<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 21日

続・ウチワマジック 2(13/10/21)

小雨の昨日は涼しいのを通り越して寒いくらい。フレームの蓋も閉めっぱなしでした。数日後に来襲しそうな台風27号の動向が懸念されますが、台風はともかく、この秋は早く深まるような感じもします。
さて、前回に続いて、ウチワマジック第二弾です!

a0176140_18535690.jpg

Strombocactus jarmilae。ストロンボカクタスと言えば菊水(Strombocactus disciformis)が有名というか、一属一種と思い込んでいましたが、Köhres Kakteenで別種の種子を発見、播いてみました。発芽は良好とはとても言えなかったのですが、恐る恐る1個だけを接いだものが運良く活着し、それなりの成長を見せてくれています。

a0176140_1854673.jpg

こちらは同じくS.jarmilaeの実生実根。成長は遅々たるもの。これに比べると、やはりキリンウチワ接ぎの効果甚大なことが分かります。

a0176140_18541872.jpg

Turbinicarpus panarottoii。ツルビニカルプス属も成長が遅い部類のサボ。この仲間には小さいうちに開花するものもありますが、これはある程度の大きさに達しないと開花年齢とはならないようです。それでもウチワマジックで、実根のものよりかなり早く咲いてくれそうです。

a0176140_18542982.jpg

Turbinicarpus nieblae。まだ特徴がはっきりと現れるところまでは来ていませんが、この調子で来夏頃に接ぎ降ろせば実根の株には大差がつけられそう。

a0176140_18544085.jpg

Mammillaria hernandezii。自家結実したものを播きましたが、まだ小さいのに蕾を出し始めています。もうじき、赤紫の花が見られそうです。

a0176140_18544937.jpg

Mammillaria tetrancistra Sonora「富貴丸」。ある方のサイトで、薄ピンクの大輪美花に触れ、あちこち探して種子を取り寄せましたが、これも発芽率が極端に悪く、しかも実根のものは著しく成長も悪い! 接ぎの方は、ようやく一つが活着しましたが、それほど劇的には大きくなりません。

a0176140_18545938.jpg

Rebutia robustispina SE141(Abra Sama, 3800m, Bol)。ボリビアの高地に自生する赤花が美しいサボのようです。美しい花を目当てに昨冬、いくつか播いたレブチアの一つです。二つが活着しましたが、どちらもご覧のように仔ぶきを始めました。

a0176140_18551216.jpg

Rebutia pygmaea "tropaeoliptica" FR1114「白宮丸」変種。こちらは単頭ですが、ずいぶん伸び上がって来ました。期待どおりならばオレンジ色の花を着けるはずですが……。

a0176140_18552269.jpg

Rebutia eucanthema WR305(Cana Cruz, Bol)。こちらもずいぶん上に伸びています。頭を刎ねれば仔ふきして群生しそうな感じですね。

a0176140_18553225.jpg

Rebutia einsteinii MN103(Las Cuevas Arg)「優雅丸(華宝丸)」。同じレブチアでも、こちらはかっちりと育っていて、かえって実根のものが徒長していて不思議です(w)。サボには、発芽後しばらくはひょろ長く育ち、その後、球形になっていくものがありますが、これもその一つなのかも知れません。キリンウチワに接いだことで、ひょろ長期間が短縮されたとも考えられます。

a0176140_18554278.jpg

Astrophytum myriostigma cv.'ONZUKA'。交配し自家採種した「恩塚鸞鳳」です。実根のものは梅雨時にヨトウムシに食べられてあまり残っていません。気まぐれに接いだこの一つですが、実根に大きく水をあけて太りだしました。でも、今のところ恩塚らしさはあまり感じられませんね(w)。

簡単そうに思えるキリンウチワ接ぎですが、活着率を上げるにはよく言われているように、1.接ぎ穂・台木とも、切れ味の良い薄刃で一気に切ること、2.接いだ後は多湿な半日陰に置くことの二点が肝のようです。そこで、
来年は、手持ちの小型ヒーターを利用し室内に加温・保湿環境を設えて接いでみようかと思っています。冬の間でも高温多湿で栽培すれば、キリンウチワは挿し木でどんどん殖えるでしょうし、それに合わせるように冬実生を行えば、ずいぶん効率よく接ぐことが出来そう。サボ栽培に効率だけを求めるのは邪道かも知れませんが、一度試してみようと思っています。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-10-21 09:40
2013年 10月 18日

続・ウチワマジック 1(13/10/18)

朝のベランダは気温が10℃を下回るようになって来ました。晴れた日の日中の気温も20℃ちょっとと、この時期らしい落ち着きを見せています。牡丹類は別として花はさすがに少なくなりました。あと、ひと月ほどでサボたちのほとんどが冬の休眠に入って行くでしょう。諸般の事情で、秋の植え替えがほぼ出来ませんでした、来春は早くから取りかかろうと思いますが、早春咲きのものはどうしたものか?
6月末にキリンウチワ接ぎをチョロッとだけ紹介しました。去年仕入れた2本のキリンウチワが大繁殖し、今年は手当たり次第に接いでみましたが活着率は3割ほどでしょうか? 手先の不器用さには我ながら呆れます(w)。それでも、どうにか活着した実生苗たちが元気に成長してくれました。久しぶりの投稿は、続・ウチワマジックの第一弾です!

a0176140_18461391.jpg

4月半ばくらいに、室内の実生ボックス内で行った今年の初接ぎです。ボックスの背丈がないため、小さなキリンウチワに接いだのですが、6月末と比べてもかなりの成長を見せています。ゲンコツとまでは行きませんが、中くらいのお饅頭くらいにはなりました(w)。もっと丈のあるウチワに接げば、短期間で成果を挙げられるような。

a0176140_18464159.jpg

Copiapoa coquimbana FK464 (Domeyko-Sarco)「竜爪玉」(小金馬)。なかなか、〈らしい〉棘を出し始めています。実生実根のものはまだほんの赤ちゃん状態ですから、やはりウチワパワーは驚異的ですね。

a0176140_18465454.jpg

Copiapoa cinerascens v. grandiflora FK508 (Q de Guanillos)「秋霜玉」(妖魔玉)。同じくコピアポア属の秋霜玉ですが、こちらは別名の「妖魔玉」にふさわしい棘はまだまだですね。

a0176140_1847883.jpg

Acanthocalycium thionanthum v. glaucum FK616 (Catamarca, La Cienaga, North of Belen, 1433m, Arg)「黒鬼玉」(明美玉)。綴化して行くのかと思いましたが単純な双頭となるようです。成長すると、コピアポアのように肌に白粉を吹くようですが未だ気配なし。黄色の大輪の花が楽しみです。

a0176140_18472453.jpg

Oroya baumannii。南米アンデス山脈を中心に自生するオロヤ属は、特徴があるようでないような、掴み所のない感じのサボテン。Shabomaniac!さんによれば、高山性にしては栽培は難しくないとのことですが、この夏の猛暑にも耐えてくれたのは、持って生まれた丈夫さのせいなのか、ウチワパワーの為せる業かは不明です。実根のものも成長はボチボチながら腐ったりもしませんでしたから、やはり丈夫なんでしょうね。

a0176140_18535334.jpg

Oroya peruviana「美髯玉」(彩髯玉)。これもネットで検索すると、さまざまな容貌のものが出て来て面食らいます(w)。美髯とか彩髯という名から想像するに、密生した棘を期待するのですが、どうもそうでもないような。白系の棘のものが美しいと思うのですが、これは今のところ赤棘系のようですね。

a0176140_18542360.jpg

Eriosyce ihotzkyana「五百津玉」。エリオシケの中では大球に成長し棘も強いタイプ。立派な黒棘を出し続けてくれるのを期待しますが、新棘の飴色も魅力的ですね。ちょっと見、コピアポアのように見えますが、花色は黄色ではないようです。咲くのはまだまだ先でしょうが(w)。

a0176140_1854368.jpg

Eriosyce bulbocalyx ´megliolii´。これも強刺のエリオシケの仲間。自生地ではずいぶん荒々しい姿をとるようです。新棘は黒いようですが、成長すると色が抜けて白っぽくなり、球体を取り囲むように守るようです。

a0176140_18552497.jpg

同じく、Eriosyce bulbocalyx ´megliolii´。実はこれは接いだ3つがどういうわけか全部活着しました(w)。そして、そのうちの2つは、こんな風に早いうちから分頭して来ました。これもキリンパワーの為せる業なのでしょうが、欲を言えば分頭などせずに形良く育って欲しいのですが、サボにはサボの都合があるんでしょうね(w)。

a0176140_18553819.jpg

Eriosyce chilensis v. albidiflora FK192 (Pichidanqui)「智利玉」。白を基調にした薄ピンクの美花を期待して播きましたが白棘もなかなか魅力的です。ちょっと妙な格好に傾いでいるのは……。

a0176140_18555241.jpg

同じ「智利玉」を別角度から。実は接いだのは根元に赤く見える部分なんです。どういうわけか、そこから仔ぶきして、その球体が育っています。これに限らず、しっかり着いたと思ったものがまったく育たなかったり、首?の皮一枚で繋がったものが順調に育ったり、キリンウチワ接ぎにはよく分からない現象が多発するようです。

a0176140_18561047.jpg

Ferocactus acanthodes v. albispinus「白鳥丸」。普通のF.acanthodesは鯱頭(F.cylindraceus)の異名同種ともされているようですが、その白棘変種がこの白鳥丸と思われます。が、この棘はどうみても赤い! 実根のものも今のところ全て赤棘。キリン接ぎは何度も試みて、ようやくこれを含む1個半が活着したようですが、これも全て赤。成長すると白棘に変わるんでしょうかね? どうも期待薄の感じです(w)。

実生幼苗を乗っけるだけというキリンウチワ接ぎは、台木さえ確保しておけば、面倒な準備もなしに接げるのでとてもお手軽です。しかも、梅雨時から夏にかけて、台木は邪魔になるくらい側芽を出し、適当に挿し木して水をジャブジャブやれば100%発根して大増殖します。
良いところずくめのようですが、私の所では何せ活着率が悪すぎです。準備が簡単な分、安易に接いでしまったのが敗因とも思いますが、来年は安定した条件で接げるよう少し工夫して見ようと思っています。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-10-18 21:37 | サボテン実生