2014年 11月 12日

The Heads(14/11/12)

ベランダフレームの冬支度もようやく終わり、加温フレームも再稼働を始めましたが、まだそこまでの冷え込みもなく実際にサーモスタットが作動するところまでにはいっていないようです。
冬咲き以外のほとんどのサボがお休みモードに入っていますが、それでもまだ瑞々しい姿を見せていてくれるものも少しあります。

a0176140_915053.jpg

4年前に5cmほどの大きさでうちに来たブカレンシス(Mammillaria bucareliensis)は、いつのまにか分頭して膨れ上がっています。無数に咲くものの花は目立たないし、希少価値があるわけでもないこのサボ、申し訳ないことにほとんど眼中にないまま日々半ば打ち捨てられて来ました。でも、この寒さを感ずる時期……。真っ白な綿毛を伴った新棘を棘座から出す様は当たり前のようで美しいと思います。この冬も寒さに耐えて小さな花を咲かしてくれることでしょう。

a0176140_9151272.jpg

2年前の6月末に播いて、この3月に開花したアルバ・ヴェンチュラ(Mammillaria aureilanata v alba Ventura)。この夏前に植え替えた時、鉢底からずいぶん長い直根が伸びていて処理に困ったほどでした。切ったところから腐りが上がるかと心配しましたが、いちおうは無事のようです。

a0176140_9153171.jpg

以前に某園からカキ仔で来た明日香姫(Mammillaria vetula ssp. gracilis cv. ARIZONA SNOWCAP)は結局、発根できずに干からびてしまいました。これはこの春先に別途入手したものです。初夏に恐ろしく微妙な花を咲かせましたが、その後、頼りないながら成長し、小さな仔吹きを繰り返しています。超小型のマミですが、古くなっても棘の白さが褪せないところがいいですね。

a0176140_9154488.jpg

丈夫一徹の猩猩丸(Mammillaria flava)です(w)。律儀なサボですから、寒さを感じて新棘に加え蕾をたくわえ始めています。リング状に咲くとそれなりの花ですが、一番の楽しみは夏の終わりに花殻を根気よく取り除くことです(ww)。

a0176140_916174.jpg

これも2年前の6月播種のペクチニフェラ(Mammillaria pectinifera)。これもこの春に初開花したはずですが何故か写真がない(w)。ゲジゲジ棘のマミは成長が遅いものが多いのでしょうか、なかなか大きくなりません。マミというより、次のツルビニやペレキに性質が似ているのかも?

a0176140_9161399.jpg

先回も載せた精巧殿(Turbinicarpus pseudopectinatus)は夏の間、何となくご機嫌斜めの感じでしたが、どうやら無事だったようで蕾の気配が現れました。でもこれが咲くのはおそらく3月上旬。本体の成長と同じように蕾も本当にゆっくりゆっくりと膨らんでいきます。

a0176140_9162738.jpg

和名だけでなく姿形もよく似ていて紛らわしい限りですが、こちらは精巧丸(Pelecyphora aselliformis)。精巧殿と違うところは無闇に仔を吹いて群生するところでしょうか。花も精巧殿が早春に咲くのに対して、こちらは4月半ばから夏にかけて咲くようですね。

a0176140_9164767.jpg

ほとんどのサボたちが眠りにつこうとする時期ですが、棘ものたちの中にはまだ新棘を上げ続けているものがあります。
これはテロカクタスのラウッセリ(Thelocactus lausseri)。二年前の12月に播いていますが成長はかなりゆっくりで、ピンクの大輪が咲くまでにはまだまだかなり年数が要りそうです。

a0176140_917646.jpg

同時期に播いたアルゲンテウス(Thelocactus argenteus)もまだまだ元気です。春先には植え替えてやらないといけませんね。

a0176140_9171845.jpg

北米ものだけでなく、寒さに弱い南米もののマタンザナス(Melocactus matanzanus)もまだ動いているよう。土中10℃加温のフレームで越冬させるので、完全に干し上げないようにして過ごさせる予定。昨冬、完全に水を切っていた加温フレームでネジラミ被害が拡大したためです。

a0176140_9173384.jpg

棘が動くだけでなく、南米コピのテヌイシマ(Copiapoa tenuissima)は蕾まで膨らませています。春から夏にかけて、けっこう長い期間咲くのですが、冬の入り口にこの時期にまで咲こうとするとは……。

a0176140_9174554.jpg

最後はパナロットイ(Turbinicarpus panarottoii)。種類にもよりますが、ツルビニは年がら年中、花を着けるものが多く、極端に言えば、何時でもフレームを開けると必ずどれかが咲いているという感じです(w)。成長は遅いものの、というかほとんどが小型種ですが、実生でも開花までの年数が短く、小さくて場所も取らないので、うちのような小型フレームでは有難い存在です。
これは一昨年夏前に播いたものをキリンウチワ接ぎして、この春に接ぎ降ろしたもの。正木のものたちも開花を始めていますが、こちらはキリンパワー全開という感じで賑やかに蕾を上げ始めました。冬の間も楽しませてくれそうです。

先日、冬前の最後の水やりをしました。来春、ネジラミに再開しないようアクテリックの2,000倍希釈液での灌水です。乾きが悪くなっているのでそうとう控えめに行いました。来春の植え替えでは、根に白い粉を見なくて済みますように。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

# by aihal_polyhedron | 2014-11-12 09:19 | Cactus | Comments(5)
2014年 10月 30日

今時の花(14/10/30)

秋も深まり、このところ好天が続きますが、昨朝のベランダは4℃まで下がりました。紅葉も例年より一週間ほど早いようです。さすがに少なくはなりましたが、秋冬咲きのサボたちがちらほらと咲き始めました。牡丹類はともかく、この時期に咲くサボ花はみな小さくて奥ゆかしいものが多いように感じます。

a0176140_2158292.jpg

白鯱(Gymnocactus knuthianus)。うちにある他のギムノカクタスはみな早春から初夏にかけて開花するのですが、この白鯱は毎年、冬から早春にかけて花を着けます。夏の終わりに久しぶりに植え替えたせいなのか冷え込みのせいなのか、今年はずいぶん早い時期から可憐な花を見せ始めました。

a0176140_21582138.jpg

ヘルナンデジー(Mammillaria hernandezii)。実生から2年余りたっても親指大の小ささですが、親株に先んじて一人前に開花しています。株よりも大きな花は実に健気。他の株もたくさん蕾を上げていますから、冬の間楽しませてくれそう。

a0176140_21591890.jpg

うちに来た時に直径13cmほどだった白星(Mammillaria plumosa)も三年経って、今では倍以上の径に。一週間ほど前から、日当たりの良い側の下部から咲き始めました。小さな花ですが、フレームを開けると仄かに甘い香りが薫ります。不思議なことに、このサボは花殻の処理を一度もしたことがないのですが、花後も見苦しくなく綺麗な姿を保ってくれます。

a0176140_21593688.jpg

北米小型種のツルビニカルプスたちが冬花を開き始めています。ハウエルニギー(Turbinicarpus jauernigii)は初夏に焼いてしまい、夏の間、コチコチに縮こまっていましたが、涼しさを得てちゃんと復活してくれました。焼けて縮こまった姿がまだ痛々しいのですが、何となく自生地風に見えるようで面白い。当人たちにはご迷惑な話ですね(w)。

a0176140_2201176.jpg

年が明けると実生後丸二年となるディキソニアエ(Turbinicarpus dickisoniae)も、今春に続き花を着け始めています。スパケラタスもそうでしたが、まだまだ幼苗の様相でも、頭頂部に大人っぽい棘が出始めると開花を迎えるようです。

a0176140_2202664.jpg

親株のディキソニアエ(T. dickisoniae)は夏の終わりから思い出したように咲いています。小型種で場所も取らないツルビニの類はうちのフレームではとても有難い存在です。

a0176140_2205967.jpg

花ではないのですが、白鳥丸(Ferocactus acanthodes v. albispinus)という触れ込みで播きました。しかし、今日に至るまで出る棘はみんな赤。気長に待つしかないですが、ままなりませんね(w)。
次ぎの水やりが、当地ではこの秋最後の水やりになりそうです。アクテリックでの害虫駆除を併せて行う予定です。

a0176140_2214381.jpg

最初に戻って白鯱のクローズアップです。花の少ない冬から春先まで、次々と咲いて目を楽しませてくれることに期待です。

遅れていたフレームの冬支度を急いでいます。あちこちへ里子に出した分、スペースに若干の余裕が出ていましたが、夏の終わりの植え替えで鉢をインチアップしたものも多く、このままでは納まりきれません。しょうがないので、暑さに弱いものを夏越しさせる雨をしのぐだけのサボ棚に耐寒性の高い強健種を並べることに。それでも保温ようのスタイロフォームをフレーム内に戻すと、かなり工夫しないと収容しきれない事態に……。しかたなく、ある程度の犠牲が出ることを覚悟して、去年まで5℃加温のフレームに居たものも、無加温フレームやビニールトンネルで冬越しすることになります。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

# by aihal_polyhedron | 2014-10-30 22:07 | Cactus | Comments(2)
2014年 10月 09日

細部に宿るもの 実生苗編(14/10/8)

クローズアップ編、今回は実生苗たちです。

この三月にスクレロとペディオ、いわゆる北米難物たちを少しまとめて播きました。室内で加温しての実生ですが、これらに先ず特徴的なことは、他のサボと違って発芽時期がバラバラということです。当然、発芽率も大きくばらついて、16種中3種はまったく発芽せず、30、40粒播いてもほんの数本の発芽に止まるものが多いですね。
発芽したものたちは何とか無事に夏を越せたようですが、キリンウチワに接いだもの以外は当然のこと遅々たる育ち具合です。その中から、まあまあ調子の良さそうなものをご紹介します。

a0176140_23241160.jpg

Sclerocactus_parviflorus RP108
まだ赤ちゃんですから鈎棘も出ませんが、純白の細棘と茶棘のコントラストが綺麗です。生き残りは4本のみ。

a0176140_23242862.jpg

Sclerocactus_glaucus SB1749
割りとたくさん残っているのですが、私のスキルでは油断していると何時の間にか消えていきます。
a0176140_23245535.jpg

Sclerocactus_havasupaiensis RP123
これは鈎棘を伸ばし始めているものが出て来ました。しかし、どこまで持ちこたえさせられるかは分かりません(w)。

a0176140_23252133.jpg

Sclerocactus_brevispinus SB1743
ブレヴィスピナスは成球になると地味な姿になるようです。こんな頼りない幼苗の時の方が細部は面白いのかも。ここからずんぐりとした姿になってくれるでしょうか?
a0176140_23254579.jpg

Sclerocactus_polyancistrus SB1967
白い直棘に混じる鮮やかな赤棘が美しいサボですが、鈎棘を出し始めたものがあるくらいで、まだその片鱗すら見えません(w)。

a0176140_23264100.jpg

Sclerocactus_cloveriae ssp brackii x Toum pap F2 RPX01
長ったらしい名前ですが、これも長ずれば直棘に赤っぽい鈎棘が混じるようです。それまで生き残ってくれるかどうか。

これまでの北米難物ものの実生は散々な有り様です。ようやく開花までこぎ着けたものも突然に腐ったり干からびたり。どちらかというと私の場合は干からびさせることが多いですね。と逆に水を多めにすれば見事に腐ります。だてに難物とは呼ばれてないようです。冬の間に干からびさせないよう、春先に腐らせないよう、相反する要求への対処法はまったく分かりません。消えること前提で、幼い頃の姿を楽しませてもらうのが関の山ですね(w)。

ちょっと他のものも……。

a0176140_2326304.jpg

Gymnocalycium_armatum
人気の光琳玉の近似種・アルマツム。こちらは播いてから二年余りになりますが成長が遅く、あまつさえ昨冬にはネジラミにたかられたようで、赤茶けて縮こまっていました。ようやくこの夏から再び成長を始めてくれました。来春の植え替えでグーンと育ってくれることに期待です。

a0176140_2326503.jpg

Strombocactus_jarmilae
さらに成長が遅いのがこのストロンボカクタスたち。菊水(Strombocactus disciformis)の変種のS.jarmilaeは、微粉のような種子からわずかに発芽したものが、二年近くかけてようやくこの大きさです。一番大きなものが小指の先程度。播いたままの状態で来ましたが、来春にはどうにか植え替えてやれそう。

a0176140_23271158.jpg

Strombocactus_corregidorae
同じくストロンボカクタスのcorregidorae。こちらはさらに育ちが悪く、播種用土の中に埋まったままの状態です(w)。

ストロンボカクタスの成長の遅さは有名ですが、率は悪かったものの発芽したものはほとんど脱落しませんでした。幼いうちは水もけっこう欲しがるようです。自生地ではどれくらいのスパンをかけて成長して行くのでしょうか。おそらく人間の時の流れと彼らのそれはまったく違うのでしょうね。

次ぎに近づいて来る台風19号は先日のよりもさらに猛烈なものになりそうです。ベランダに散らかっているあれこれを片付けないと……。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

# by aihal_polyhedron | 2014-10-09 23:32 | サボテン実生 | Comments(4)
2014年 09月 29日

細部に宿るもの お肌編(14/9/29)

朝晩の気温が下がった割りには、まだ日中のフレーム内は40℃近くまで上がり、サボたちは秋の短い成長期のまっただ中。植え替えたものたちの中にも発根したのか新棘を伸ばすものも出てきました。
クローズアップ、今回はお肌編です(w)。

a0176140_18454158.jpg

二年前の早春に豊中の園で購入したPelecyphora aselliformis「精巧丸」ですが、けっこう順調に成長して、ご覧のように毎年、新しい仔を吹いてくれています。植え替えは一年半あまりサボっていると思いますが、今年は花着きも良く、ご機嫌な様子なのでこの秋の植え替えは見送りました。

a0176140_18455628.jpg

これも同園から来たUebelmannia pectinifera「ペクチニフェラ」はあまり機嫌が良くありません。爬虫類の肌を思わせる不思議な緑肌に細かい黒棘が面白い組み合わせのサボですが、去年も今年も春先の高温が災いしたのか花を着けませんでした。植え替えで持ち直してくれれば良いのですが……。

a0176140_18461135.jpg

こちらは奈良の園から来たペクチニフェラです。上のものと違い、こちらは黒に近い肌をしていて、遅いながらも成長して、この春には初めて小さな小さな黄花を着けてくれました。こちらも先日植え替えています。

a0176140_18462996.jpg

Astrophytum myriostigma「四角鸞鳳玉」は実生してこの年末でまる四年になります。この春先にネジラミにたかられてこじらせてしまいましたが、何とか退治できて夏前から元通りパンパンに膨らみました。ありふれたサボですが、こうして目を凝らすと美しいものだと思います。しかし、この白点、ちょっと擦れると剥げてしまいますから、植え替え時は要注意です。

a0176140_18464286.jpg

Sulcorebutia rauschii「ラウシー」、これは緑肌の方。うちにもう一方ある赤肌に比べて、こちらはとても機嫌良く育ってくれています。とはいえ成長は遅々たるものですが、毎年仔吹きしメタリックな花を楽しませてくれます。

a0176140_18465530.jpg

こちらは赤肌のラウシー。緑肌に比べてあまり機嫌が良くありません。仔吹きも少なく、花も毎年咲きますが数が少ない。個体の性質なのか、何処かに障碍があるのか? 先日の植え替え時に根を見ても特に問題はなさそうでしたが……。

a0176140_18471141.jpg

Turbinicarpus pseudopectinatus「精巧殿」。ツルビニカルプスの精巧殿、ペレキフォラの精巧丸、ややこしいですね(w)。秋の植え替えはしていませんが、暑さが引いて、夏の間に縮んでいた球体に丸みが戻り、ゲジゲジ状の棘?も生き生きとしてきたようです。冬の間に蕾を上げ始めるはずですが、咲くまでには相当の月数がかかります。毎冬、この蕾が段々膨らんでいくのを見ながら春の訪れを心待ちにしています。

a0176140_18474951.jpg

丈夫な夏サボのCoryphantha elephantidens「象牙丸」。これは白棘のカキ仔ですが、濃い緑肌のムキムキ感が楽しいですね。気がつけば二番手の蕾が上がって来ました。

a0176140_1848185.jpg

Copiapoa cinerea v. gigantea "eremophila" FK493。Copiapoa cinereaは黒王丸とか孤竜丸の変種のはずですが、幼苗とはいえ、ずいぶんと頼りなげな肌色と棘。うちではコピの実生は発芽率もその後の成育も笑って誤魔化すしかないほど不調です(w)。これのように、運良くキリンウチワに活着したものがボチボチと残っているような有り様。

a0176140_18481783.jpg

このMammillaria herrerae「白鳥」も年末で実生から丸四年になります。大きいもので5cmほどですから成長は遅い方と言えますが、昨年から花を着けるものが出始め、この春には全株が開花球となりました。といっても発芽した三つが残っているだけなのですが……。花がない季節でも、この密な白棘は造化の妙ですね。植え替え後、少し膨らみ始めたようです。

この秋の植え替えはすべて終了。今日は全鉢に規定濃度の半分に薄めたアクテリック乳剤を灌注しました。薬害が出るものもあるかと思いますが、にっくきネジラミを絶滅させる方が重要との選択です。無事なようならば、十月末か十一月初めの最後の灌水でも灌注してとどめを刺そうと思っています。さて、どうなりますやら。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

# by aihal_polyhedron | 2014-09-29 18:50 | Cactus | Comments(4)
2014年 09月 21日

細部に宿るもの 新棘編(14/9/21)

ここ数年、彼岸頃まで暑さが残ることが多かったように思いますが、今年はずいぶんと早く涼しくなりましたね。彼岸の入りだった昨日などは、風が強かったせいもありますが半袖では寒いくらい。今朝のベランダの最低気温は11℃まで下がっています。
それでもまだ、フレームの上蓋は終日空かしっ放しにしていて、昼夜の温度差に多くのサボたちが生き生きとした表情を見せてくれています。今回はそんな中からクローズアップでご覧ください。

a0176140_135245.jpg

Echinocereus_nicholii RP73。昨春にいくらか播いたエキノケレウスたちも、まだ小さいながらそれぞれの特徴を見せ始めています。これはニコリーですが、近寄って見るこの時期の新棘は本当に繊細で綺麗!

a0176140_1351132.jpg

Mammillaria mainiae。一昨年の夏前に播いたマイニアエは目出度く今年、初花を見せてくれました。夏の終わりに植え替えましたが、飴色がかった新棘のグラデュエーションに魅入られます。

a0176140_1352446.jpg

Mammillaria perezdelarosae。鈎棘のマミラリアには気難しいものが多いと言われますが、このペレツデラローサエはうちではその最右翼。小さな群生株がありますがほとんど動かず、今年は花も着けませんでした。ならば、ということで実生しましたが、キリンウチワに接いだこの一球以外はどうも具合がよろしくありません(w)。
鈎棘の根元から開く白棘の透明感、こういうのも幼苗時代の魅力ですね。

a0176140_1353898.jpg

Gymnocalycium piltziorum P38。打って変わって、渋ーい姿は南米ギムノのピルツィオラム。これも今年6月に播いたものをキリンに接いでいます。
この手の肌色のギムノの調子の良し悪しは、新棘の出具合以外、判断が難しいですね。

a0176140_1354575.jpg

Eriosyce ihotzkyana。昨春に播いた五百津玉ですが、正木のままのものは成長が遅く、まだ1cmほどのまま。これはキリンウチワに接いで1年弱経ったものを接ぎ降ろしています。まだ4cmほどですが、近寄って見ると、鬼の角のような黒棘が見事!

a0176140_1383656.jpg

Echinocereus ferreirianus v lindsayi。再び繊細系です(w)。リンゼイも丈夫なエキノケレウスには珍しく気難しいようで、一つあった成球は花も見せずにお亡くなりになりました。そこで実生です。
これも今年6月に播いたばかりなので、正木のものはヒョロヒョロの幼苗ですが、キリン接ぎしたものは薄ピンクの鮮やかな棘を吹き出してきました。

a0176140_136448.jpg

Sclerocactus parviflorus RP108。スクレロカクタス属のパルビフローラス、いわゆる北米難物サボテンです。栽培技術が追いつかないのに、これまで20種ほどの難物君たちを播いて来ました。しかし、そこは難物、一粒も発芽せずに終わったもの、発芽はしたものの何時の間にか消えていったもの、ある程度育って花まで見せてくれたのに、突然、干からびたり腐ったり。
このパルビはこの春に播きましたが、当然これはキリンウチワに接いだもの。正木のものは消えかけてはいませんが、まだ危なっかしいヒョロヒョロ状態です(w)。接がずにここまで育てられれば良いのですが、残念ながら私の腕ではとても及びません。

a0176140_136143.jpg

Mammillaria guelzowiana SB465。気難しい鈎棘マミの中ではお付き合いしやすそうな感じの薫光殿です。あくまでも今のところということですが(w)。二年前の夏前に播いて、今年初開花! 夏の終わりに植え替えて、涼しさに惹かれて新棘を伸ばしています。
その中でもこれは鈎棘が飴色に近いもの。同じロットの種からでも、微妙に性質の違うものが出るところが実生の魅力でもあります。里子に出たものも元気にしてるでしょうか?

a0176140_1362465.jpg

Gymnocactus knuthianus。この白鯱は実生ではなく成球で購入したもの。花の少ない冬中に可愛らしく咲いてくれる有難いサボ。植え替えに刺激されたのか、今年はずいぶんと早く蕾を覗かせ始めました。真っ白なガラス状の棘ですが、先端部分は少し茶色がかるんですね。

最後に、サボの細部に宿るのは「美」ばかりではありません。

a0176140_1364387.jpg

Sclerocactus scheeri SB862。今ではアンシストロカクタス属に分類されることが多いようですが、このスケーリ、三年前に播いて順調に育っていたのですが、今年の春に抜き上げてみるとほとんどの株が根腐りを起こしていました。助かりそうな三株を胴切りして挿したのですが枯れもせず腐りもせず育ちもせず(w)。
もうダメかと持ち上げてみると……。発根を始めています。と喜んだのもつかの間、一株にしっかりとコナカイガラムシがたかっていました(w)。虫の知らせとはこのことでしょうか? もう少し放置していたなら、せっかく出た根から汁を吸われて枯死していたことでしょう。擦り取ってアクテリック攻めでただ今乾燥中です。

とにかく色んなものがサボの細部に宿ります。涼しくなった早朝、ルーペを片手にフレームに顔を突っこんでいます(ww)。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

# by aihal_polyhedron | 2014-09-21 13:10 | サボテン実生 | Comments(6)