

もう来るなと思っていた不明プシスが昨晩咲きました。この種類は今年初めての花ですが、同時に三株、盛大に開花しました。

先ずは昨晩撮った二枚です。

a0176140_20362595.jpg

けっこう大きく、花弁の直径は10cmを優に超えます。家人に言わせると仄かな香りがするそうですが、鼻が詰まっているのか鈍感なのか私には良く分かりません(w)。

a0176140_2036322.jpg

裏側から。この株は四つが同時に開きました。右側の蕾も今日明日中に開くと思います。

a0176140_20365714.jpg

今朝の様子です。三株で八輪が咲き誇っています。置いてあるのは、先日紹介したビニールトンネルです。

a0176140_2037283.jpg

いかにも花粉が欲しそうな様子ですが、この不明プシスは恐らく同一の個体からのカキ仔と思われますから、交配しても結実はしないだろうと思います。
花が終われば旺盛に仔を吹いて来ますから、それをカキ取ってプシス台に利用しています。遺伝子の更新ということでは実生が良いのでしょうが、この方が早道なんです。

a0176140_20373124.jpg

これは数日前の様子。蕾が頭を擡げてくると見ようによってはちょっとグロい感じですね(w)。

ここで話題はサボを離れて……。
昨夕、次男坊が「フクロウが窓の外にいる!」と部屋に駆け込んできました。慌てて見に行くと……。

a0176140_20374339.jpg

いました! 2階の彼の部屋の窓と室外機に間にフクロウがチョコンと立って(坐って?)おりました。飛び始めたところの幼鳥なんでしょうか? どうやらあやまって窓にぶつかってしまったようです。次男坊いわく、「ドンと音がして、外を見たらおった」。
外見からは怪我はしていないようでしたが、脳震盪を起こしたのか1mほどに近づいても、時折目をパチクリするだけでほとんど動きません。突然の珍客にこちらも目をパチクリです。
野鳥に詳しい獣医さんに連絡すると、「親が探しに来るから近づかずにそっとしておくように」とのこと。その通り、しばらくすると親の泣き声がし始めて、数時間後にはフクロウの姿は消えていました。大したことなく元気に成長できるといいのですが……。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-17 21:08 | Cactus
2012年 05月 15日

白檀、小町、etc 5月のサボ花 3 おまけに新ビニールトンネル

二日ほど明るく良い日が続きました。継続して蕾を上げるもの、新しく開花するもの、ベランダフレームは賑やかな時期を迎えています。

a0176140_23513035.jpg

白檀(Chamaecereus silvestrii)。冬の間、水断ちして赤黒く縮んでいましたが、すっかり色も戻ってモリモリと仔を吹いて盛大に開花しました。よく言われるように、冬にからっからに乾かして寒さに当てるのが開花の要因になるんですね。次の冬はもっと苛めてみようかな(w)。

a0176140_23514630.jpg

同じく白檀。これは確か一属一種のサボだったと思いますが、アルゼンチンの自生地ではどんな風に生えて(這えてか?)いるんでしょうね。ちょっと想像がつきません。付け焼き刃の猫何某と違って、日本の軒下に帰化してからも相当な年季が入っていますからね(w)。

a0176140_2352227.jpg

さらにしつこく白檀。単調と言えばそうなんですが、一気に咲くとなかなかの見応えです。

a0176140_23522240.jpg

金小町(Notocactus scopa var.ruberri)。ノトカクタス・小町の一番手はこれ。昨秋から成長点が伸び始めプチ綴化の様相を呈しています。透き通った花びらが天女の羽衣のよう。実物は見たことないですが(ww)。

a0176140_23523848.jpg

銀小町(Notocactus scopa)。学名からして、ノトの小町は全部、同じ種のバリエーションのようです。こちらは純白の刺で身を飾る銀小町。少し厚めに見える花弁に、雌蕊の色もほかの紅色と違ってレモンイエロー。

a0176140_2352573.jpg

紅小町(Notocactus scopa)。学名では銀小町と同じのようですが、刺色も球体の雰囲気も上の二種とはずいぶん違います。花は金小町と同じような感じですが、さらに花弁の透明感が大きいようにも思えます。

a0176140_23535689.jpg

紅小町。小町三姉妹を代表してアップにしてみました。毛むくじゃらの蕾の中に、こんな繊細な花が潜んでいるんですね。

a0176140_23541713.jpg

月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)。趣向を変えてマミです。これは、根腐りで胴切りした下部からの仔ふきから開花しています。しぶとく生き残っていますが、肝心の下部がどうもしっかりしないので夏を越せるかどうか……。

a0176140_23545296.jpg

レーイ(Escobaria sneedii v. leei)。無闇に仔ふきするエスコ・レーイです。数日前の方が見応えがあったのですが、天気が悪くて撮る気になりませんでした。マミラリアはちょっと苦手なのですが、今のところエスコバリアはどれもうちの環境に馴染んでいてくれるようです。

a0176140_23552324.jpg

こういう簡易ビニールトンネルを作ってみました。簀の子にサボ鉢を載せて可動式のビニールトンネルを被せています。

a0176140_23554664.jpg

簀の子はベランダに直置きしてもいいのですが、通気を良くするためブロックで少し浮かしてあります。まだスペースに余裕がありますが、欲張りな私のことですから直ぐに埋まってしまいそう(w)。

a0176140_2356563.jpg

パッカー着け過ぎですね(ww)。手前の一対の黒い突起はローラーです。反対側を持ち上げてトンネルごと移動させて灌水などのケアをします。温度調節は前後のビニールを捲り上げることで通気を図ります。この状態で昨日は40℃近くまで上がりましたから、真夏には左右の長辺も捲る必要がありそうです。頑健種を入れて試して来ましたが、通気が上手くできるようなら強刺類や難物の夏越しにも良いかも知れません。冬はどうする? それまでに考えましょう(www)
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-15 00:07 | Cactus
2012年 05月 11日

ギムノ、そして大豪丸 5月のサボ花 2

ここ二日ほど肌寒いというか、ひと月あまり季節が逆戻りしたような感じです。風邪を引いたのか鼻水垂らしながら仕事の一日でした(w)。

ギムノカリキウムたちが花の時期を迎えて来ました。このところ天候が悪く、良い光りが得られない中での撮影です。

a0176140_2354291.jpg

緋花玉(Gymnocalycium baldianum)。去年も美しい花を秋口までの長い間楽しませてくれました。去年より十日あまり遅れての開花です。下の方の小さな仔からも三つも蕾が出ているのは驚き。
実はこの緋花玉、四月の日焼け事故の時に、肌焼けはしませんでしたが蕾を一つ失いました。それでも立ち直って開花してくれました。丈夫で花も見応えがある立派なサボだと褒めてあげましょう。

a0176140_23544847.jpg

多花玉(Gymnocalycium multiflorum)。名前の割りには、どちらかというと花の少ないサボですね(w)。緋花玉のように自己主張の強い目立つ花でもなく、変な表現ですが野菜のような感じを受ける花。稜線に少し日焼けの影響が見えますが元気さを保ってくれているようです。

a0176140_23543617.jpg

モンビレー(Gymnocalycium monvillei)。多花玉とシノニムの関係にあるようです。実際、花の印象はご覧のように共通です。刺の強さや稜の形状には多くのバリエーションがあるようです。
今回のギムノ三種は、ワシントン条約では絶滅危惧種のCITES-Iではありませんが、輸出許可書が必要なCITES-IIに分類されているんですね。日本でも古くから広く栽培されている普及種なだけに、何だか非常に不思議な感じもします。

a0176140_23552747.jpg

ドッピアヌム(Gymnocalycium andreae v. doppianum)。黄蛇丸の変種で、ギムノには珍しい黄花が清々しいドッピアヌムです。4月20日過ぎから次々と咲いて、フレームの片隅を彩ってくれています。

a0176140_23551568.jpg

ドッピアヌム。小さいうちから盛んに仔吹きするのもギムノにしては珍しいのでは……。去年の植え替えの際に外れた仔からも開花が始まっています。ただし成長は遅そう。

a0176140_2356898.jpg

ドッピアヌム。こちらは去年の今頃、プシス接ぎした仔からの開花です。絶大なプシスパワーの為せる技でぶくぶく太り、親株並みに盛大に咲いてくれました。ただし、姿は頭でっかちでお見せするようなものではありません。

a0176140_2356060.jpg

大豪丸(Echinopsis subdenudata)。刺無短毛丸としてホムセンに売られていました。昨晩10時頃見た時には蕾でしたが朝起きたら開いていました。夜咲サボですが、今日は陽射しが無かったせいか、午後になってもご覧のとおり新鮮さを保っています。

a0176140_2356444.jpg

大豪丸。姿形を愛でるサボとは言えませんが、この純白の大輪はなかなかに魅力的。仔吹きすれば、カキ採ってプシス台にも良さそう。今、台木に使っている不明プシスはパワーはありますが刺が痛すぎるのです。

来週暇がとれれば、実生用小フレームを仕上げる予定。分不相応なほど大量の種が手元に集まりつつあって後先考えずに播きまーす!
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-11 23:56 | Cactus
2012年 05月 03日

速報 奇想丸開花!

外は雨、サボ花も開くのを一時休止。ベランダでの作業も出来ないし、恨めしく空を眺めます。作業とはもちろんサボ世話ですが……。
咲きました、咲きました。奇想丸が咲きました。一昨年末に播種して1年と5ヶ月弱での開花です。

a0176140_2330994.jpg

奇想丸(Setiechinopsis mirabilis)。昨日の夕方には、そろそろかと思っていましたが、夜8時頃、フレームを覗いたらポッカリと咲いていました。後ろの一つも今晩開花しています。

a0176140_23301745.jpg

この花には独特の芳香があるといいますが、鼻づまりの私には微かに香るようですが良く分かりません(w)。実生活で夜の花にはご縁がありませんが、こういう花には惹かれますね。朝には儚く萎んでしまうところも美人薄命を地でいってます。

a0176140_23305218.jpg

この奇想丸、一属一種のサボなんですね。他にお友達がいないのは淋しい限りですが、自家受粉して結実するようですから自然界は良くできたものとも言えましょうか?

良く分からない者の独り言ですが、奇想丸のように自家受粉するサボは、基本的に遺伝子の更新が起きないでしょうから、安定してデッドコピーの子孫を残せるかも知れませんが、環境の変化に順応して生き残るには不利なのでは? それはともかく、人為的に「良種」を選別してどうこうすることが出来ないようになっているのは潔いですね。何か孤高のサボのように思えてきました(w)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-03 23:59 | Cactus
2012年 05月 02日

エビとスルコ 5月のサボ花 1

5月のサボ花第一弾、今日はエビとスルコです。ご覧あれ!

a0176140_1837720.jpg

アルビスピナス(Echinocereus reichenbachii var. albispinus)。咲きましたー! 豪華と言うよりも、ちょっと妖しい感じも醸し出す花が群開です。けっこう花保ちが良く、最初に咲いた二輪(右奥)も三日目に入ってもそれなりに見られます。

a0176140_18372444.jpg

エキノケレウスの証し、緑色の雌蕊はまだ閉じています。
アルビスピナスは和名で麗光丸、五百羅漢と呼ばれるEchinocereus reichenbachiiの変種のようです。一昨年の秋に入手しましたが、去年の春は出蕾もせずがっかりさせられました。この冬は無加温・完全断水で厳しく過ごさせたのが功を奏したようです。

a0176140_18374031.jpg

宇宙殿(Echinocereus knippelianus)。まだ体が完全に膨らんでいないのに大きな花を群開させています。

a0176140_18375384.jpg

この雌蕊は緑っぽさがほとんどありませんが、ピンクの大輪はなかなにど派手です。

a0176140_1838676.jpg

別株の宇宙殿です。去年の夏過ぎから胴体に褐色のくびれが出来て、ダメかなと思いましたが持ち直しての開花です。最初の株と違って体もパンパンに膨れています。

a0176140_18382238.jpg

同じ宇宙殿でもずいぶん花の印象が違います。こちらは上品な薄ピンク色の花弁、そして雌蕊はほんのり緑色です。個体差なのか何かの血が混じっているのか?

太陽などのエビは開花まであと少しかかりそう。今度はスルコをご覧ください。

a0176140_18383882.jpg

アルビシマ(Sulcorebutia albissima)。6月にやって来た去年は秋口に一輪だけの開花でした。今年は球体からグルッと蕾を出してプチ豪華に開花です。もっと花色が薄いタイプもあるようですが、これ深い赤紫色。

a0176140_18385272.jpg

ミズクエンシス(Sulcorebutia mizquensis)。アルビシマより小型で群生する性質を持っているようです。

a0176140_1839468.jpg

一度に咲いて押し合いへし合い状態ですが、底の白い花はなかなかに可愛い。

ベランダ夏実生に使うフレームの板取りを考えて簡単な図面を引いてみました。家にある余り板を使って何とかならないかと頭をひねってみましたが、結局、帯に短したすきに長し。明日にでもホムセンで板を買って裁断してもらいましょう。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-02 18:41 | Cactus