Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 26日

サボ花盛り 4月の4

遅れて気を揉ませた桜も何時の間にか散りました。今日は夜明けは霧、そして日中は黄砂で遠くが霞み、蒸し暑ささえ感ずる一日でした。
まだまだサボの花盛りが続きます。ちょっとしつこいですが、よろしければどうぞご覧ください。

a0176140_0261355.jpg

ドッピアヌム(Gymnocalycium doppianum)。わが家のギムノ開花二番目はドッピアヌム。涼しげな黄花はギムノには珍しいのでは……。

a0176140_0191628.jpg

同じくドッピアヌム、拡大してみました。どんどん仔をふいてプチ群生するところもギムノにはあまりないように思います。でも、植え替える時、仔がいくつか取れてしまうんですよね。そのカキ仔にも蕾が上がっているところはなかなかに健気なサボですよ。

a0176140_0195316.jpg

緋冠竜(Thelocactus hexaedrophorus var. fossulatus)。刺が邪魔して開き切りません。というか、何だか花が串刺しになっているような……。刺ものに興味はあるのですが、冬に日照が乏しい北陸では良い刺は出せないでしょうから躊躇しています。

a0176140_020584.jpg

天晃(Thelocactus nidulans)。こちらはちゃんと開いてくれました。

a0176140_0204227.jpg

同じく天晃。花芯は炉心と違って悪さはしません。

a0176140_0205282.jpg

ブカレンシス(Mammillaria bucareliensis)。一昨年の秋にやって来たのですが、短い間に恐ろしく膨れ上がっています。寒いうちから次々と花を咲かせていますが、ぼつぼつと咲く地味系な花は注目されることもなくお気の毒。横から人面創のように仔ふきも始まっていて、けっこう微妙なサボですね。

a0176140_0212784.jpg

月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)。留守中に満開になり、ちょっと盛りを過ぎたようですが、綺麗にグルッと花冠を見せてくれてます。鉢一杯に根が回っていそうで、実は根腐れが恐い。

a0176140_0213879.jpg

ピンクニンフ(Mammillaria elongata 'Pink Nymph')。マミラリアの交配種だそうです。いささか盆栽的な形ですね。

a0176140_0221872.jpg

同じくピンクニンフ。クローズアップしてみるとなかなかに可愛らしい。

a0176140_0222332.jpg

太白丸(Thelocactus macdowelii)。ここからは新顔です。かつてはエキノマスタスとされていたそうですが、今はテロカクタスに分類されることが多いようです。どちらにしても、この白刺は魅力的。

a0176140_023883.jpg

香花丸(Dolichothele baumii)。琵琶湖畔の園から昨日、お輿入れ。黄花を見ると何故か手が出てしまうんです。潜在意識に何か潜んでいるんでしょうか(w)。

a0176140_0231373.jpg

奇想丸(Setiechinopsis mirabilis)。もう近々です! ヤフオクで入手した種子を一昨年末に播いて発芽したのがこの2個。それが花芽を上げてくれて……。でも、花が咲かなくても、このミニ柱の肌色と刺の風情、何ともセクシー。そうは思いません?

今日は少し暇がとれたので、実生苗の植え替えなどをしてベランダでのんびり過ごしました。つくづく思うのですが、去年の今頃はもっと一つ一つのサボに細やかに接してあげられました。欲を出して、手元のサボの数は飛躍的に増えましたが、リッチになったようで実は確実に手抜きとなっています(涙)。先日の日焼け事故もそれが原因。

昨日(24日)、京都からの帰り道、長浜市の廣仙園に寄らせてもらいました。お忙しい中、1時間半余りも園主さんから色々とお話を伺いました。
云く、急に光線が強くなる春先は、サボたちも光と温度に対して耐性がない。成長期の今、難物サボも含め水を切らさないこと。むしろ過湿なくらいが良い。水が切れるとせっかく発根した新根が枯れてしまう。根が傷んでいると肌色がどす黒く、肥料不足だと黄色っぽくなる。これからの季節、温度焼けを防ぐためには、栽培室内の空気を動かすこと。小さな扇風機でも効果大。その他、色々お聞かせいただき、ありがとうございました。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-04-26 00:29 | Cactus


<< エビとスルコ 5月のサボ花 1      サボ花盛り 4月の3 >>