「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 29日

サボ種プレゼント(14/1/29)

サボ種プレゼントの募集は2月3日をもって締め切らせていただきました。
自家採種したサボ種が手元に少々あります。播き切れないものの残りで恐縮ですが、ご希望の方があればプレゼントしたいと思います。種名と親株の写真は以下のとおりです。

a0176140_117369.jpg

1.千波万波(Echinofossulocactus multicostatus f.elegans)

a0176140_1175342.jpg

2.四角鸞鳳玉(Astrophytum myriostigma)

a0176140_118454.jpg

3.銀冠玉(Lophophora williamsii var. decipiens)

a0176140_1181623.jpg

4.多花玉(Gymnocalycium multiflorum)

a0176140_1182836.jpg

5.火星丸(Gymnocalycium calochlorum)

a0176140_1184044.jpg

6.奇想丸(Setiechinopsis mirabilis)

a0176140_1185192.jpg

7.Eriosyce taltalensis subsp. pilispina FK772

a0176140_119240.jpg

8.黒羅漢(Eriosyce esmeraldana FK436)

a0176140_1191252.jpg

9.瑠璃鳥(Rebutia deminuta)

a0176140_1192328.jpg

10.朱雲(Melocactus matanzanus)

お一人で何種申し込まれても構いませんが、種の数量は種類によって相当異なります。一応、お一人一種当たり20粒ほどを目安にしたいと思いますので、申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
ご希望の方は、種名を明記の上、メールでお申し込みください。種子は第四種郵便でのお届けとなります(送料当方負担)。申し込みの締め切りは2月3日いっぱいといたします。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-01-29 11:09 | サボテン実生
2014年 01月 24日

春への先駆け(14/1/24)

冬の間、暗い日々が続く北陸の当地ですが、昨日今日と珍しく続けて好天に恵まれました。やはりお日さまの光は有り難いですね。
暗くて寒い冬ですが、サボたちは黙々と春へのいとなみを続けているようです。そんな春への先駆けとも言えるサボたちの様子を今日はお目に掛けましょう。

先ずは寒さ知らずのツルビニカルプスたち。
a0176140_2361171.jpg

精巧殿(Turbinicarpus pseudopectinatus)は冬に入って、ほぼ断水状態で過ごしています。年末にはヘソのゴマのようだった蕾がだいぶ膨らんで来ました。毎年のこの時期とぴったり同じです。何が花芽スイッチを入れるのでしょうか?

a0176140_2364956.jpg

パナロットイ(T.panarottoii)。実生丸一年となった昨夏前にキリンウチワに接ぎました。まだ径3cmほどですが、親の特徴が少し現れ始め蕾もけっこうたくさん出て来ました。
キリンウチワは土中最低温度を10℃に保った加温フレームに置いていますが、このところ空中温度は下がりがちで葉が赤く萎れ始めました。枯れたり溶けたりということはなさそうですが……。

a0176140_237570.jpg

こちらも負けてはおりません。これは前のものと同時に播いた実根のパナロットイ。径1cmほどですが蕾を着けています。ツルビニにありがちな早熟性を持つサボのようですね。

a0176140_2371839.jpg

ペクチニフェラ(Mammillaria pectinifera)も一株だけですが蕾が顔を覗かせています。播いたのは、パナロットイと同じく一昨年の6月末。ワラジ虫みたいな棘は好悪が別れそうですが何を隠そう私は好きです(w)。

a0176140_2373825.jpg

ヘルナンデジー(M.hernandezii)。こうれも自家採種したものを同時期に播きました。小指の先ほどしかありませんが、一人前に蕾を出し始めています。

a0176140_237519.jpg

親株の方は先月からすでに咲き始めて、モノトーンのこの時期のフレームを彩っていてくれます。

a0176140_238893.jpg

実はキリンウチワ接ぎのものも、昨年11月末にはこのとおり花を着けました。この頃は本格的寒さの前で、キリンウチワもまだ緑を保って元気でした。

a0176140_238188.jpg

月宮殿(Mammillaria senilis)にも蕾が兆しています。この白棘、すごく優美なのですが、油断していると指先の皮膚や服に鈎棘が絡みついてなかなか大変。外そうとすると別のところに引っかかって……。この蕾が花茎の長い赤い花を咲かせるのは恐らく5月の連休明けになるでしょう。けっこう気の長い話しです(w)。

a0176140_2383497.jpg

月影丸(M.crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)。断水状態にも関わらずツヤツヤしています。おまけに疣の奥に花芽が覗いて。根腐れして胴切りした下部をそのままにしておいたものが仔ふきして上部より立派になりました。何が悪くて何がよいか分かりませんね(w)。大鉢一杯に育つと面白そう。

a0176140_2385270.jpg

茶棘多彩玉(Eriosyce senilis var. multicolor)。飴色の新棘の棘座付近から蕾が上がって来ています。三年前に家に来た時より棘が賑やかになりました。黄棘の方は未だ蕾の気配はありません。

a0176140_23921.jpg

冬仙玉(Genus Eriosyce Philippi 1872 Neoporteria sp?)。こちらも微かですが蕾が顔を覗かせ始めました。去年の夏明けに植え替えを怠ったせいか、早春咲きのネオポルテリア系エリオシケ属の具合が今年は余りよろしくありません。いつもならみんなリップスティックのような蕾を上げている頃なんですが……。

a0176140_239316.jpg

昨秋に植え替えてもらえなかったのに頑張っているのは白鯱(Gymnocactus knuthianus)。ふいた仔にもかなりの蕾が上がっていて、あとしばらくすると早春のフレームを彩ってくれそう。

二日間の好天に背中を押され、今晩、シーズン初めての冬実生に着手しました。これまでやって来たように、室内で人工光を使った加温実生ですが、用土や床の用意などは屋外でやる方が捗ります。
昼の間に用意したものを先ほど蒔き終え、室内の冬実生ボックスに収めました。今回はほとんど全て南米ものの28種です。一週間後には発芽のご報告が出来るかな?

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-01-24 23:12 | Cactus
2014年 01月 10日

本当に寒い!(14/1/10)

今朝は全国的にこの冬一番の冷え込みだそうです。
こちらでも昨晩から雪が舞い、積雪は数センチほどですが午になっても気温がほとんど上がりません。
a0176140_13483508.jpg
一番冷えるフレーム内の今朝の最低温度は-4℃。土中の最低温度が10℃を保つように加温しているフレームでも、キリンウチワの葉が赤っぽく萎んでいます。底に敷いた農電マットでの加温なので、土中は10℃でも背の高いキリンウチワたちの辺りは0℃近くまで下がってしまうためだと思います。凍死はしないと思いますが……。
a0176140_13520714.jpg
こちらはベランダに放置した不明プシスのカキ仔です。この元親は亡き父母がご近所からもらい受けたもので、冬は囲いもない中で幾星霜耐えてきた強者たちです。そのカキ仔がどれくらい過酷な条件で生き残れるのかの実験です。虐待と言われればその通りかも知れませんが、たぶん耐え得るんじゃないかな。生き延びれば、地植えは無理ですがベランダでプランター植えにしてみようかと思っています。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-01-10 13:58
2014年 01月 07日

明けましておめでとうございます(14/1/7)

遅まきながらでございますが、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今朝は珍しく快晴。でもその分、相当の冷え込みで、ベランダの温度計は-8℃を指していました。この冬一番の冷え込みです。
a0176140_09122541.jpg
ベランダから望む今朝の日の出です。白山山頂のほんの少し東からお日様が顔を出しました。冬至から二週間あまり過ぎて、気のせいか少し日が長くなったように感じますが、本格的な寒さはこれからですね。
a0176140_09213890.jpg
寒すぎて外でのサボ世話は、「凍らないで」と祈るほかほとんどありませんが、SuccSeed便が年末に届いていますので、この冬も室内冬実生に挑戦です。懲りませんね(w)。
今年もどうぞよろしく。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

にほんブログ村


[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-01-07 09:22