<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 30日

今時の花(14/10/30)

秋も深まり、このところ好天が続きますが、昨朝のベランダは4℃まで下がりました。紅葉も例年より一週間ほど早いようです。さすがに少なくはなりましたが、秋冬咲きのサボたちがちらほらと咲き始めました。牡丹類はともかく、この時期に咲くサボ花はみな小さくて奥ゆかしいものが多いように感じます。

a0176140_2158292.jpg

白鯱(Gymnocactus knuthianus)。うちにある他のギムノカクタスはみな早春から初夏にかけて開花するのですが、この白鯱は毎年、冬から早春にかけて花を着けます。夏の終わりに久しぶりに植え替えたせいなのか冷え込みのせいなのか、今年はずいぶん早い時期から可憐な花を見せ始めました。

a0176140_21582138.jpg

ヘルナンデジー(Mammillaria hernandezii)。実生から2年余りたっても親指大の小ささですが、親株に先んじて一人前に開花しています。株よりも大きな花は実に健気。他の株もたくさん蕾を上げていますから、冬の間楽しませてくれそう。

a0176140_21591890.jpg

うちに来た時に直径13cmほどだった白星(Mammillaria plumosa)も三年経って、今では倍以上の径に。一週間ほど前から、日当たりの良い側の下部から咲き始めました。小さな花ですが、フレームを開けると仄かに甘い香りが薫ります。不思議なことに、このサボは花殻の処理を一度もしたことがないのですが、花後も見苦しくなく綺麗な姿を保ってくれます。

a0176140_21593688.jpg

北米小型種のツルビニカルプスたちが冬花を開き始めています。ハウエルニギー(Turbinicarpus jauernigii)は初夏に焼いてしまい、夏の間、コチコチに縮こまっていましたが、涼しさを得てちゃんと復活してくれました。焼けて縮こまった姿がまだ痛々しいのですが、何となく自生地風に見えるようで面白い。当人たちにはご迷惑な話ですね(w)。

a0176140_2201176.jpg

年が明けると実生後丸二年となるディキソニアエ(Turbinicarpus dickisoniae)も、今春に続き花を着け始めています。スパケラタスもそうでしたが、まだまだ幼苗の様相でも、頭頂部に大人っぽい棘が出始めると開花を迎えるようです。

a0176140_2202664.jpg

親株のディキソニアエ(T. dickisoniae)は夏の終わりから思い出したように咲いています。小型種で場所も取らないツルビニの類はうちのフレームではとても有難い存在です。

a0176140_2205967.jpg

花ではないのですが、白鳥丸(Ferocactus acanthodes v. albispinus)という触れ込みで播きました。しかし、今日に至るまで出る棘はみんな赤。気長に待つしかないですが、ままなりませんね(w)。
次ぎの水やりが、当地ではこの秋最後の水やりになりそうです。アクテリックでの害虫駆除を併せて行う予定です。

a0176140_2214381.jpg

最初に戻って白鯱のクローズアップです。花の少ない冬から春先まで、次々と咲いて目を楽しませてくれることに期待です。

遅れていたフレームの冬支度を急いでいます。あちこちへ里子に出した分、スペースに若干の余裕が出ていましたが、夏の終わりの植え替えで鉢をインチアップしたものも多く、このままでは納まりきれません。しょうがないので、暑さに弱いものを夏越しさせる雨をしのぐだけのサボ棚に耐寒性の高い強健種を並べることに。それでも保温ようのスタイロフォームをフレーム内に戻すと、かなり工夫しないと収容しきれない事態に……。しかたなく、ある程度の犠牲が出ることを覚悟して、去年まで5℃加温のフレームに居たものも、無加温フレームやビニールトンネルで冬越しすることになります。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-10-30 22:07 | Cactus
2014年 10月 09日

細部に宿るもの 実生苗編(14/10/8)

クローズアップ編、今回は実生苗たちです。

この三月にスクレロとペディオ、いわゆる北米難物たちを少しまとめて播きました。室内で加温しての実生ですが、これらに先ず特徴的なことは、他のサボと違って発芽時期がバラバラということです。当然、発芽率も大きくばらついて、16種中3種はまったく発芽せず、30、40粒播いてもほんの数本の発芽に止まるものが多いですね。
発芽したものたちは何とか無事に夏を越せたようですが、キリンウチワに接いだもの以外は当然のこと遅々たる育ち具合です。その中から、まあまあ調子の良さそうなものをご紹介します。

a0176140_23241160.jpg

Sclerocactus_parviflorus RP108
まだ赤ちゃんですから鈎棘も出ませんが、純白の細棘と茶棘のコントラストが綺麗です。生き残りは4本のみ。

a0176140_23242862.jpg

Sclerocactus_glaucus SB1749
割りとたくさん残っているのですが、私のスキルでは油断していると何時の間にか消えていきます。
a0176140_23245535.jpg

Sclerocactus_havasupaiensis RP123
これは鈎棘を伸ばし始めているものが出て来ました。しかし、どこまで持ちこたえさせられるかは分かりません(w)。

a0176140_23252133.jpg

Sclerocactus_brevispinus SB1743
ブレヴィスピナスは成球になると地味な姿になるようです。こんな頼りない幼苗の時の方が細部は面白いのかも。ここからずんぐりとした姿になってくれるでしょうか?
a0176140_23254579.jpg

Sclerocactus_polyancistrus SB1967
白い直棘に混じる鮮やかな赤棘が美しいサボですが、鈎棘を出し始めたものがあるくらいで、まだその片鱗すら見えません(w)。

a0176140_23264100.jpg

Sclerocactus_cloveriae ssp brackii x Toum pap F2 RPX01
長ったらしい名前ですが、これも長ずれば直棘に赤っぽい鈎棘が混じるようです。それまで生き残ってくれるかどうか。

これまでの北米難物ものの実生は散々な有り様です。ようやく開花までこぎ着けたものも突然に腐ったり干からびたり。どちらかというと私の場合は干からびさせることが多いですね。と逆に水を多めにすれば見事に腐ります。だてに難物とは呼ばれてないようです。冬の間に干からびさせないよう、春先に腐らせないよう、相反する要求への対処法はまったく分かりません。消えること前提で、幼い頃の姿を楽しませてもらうのが関の山ですね(w)。

ちょっと他のものも……。

a0176140_2326304.jpg

Gymnocalycium_armatum
人気の光琳玉の近似種・アルマツム。こちらは播いてから二年余りになりますが成長が遅く、あまつさえ昨冬にはネジラミにたかられたようで、赤茶けて縮こまっていました。ようやくこの夏から再び成長を始めてくれました。来春の植え替えでグーンと育ってくれることに期待です。

a0176140_2326503.jpg

Strombocactus_jarmilae
さらに成長が遅いのがこのストロンボカクタスたち。菊水(Strombocactus disciformis)の変種のS.jarmilaeは、微粉のような種子からわずかに発芽したものが、二年近くかけてようやくこの大きさです。一番大きなものが小指の先程度。播いたままの状態で来ましたが、来春にはどうにか植え替えてやれそう。

a0176140_23271158.jpg

Strombocactus_corregidorae
同じくストロンボカクタスのcorregidorae。こちらはさらに育ちが悪く、播種用土の中に埋まったままの状態です(w)。

ストロンボカクタスの成長の遅さは有名ですが、率は悪かったものの発芽したものはほとんど脱落しませんでした。幼いうちは水もけっこう欲しがるようです。自生地ではどれくらいのスパンをかけて成長して行くのでしょうか。おそらく人間の時の流れと彼らのそれはまったく違うのでしょうね。

次ぎに近づいて来る台風19号は先日のよりもさらに猛烈なものになりそうです。ベランダに散らかっているあれこれを片付けないと……。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2014-10-09 23:32 | サボテン実生