2010年 12月 31日

赤ん坊

何の赤ん坊だか分かりますか?
a0176140_2342920.jpg

発芽二週間ほどのサボテンの苗(金晃丸/エリオカクタス属)です。播種後、三日ほどで発芽が始まり、あっと言う間に密生状態になりました。現在、直径が2,3mmですが、それでも一人前に刺を生やし始めました。
a0176140_23462455.jpg

こちらはHerrerae(マミラリア属)というサボテンの苗。発芽率が悪く、播種20日後の今も20粒中3粒しか芽を出していません。この一本だけが順調に生育しているようです。現在、直径約3mm高さ約5mmというところ。ここ一、二日の間に刺座が三つに分かれて来ました。
17種蒔いて熱帯魚用ヒーターと植物育成灯で約30℃を保って育てています。春までにはサボテンフレームに移せるように無事育ってもらいたいものです。
[PR]

# by aihal_polyhedron | 2010-12-31 23:57 | サボテン実生
2010年 12月 29日

a0176140_14293470.jpg

四日ほど前の雪は雨でほとんど融けましたが、連日暗い冬空が続いています。午前中、少し陽射しがあったので久しぶりにサボテンフレームの蓋を開けてみたした。加温マットとサーモで最低温度約6℃を保つようにしていますから凍害もなく、みな無事のようでほっとしました。よく見ると冬仙玉(エリオシケ属・旧ネオポルテリア属)に蕾が出てきています。一昨年、オークションで入手して以来、花はおろかまったく成長する兆しもなく縮こまっていたのですが、一念発起してフレームを自作した甲斐がありました。これで蕾をつけたものは、猩々丸、内裏丸と種名不詳のマミラリア属3種に続き4つめとなりました。日照の乏しい北陸の冬は始まったばかりですが、何とか他のサボテンたちも無事に越冬して欲しいものです。
[PR]

# by aihal_polyhedron | 2010-12-29 14:29 | Cactus
2010年 12月 27日

冬到来

a0176140_14281553.jpg

いよいよ冬到来。足元から背筋に這い上がる寒さに、暑さで閉口した夏も今は遠い記憶になりました。雪国と思われている北陸でも、雪の感覚を忘れている降り始めには思わぬトラブルも発生します。昨日も仕事の行き帰り30kmほどの間にコースアウトしている車を4台ほど見ました。幸いどれも大事には至っていないようでしたが、コースアウトで身動きが取れなくなった車内でレッカーを待つ間、しんしんと降る雪をボーッと見つめるしかない時間の空しさ・気恥ずかしさは経験した者しか分からないでしょう。雪道は滑らない時は滑らないが滑る時は呆気なく滑るのです。人生と同じだななどと思うのは歳をとった証しかも知れません。そんなことを思いながら、雪道ドライブの必需品・アルミスコップをトランクに積みました。
[PR]

# by aihal_polyhedron | 2010-12-27 10:01 | Daily