「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 25日

???(13/8/25)

昨日の大きな雨の後、ずいぶんと涼しくなりました。田んぼでは稲刈りが始まり、夜の窓からは秋の虫の声が忍び込んできています。まだまだ例年よりは気温は高めで推移するようですが、人もサボもようやく一息つけそう。
そんな中、今日はうちのサボハウスに居るちょっと???なサボたちをご紹介しましょう。

a0176140_22254723.jpg

Echinocereus lauii Lau 780。一昨年の6月に実生して、白棘の時期を過ぎて、まあまあ順調に育っているようです。が、一株だけ双頭になってしまいました。最初は蕾かと期待したのですが……。

a0176140_22255596.jpg

Eriosyce esmeraldana FK436「黒羅漢」。夏前から次々と開花していたうちの一つが少し前からこういう状態に。いわゆる南米病で成長点障害を起こしてしまったようです。それでも何とか回復の兆しが見えるよう。そして……、

a0176140_2226424.jpg

根元を見やると、生え際からお仔のお顔が覗いています。上がダメなら横からということでしょうか? それにしても、初々しい時はこんなに緑だったかな?

a0176140_22261411.jpg

先日もご紹介したGymnocalycium onycacanthum「鷲爪玉」です。あの時は蕾のように思っていましたが、これはどう見ても仔ふきですね。しかもほぼ全周から10個も! これも成長点障害がなせるワザでしょうか?

a0176140_22262428.jpg

サボ友さんからいただいた種子を昨夏に実生したTurbinicarpus polaskii SB269です。ちょっと妙なことになっているのがお分かりでしょうか?

a0176140_22263251.jpg

実は梅雨時に実生苗をヨトウムシに囓られました。恩塚ランポーなどは約半数が囓られて消滅(涙)。このポラスキーも囓られたのですが、何と仔をふいて生き延びようとしています。1cmもないような小さな実生苗が何としぶといことか!

a0176140_22264278.jpg

上から見ると、そこそこ整った群生株のように見えるのは、Mammillaria dealbata「内裏玉」。あまりに細長く徒長して来たので昨夏に胴切りしたところ、すし詰めに群生しています。

a0176140_22265199.jpg

横から見ると、何だか棘だらけのキノコのようで笑えます。挿し木した上部は今のところ背も低く育っているのが救いです(w)。

a0176140_2227086.jpg

南米原産の柱サボテン・Espostoa lanata「老楽」なのですが、冬の寒さで先端部20cmほどが枯死してしまいました。これはもうダメだなと思っていたところ……。

a0176140_2227985.jpg

実に微妙なところから仔ぶきしていますね。あまり大きくならないところを見ると、親木との間のパイプ(維管束? 導管?)が細いよう。外して挿し木した方が良いのかも知れません。

a0176140_22271865.jpg

最後にEchinocereus waldesii RH119「銀紐」。一昨年の夏実生ですが、去年は鳴かず飛ばずで消滅を覚悟していました。それがどういう訳か、この夏前から急に生き返って成長を始めています。今15cm強というところでしょうか。

a0176140_22272864.jpg

太さは鉛筆ほどですが、猛暑の間も休まずに成長を続けています。どうも暑い間にもかなりの水を要求するようです。中三日ほどで灌水しているのが好調の原因のように思えます。

a0176140_22274114.jpg

そんなこんなするうちに、枯死したと思っていたものにも僅かに精気が戻ったようです。これからどうなるかは分かりませんが、ここでもサボのしたたかさを見せつけられた気がしています。

夏後の植え替えに入らなければいけませんが、野暮用が多くてなかなか踏み切れません。ギュウギュウ詰めの実生苗くらいは何とかしないと……。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-08-25 22:29 | Cactus
2013年 08月 16日

スルコ & レブチア 実生幼苗(13/8/16)

今日は当地・小松が最高気温で全国の第2位だったそうです。40℃に迫ったわけではなく35.5℃と控えめ(w)。でも湿気が半端じゃありません。陽が傾き始めた夕方に秋(夏?)の植え替え事始めをしましたが大汗をかきました(w)。
今日は昨冬に実生したスルコレブチアとレブチアの幼苗をご紹介します。

a0176140_21352329.jpg

Sulcorebutia tuberculata chrysantha。スルコもレブチアもどれもが小型の球体から美花を咲かせる南米種ですが、これはオレンジ色を主としたグラデーション豊かな花色で楽しませてくれそう。

a0176140_21353266.jpg

S.minima R196。ミニマと言うだけあって、小さいうちから旺盛に仔ぶきし群生するようです。花はスルコに多い濃ピンク。

a0176140_21354097.jpg

S.caniguerali - v. applanata。こちらは目の冴える赤花が期待できそう。小型種のスルコは小さいうちから花を着けるようですが、成長はそれほど速くなさそうなので開花は早くて丸二年後でしょうか? 捕らぬ狸です(w)。

a0176140_21354974.jpg

S.crispata。細かい白棘の球体に紫がかった濃い赤花を着けてくれるようです。

a0176140_21355989.jpg

S.heinzii HS151。これも濃ピンクというか赤花系。花の時期は自生地でもさぞ目立つことでしょうね。

a0176140_21361273.jpg

S.hertusii。こちらは細棘が白髪のように生えた球体にピンク色の花を着けるタイプ。

a0176140_21362062.jpg

S.caniguerali「蟹喰猿」。これも激しく仔ぶきして群生し、底が黄色で周辺が濃オレンジというゴージャスな花を咲かすようですが、生き残りはこの実質一本のみ。

a0176140_21363064.jpg

S.glomeriseta。黄花を咲かせるglomerisetaは、今回播いた目玉だったのですが、たった一つの生き残りがこの有様では……。再チャレンジが必要ですね。

a0176140_2137960.jpg

Rebutia pygmaea ”tropaeoliptica” FR 1114「白宮丸」。ここからはレブチアです。どれもスルコよりも球体が少し大きくなり、花も大きめなものが多いように思います。これは鮮やかなオレンジ花。

a0176140_21371629.jpg

R.eucanthema WR305。こちらは白が主体の花色ですが、薄いピンクが混じるようです。

a0176140_21372742.jpg

R.pygmaea ”haagei” v. eos RH326。こちらも「白宮丸」の変種ですが、これは白花を咲かせるよう。変異が多い属のようです。

a0176140_21373669.jpg

R.minuscula ”senilis” DH398。優しい感じの白細棘に、これまた優しい感じのピンク花。

a0176140_21375121.jpg

R.pygmaea ”haagei” WR507「宝山」。古くからある種の「宝山」ですが、こちらは淡いオレンジのグラデーションが美しい花を咲かせる小型種のようです。

a0176140_2138227.jpg

R.minuscula ”senilis” W58「宝山」。これも「宝山」ですが、深紅の花を咲かせるタイプのようですが、現状はご覧のように厳しそう。

去年使った夏実生用の雨よけを利用して、数日前、実生幼苗のお日様デビュー用日よけとしました。

a0176140_21381338.jpg

実はこの冬・春実生幼苗の第一回目の植え替えが滞っていて、ようやく8月初旬にすべてを植え替え終わりました。頼りない幼苗を日光に晒すのには、今は一番危ない時期に違いありません。近くのJAで見つけた50%遮光のネットを二重に重ねています。

a0176140_21382479.jpg

ご覧のように実に簡単な作りです。雨と日光を防ぐだけで、後は高床式で通風自由です。

a0176140_21383564.jpg

それでも今の時期、最高温度は40℃を少し超えてしまいます。鉢を並べた給水トレーの中に日向土をひいて湿らせ、急激な温度上昇と乾燥に備えていますが効果のほどは今のところ分かりません。

a0176140_21431843.jpg

どうやら炎天下よりも少しは過ごしやすいようです。けっこう太ったアマガエル君が番をしてくれています(w)。



にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-08-16 21:44 | サボテン実生
2013年 08月 15日

お盆を境に(13/8/15)

何だかんだ言ってもお盆が過ぎるとやがて秋。私たち子どもを連れて海水浴に行くのが好きだった亡き父も、「お盆の後は土用波が立つしクラゲも出る」と言って、海行きを封印したものです。
少し前の写真ですが、瑞昌玉(Gymnocalycium quehlianum 'curvispinum')が咲きました。

a0176140_23404044.jpg

この瑞昌玉はサボ友さんからいただきました。くすんだ紫肌にインベーダーゲームのシンボルのような可愛い棘を愛でてきましたが、なかなか動く気配もなくヤキモキしていたというのが本音です。こんなに暑いのは苦手と思うのですが、酷暑の候になって肌色も変わり、蕾を上げて開花しました。

a0176140_23405514.jpg

ひっそりとした花ですが、棘々ギムノにも惹かれますが、こういう控えめ系もいいですね。育て方のコツが今ひとつ分かりませんが、思ったより強光・高温にも強いよう。

a0176140_2341897.jpg

こちらは瑞昌玉と同じフレームで隣り合わせているラゴネシー(Gymnocalycium ragonesii)。球体は年がら年中、ほぼ変化が見られません(w)。

a0176140_23412629.jpg

国防色というか、渋い肌色です(ww)。

a0176140_23413560.jpg

花は純白に近い中心部に、外側の球体色に近いコントラストがこれまた渋い! 目立ちませんが、じっくり見るとなかなか味わい深いサボです。

a0176140_23414887.jpg

まだまだ夏の盛りという高温が続いていますが、道すがら田んぼを見ると、穂を垂らして色づき始めたところがあります。日差しが傾いて行くこれから、夕日の中に黄金色に輝いてくれることでしょう。秋はかなり近くまで来ています。残暑お見舞い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-08-15 23:43 | Cactus
2013年 08月 14日

耐え難きを耐え(13/8/14)

いよいよお盆を迎えました。帰省されている方が多いのでしょうが、大渋滞やぎゅうぎゅう詰めの電車、お疲れ様です。田舎住まいの私は年中帰省なので、そういう苦労は味わったことがありません。
一昨日は高知で最高気温の日本記録が更新されたそうですね。そこまでは行きませんが、こちらも連日35度に迫る気温が続いています。でも、今朝などは20度前半まで気温が下がり、暑さのピークが見え始めた感じもします。
今朝のベランダフレームの様子です。耐え難い猛暑をじっと耐えているサボが多いのですが、それでも実生幼苗を筆頭に旺盛な成長を見せるものもあり、サボのしたたかさを改めて感じています。ただ、このまま彼岸まで暑さが続くと、イエローカードの蓄積で秋口に逝ってしまうものも出るのかも。

a0176140_21312437.jpg

これは次のフレームと同時期に去年作成した一番新しいフレームです。他の4つのフレームも同様ですが、冬の間は無加温・弱加温(最低5℃)・加温(最低10℃)に分けて、サボたちを収容していましたが、春の植え替え以降は、空いているところに入れるという自転車操業となっております(w)。

a0176140_21313375.jpg

実生の二年半を越えた金冠竜(Ferocactus chrysacanthus)は盛夏の今も成長を続け、銀冠玉(Lophophora williamsii var. decipiens)は次々と花を咲かせています。先月植え替えたコリファンタやエキノケレウスの実生苗も根付いてくれたよう。

a0176140_21314443.jpg

こちらは最初のフレームと一緒に作ったもの。この冬の実生苗やキリンウチワへの接ぎものも居ます。寒冷紗のかかった区画は、赤っぽくなりがちな実生幼苗や接いだばかりのものを収容しています。

a0176140_21315221.jpg

こちらは一番古いフレーム。雨漏りが始まり、梅雨明け直前の豪雨では中に水が溜まってしまいました。蓋を作り直さないといけないようです。こちらもご多分に漏れずごちゃ混ぜ状態ですが、ディスコやメロなどの南米ものが暑さに耐えて元気です。

a0176140_2132117.jpg

こちらは前面・側面からも日差しが入る一番明るいフレーム。背面を空かせられるので温度の上昇は一番抑えられるのですが、それでも最高温度が40℃を越えます。盛夏のこの時期に元気はつらつとなるコリファンタは膨れ上がって、蕾を立ち上げてきました。それにひきかえ、実生の綾波は夏休みを取っているようです。遮光下にあるのは次のフレームから避難させたエリオシケたち。

a0176140_2132821.jpg

こちらは実生苗中心のフレームです。実生から二年半が経過し、一種を除き開花球となったエリオシケ軍団です。梅雨の終わりに二株が根腐れを起こしお亡くなりに。このフレームも雨仕舞いを良くしないといけません。

a0176140_21321536.jpg

同じフレーム内に居る昨冬実生のエリオシケたちです。この時は、napinaやodieriなどの小型種を中心に播きましたが、これは成長が遅いですね。それでもこの暑さにもめげずゆっくりと育っているので一安心。taltalensisなどPyrrhocactus系のものはかなり混み合って、近々植え替える方が良さそうです。

a0176140_21322482.jpg

一番最初に紹介したフレームで大豪丸(Echinopsis subdenudata)が今朝咲いていました。5月の半ば過ぎに開花して以来、機嫌良く何度も咲いてくれます。春の植え替え時にマグアンプを多めに仕込んだのが良かったのかも。ただ、梅雨時にコナカイガラムシに一時たかられましたが、どうやら駆除に成功したようです。

a0176140_21323116.jpg

最後にちょっと不気味な姿を。鷲爪玉(Gymnocalycium onycacanthum)です。去年の早春に入手したのですが、今年の1月にはこんな姿に。もうダメだろうと諦めていたのですが、ここへ来て堅い殻を破ったように成長を始め、肌色も緑色に変わってきました。どっちの肌色が本当なんでしょう?

a0176140_2132398.jpg

そして花まで咲かせてくれました。ただ去年咲いた感じとはずいぶん違うような。

a0176140_21324642.jpg

いわゆる南米病を患ったのか、春の植え替え以降も成長点がまったく動かず、水を吸うようすもなかったのですが、どうやら復活してくれたようです。時々ハイポネックスを与えていたのが良かったのかも知れません。でも、新棘は出て来たのですが、蕾は成長点からかなり離れて上がっています。みにくい瘡蓋が目立たなくなるには三年くらいはかかりそう。

「暑い、暑い」と言っても涼しくはならないので、開き直ってこのところ日中クーラーなしでどれくらい耐えられるか試しています。サボの置いてあるベランダに面した居室は、東南向けなのでベランダからの熱気がまともに襲ってくるのですが、サーキュレータの風があれば何とか耐えられることが分かりました。今は全開の窓からけっこう涼しい風が入ります。日中は暑くとも最低気温が20℃ほどになれば、サボも人も一息つけそう。あと一息でしょうか?

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-08-14 21:38 | Cactus
2013年 08月 06日

ツルビニ、満開!(13/8/6)

いやー、暑いですね! 梅雨明け以来けっこう毎日天気が不安定で湿気も多く過ごしにくい。そんな中、今日はツルビニたちが見事な花を見せてくれました。

a0176140_2232247.jpg

Turbinicarpus pseudomacrochele ssp.pseudomacrochele var.sphacellatus。長ったらしい学名のスパケラトス。左上のものを3年前の秋に奈良の園から入手しました。それに着いていた結実を実生したのが手前の5株と右上の1株。右上のものは実生後半年でプシス接ぎをしています。

a0176140_22321028.jpg

これが奈良の園から来た元のスパケラトス。春先の植え替え後、今年は調子が今ひとつという感じでしたが、暑い盛りを迎えご覧のように爆開です。

a0176140_22321849.jpg

花色は実生に比べて薄く、咲く時によりますが、これよりも白に近い花となることも。

a0176140_22322514.jpg

こちらはプシス接ぎの実生です。プシスパワーの威力でぐるりとふいた仔に囲まれ、実生から丸3年弱なのに老成してきた感さえあります。

a0176140_22323526.jpg

横から見ると接いであるのがよく分かると思います。

a0176140_22324374.jpg

花はけっっこうピンクがかっています。

a0176140_22324935.jpg

こちらは実根のままのもの。遅々としたものですが、こちらもそれなりに育って来ました。6月末に植え替えましたが、どうやら問題なく根付いてくれたようです。

a0176140_2232562.jpg

花色はこれが一番濃くて、ピンクの筋が花びらに入ります。何か他のツルビニ、精巧殿あたりと交配しているのかも知れません。

a0176140_2233514.jpg

こちらは単幹の三種、左上から右回りで、Turbinicarpus polaskii SB269、Turbinicarpus flaviflorus、Turbinicarpus dickisoniaeです。三つの内、うちで一番多花性なのは手前のdickisoniaeでしょうか?

a0176140_22331238.jpg

flaviflorusはいつまで経っても根元がふらつくようで頼りないのですが、思い出したように黄花を見せてくれます。

a0176140_22332052.jpg

polaskiiは去年の夏以降、くびれが出来て肌色も悪くなり心配していました。今年になってもほとんど膨らまず、くびれも残ったままですが、肌色は見違えるほど良くなり、何度か花を着けてくれています。球体がそれなり大きいせいか、咲く時はこんな風に群開してくれるのもうれしい。

a0176140_22332931.jpg

dickisoniae。こちらは直径4cm足らずなのですが思いがけず多花性で、春からこれまで何度もこんな風に楽しませてくれています。自家結実を去年の1月に播いたものは成長は遅いのですが、消滅することもなく育っています。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-08-06 22:36 | Cactus
2013年 08月 04日

コリファンタの季節到来!(13/8/4)

一昨日あたりからスーッと湿度が下がったと思ったら、ようやく昨日、北陸・東北に梅雨明け宣言が出ました。昨日・今日は最高気温は30度を少し超えましたが、日陰に入れば爽やかな風もあってけっこう過ごしやすい。しかし、サボフレームの中は場所によっては50度近くまで上がってしまい毎日心配していますが、軽い日焼けを起こしたものが若干あるくらいで、サボたちは何とか耐えてくれているようです。
ようやくの夏本番、コリファンタの季節到来です!

a0176140_18165097.jpg

Coryphantha cornifera「獅子奮迅」。一昨年の5月末に実生したものが一株だけ花を咲かせました。ネットで見るとかなり個体差があるように思えますが、これは黒い中棘を出すタイプです。

a0176140_18165852.jpg

あとの個体は今年は花が望めないようです。

a0176140_1817652.jpg

黄花が多いようですが、これはほぼ白に近い花色です。SuccSeedから取り寄せた同一ロットですが、あとのものの花色は如何に?

a0176140_18171277.jpg

こちらは成球で求めたCoryphantha echinus SB391「烈刺丸」。二年前に比べるとかなり大きくなり仔ぶきも始まっています。

a0176140_1817239.jpg

こんな風に細い棘が密集するサボは肌が見えないので長棘が掴みにくい。でも、夏サボらしく開花しているので機嫌が悪くはないのでしょう。

a0176140_18173027.jpg

小型種のように思えますが、自生では老成した仔ぶき株は直径80cmにもなるそうです。おそらく気の遠くなるほどの年月がかかるのでしょうね。
手持ちのコリファンタでは、obscura、nickelsae「黒蒼」、そしてelephantidens「象牙丸」などが蕾を上げ始めています。スロースターターの夏サボ・コリファンタにもようやく目覚めの時が来たようです。

a0176140_18173744.jpg

最後に趣向を変えて、Gymnocalycium quehlianum 'curvispinum'「瑞昌玉」。サボ友さんから昨年いただきました。春からこの間まで、どうも調子がよろしくない風でしたが、ここへ来て稜の谷間が瑞々しい緑に変わり、一つだけですが蕾も上がって来ました。もうやがて咲いてくれそうです。スペースインベーダーのような棘が可愛い!

梅雨の最後に豪雨が来たりして、フレームの隙間から吹き込んだ雨で何株かを根腐りさせてしまいました。ただ今、通気しながら雨仕舞いも考えたフレームを考案中です。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-08-04 18:21 | サボテン実生