Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 11日

サボ花盛り 4月の1

ようやく暖かくなって石川でも桜が開花したと思ったら、今日は朝から吹き降りでした。明日には回復するようですが、お花見の幹事さんの中には、桜が散ってしまわないか心配している方も居られるやも。
こちらはブルーシート敷いてのお花見をせずとも、フレームの蓋を開ければサボたちが花盛りを迎えようとしています。次々咲くので写真撮るのも忙しく何度かに分けてご紹介します。

a0176140_2223534.jpg

ホルスティ(Notocactus horstii)。ヤフオクで落としたサボですが、慌て者の私は、球体も棘も違っているのにディスコカクタスのホルスティとばかり思っていました(w)。花座もできずに蕾を上げて、純白ならぬピンクの艶やかな花を咲かせました。これはこれで、緑の肌にピンクが映えてなかなかよろしい。ディスコのホルスティの方はいっそのこと実生いたしましょう。

a0176140_22274039.jpg

羅星丸(Gymnocalycium bruchii)。ギムノカリキウムの開花一番乗りはこの羅星丸。それらしく見えない球体から上がる蕾はまさにギムノ。そしてこんな上品な花を咲かせます。仔噴きも旺盛ですが目に見えては大きくなりにくいようです。

a0176140_22282171.jpg

縮玉(Echinofossulocactus zacatecasensis)。まだ寒い中から咲くストライプの花は春の訪れを知らせてくれます。ことしはだらだらと寒かったせいで開花時期がずいぶん遅れたようです。ありふれたサボですが、アレオーレの白毛も美しく、他のエキノフォスロともども、もっと人気があっても良いと思うのですが……。

a0176140_2233333.jpg

白鯱(Gymnocactus knuthianus)。年明けのずいぶん寒い間に蕾を上げ始めていましたが、ここへ来て可愛い花を次々と咲かせています。そして……

a0176140_22344162.jpg

同じく白鯱。こんな小さな仔にも花芽が。太り始めると窮屈になるでしょうから、花後に植え替えるべきか悩みどころです。

a0176140_22353618.jpg

兜(Astrophytum asterias)。特に何の変哲もない兜です。そこが良いのだと一人納得しています(w)。この黄色の清々しさは球体が多少歪んでいようと関係なく美しい! 琉璃兜と並んで有星類の開花一番乗りも褒めてやりましょう。琉璃の方は撮る前に萎んでしまいましたが、これから秋まで何度も咲いて楽しませてくれるでしょう。

a0176140_22364841.jpg

インターメディア。旧ネオポルテリア系のエリオシケに違いないと思いますが学名が分かりません。ググってみると、Eriosyce heinrichiana ssp.intermediaとかNeoporteria setosiflora v. intermediaが出てきますが、どうみても違う種です。サブギボッサあたりの変種のようにも思いますが……。今のところ正体不明ですが、花はご覧のように美しい。ネオポル系の中では色も控えめで、人工的な感じがしない上品な美花だと思いますがどうでしょう?

a0176140_22373826.jpg

スパケラトス(Turbinicarpus pseudomacrochele ssp.pseudomacrochele var.sphacellatus)。毎度おなじみのスパケラトス。こちらはプシス継ぎして一年足らずなのですが、ぶくぶく太ってどうしたものかと思っていました。しかし、さすがプシスパワーの威力絶大です。仔噴きはするは、蕾を次々上げて複数同時開花するは賑やかです。同じく肥満気味の白ランポーとつばぜり合いを始めていますので花が終わったら植え替えですね。でも、花は何時終わるのか? ひょっとして冬の入り口まで咲き続けるかも知れません。

今日のところはこんなところで(つづく)。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-04-11 22:41 | Cactus


<< サボ花盛り 4月の2      たいへんよくできました >>